日々是呼吸


タグ:気付く ( 308 ) タグの人気記事



スマホ機種変で思わぬ発見

スマホの機種変をしたら、連絡帳が数千件にふくれあがってしまいました。
どうやらバックアップを何重にもしてしまったようで、1番多い人の情報は12件重複しているのです。

かつては業務用のスマホがなかったため、仕事先とは個人の携帯番号を交換していたのも一因でした。
思い立って、使わない情報を消していくことにしたのです。

今の機種は一件ずつ削除するしか方法がないため、電車の中で地味に消したり、単調な作業に明け暮れました。
その結果、ようやく3桁まで絞り込んだものの、まだまだ多すぎるのです。

実に数千件の情報を消していく過程で、不思議な気持ちになりました。
指先だけの断捨離動作だというのに、過去の資料なども物理的に処分しようという機運が高まったのです。
おかげで机の周りは少しスッキリしました。

「空いたところに何かが入る」とまではいかずとも、ちょっとびっくりする出来事があったり、所有や帰属といった関係を振り返る契機にもなりました。

今回の機種変をめぐっては、いくつか発見もありました。
機会があれば紹介したいと思います。

[PR]
by cocue-cocue | 2017-10-30 15:56 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


病み上がりの旅はほぼ寝たきり

 旅に出る少し前に高熱を出しました。
 何とか下がって、現地入りしたものの、やはり体調はすぐれず。熱はないものの、とにかくだるく、丸一日をベッドのなかで過ごすはめになりました。朝ごはんもスキップし、買い物も見送るほど。なかなか辛いものが…

 かつて高熱で旅に出たことがあり、空港の入国審査でひっかかりやしないかとドキドキするほどだった思い出が残ります。意外にも体温チェックで見つかることはなく、無事入国したものの、正直つらかった。
 その後、その旅先には一度も出掛けておらず、やはり体調が旅情を左右すると痛感したところです。

 で、今回は。
 初めての旅先で、仮に体調が良かったら楽しめたのか?と問われると…自信はないです。ウ~ン、再訪はなさそう。ごめんなさい。
 そんなわけで、旅先の思い出は寝たきり、という、2017年の夏休みです。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-08-22 20:50 | こころと思い | Comments(0)


生きる力。

 家の庭木に、てんとう虫のサナギを見つけました。

 子どもたちと観察しようと、ケースに入れていたら、丸々とした成虫が次々にかえったのです。

 エサになる虫だけでは足りないからと、リンゴを入れたりして。
 二、三日過ごしてから、元の庭木に放しました。

 二日後の夜。
 夕食中に子どもが突然「てんとう虫がいる!」と言い出しました。

 食卓に、ホコリの塊をくっつけたてんとう虫が、確かにいます。天井から落ちてきたのかもしれません。

 紙にのせて、ホコリをはらい、サナギを見つけた木に連れていきました。

 おそらく入れ物から脱走し、仲間のように庭に返せなかったてんとう虫なのでしょう。

 どうやって屋内で過ごしていたのか謎ですが、人のいる時間帯に、かつて入れ物を置いていたテーブルに姿を見せるとは、仮に偶然だとしても大したものです。

 生き物の生きる力を、目の当たりにしました。
 
[PR]
by cocue-cocue | 2017-06-11 01:31 | 不思議なはなし | Comments(0)


自由に、生きよう

 仕事をしていると、責任が伴う一方で、自分が決められる部分が必ず見つかるのではないかと思います。

 すると決める、しないと決める、そんな判断の過程で、実は創意工夫を発揮できているのではないかと。

 ホンの少しでもゆとりを持つようにすると、人はいろんな着想を得たり、ヒントを見つけたりできる気がします。

 自分が決めること、選ぶこと、意識的になれたら、人は自由に生きていることに気がつくような。

 体調や気分にも気を配りながら、少しでも良い形で取り組めていけば、毎日は幸せにあふれる、そんな自由さを、感じていきたいです。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-06-05 12:41 | こころと思い | Comments(0)


願いが叶っている。

 それは子供が生まれる前の話。

 転居して日も浅く、買い物にも不慣れだったその頃、自治体の施設で用事があり、出かけてみました。

 初めて通ったその街並みは本当に素敵で、私はすっかり気に入ったのです。

 その街で良いとされる街角は他にもいくつかありましたが、私の中ではその街並みが一押しでした。


 時が流れ。

 転居を決意し、あれこれ探していたその頃。

 夜な夜なインターネットを見ていて目に留まったのが、その街の近くの物件でした。

 何だか気になる。

 そういって足を運び、今私たちは、そこに住んでいます。


 何がなんでもその街に引っ越すことは、このときは実は考えていませんでした。

 かつて住まいを探そうとしたとき、その街で何ヵ所か見学しています。結論からいうと、いずれの物件よりも、今の住まいは好条件なのです。


 不思議な縁で、移り住んだのは、結局願いが叶っているからなのですね。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-06-03 01:09 | こころと思い | Comments(0)


家で休めていないとは。

 連休は家族旅行です。旅の目的に私は参加しないので、来なくても良かったのですが「宿で寝ていてよいから」と同行。文字通り寝ています(笑)。

 荷造りや荷ほどきは私の方が得意なので、積極的に取り組みますが。寝て過ごすなどして気がついたことがありました。

 家で同じように休もうとしても、片付けだのなんだの、気になることだらけで、結局全く休めないこと。

 私の疲れの原因を探ると、家で休めていない事実が浮かび上がってきたのです。



 思えば実家にいた子供時代から、家は休まる場所ではありませんでした。
 就職して、ときどき帰省したのは単に宿として使うため。親とは折り合いがよくなく、親と過ごして楽しいとは思えなかった私は、半分は義務感、残りはたいした目的もなく、実家に寝に帰っていただけのように感じます。

 今泊まっているところは、名所が散策できるわけでもないし、気候的に外歩きにはあまり向きません。部屋でごろごろしているだけなのに、こんなに楽しいってやっぱりおかしくもありますが、出掛ける意欲もないほど疲れてもおり、またこののんびりが楽しくもあるのです。

 家で休むにはどうしたものなのか。
 大きなヒントが得られそうな、私一人は寝正月のような?家族の旅です。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-03-19 15:05 | こころと思い | Comments(0)


■ 処分レポート 【工夫】処分袋

 2月11日のレポートに、処分する書籍を袋に分けると書きました。
 もしかしたらヒントになるかもしれないので、処分袋の効果を挙げてみます。

 書籍は古本として売ることが多いです。雑誌はさておき、文庫本は束ねる手間を考えると、まとめておいて宅配の買い取りや店頭持ち込みにしたほうが楽な気がするからです。

 同じように処分袋に分けておくのは、古着です。地域の回収拠点に持ち込むと、リサイクルされるようです。

 まとめて処分するため、ではありましたが、この「別の袋に分けておく」のが実は処分への抵抗感を引き下げていることに気が付きました。

 すでに本棚やタンス、クローゼットからは出されて、目につかないところにしばらく置いておくうちに、なくても困らない日々が過ごせます。
 しばらくして処分袋を開けたとき、やっぱりとっておこう!と救出することはほとんどないのです。
 いきなり捨ててしまうにはためらいがあったとしても、日にち薬になるのか、ものとの関係を薄めることができるような気がして。
 処分袋入り、つまりお蔵入りに通じるような扱いの変化も後押ししているのかもしれません。

 即断即決もよいトレーニングにはなりますが、人間いつでもなんでもすぐに決められるわけでは決してありません。そんなとき、限りなく処分に近い保留の時間を確保し、物理的に現役の品々から隔離することで、じわりと決断するのも決して悪くはないはずです。

 と自分で書きながら、なるほど「なしで済ます」生活を試せば良いのね、と、他分野への応用の可能性もひらめきました。
 またうまくいけば、レポートします。
  
[PR]
by cocue-cocue | 2017-02-12 00:29 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


■ 処分レポート 【気付き】2月5日

 職場ではかなり勢いよくものを捨てられるタイプです。といいながら、最近は机が書籍や資料だらけになってしまっていますが……こちらも少しずつ進めたいところ。

 自宅の荷物にも、職場から持ち帰った資料や、趣味といえずとも好みや関心で集めた紙類がたくさんあります。
 日々の勤務時にもこなす取捨選択作業は楽ではあるものの、自宅でこれに没頭すると、達成感のわりには見た目の変化に極めて乏しいことに気づいたのでした。

 というわけで、紙や写真などの片付けは後回しにして、衣類や雑貨や家電、玩具など、「もの」の片付けから先に着手することにします。

 それとは別に、新聞は溜め込まず、周期的に回収に出します。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-02-05 12:48 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


2015年、人生の転換

 ご無沙汰しています。
 年の瀬にひとことだけ。

 この一年は人生が、がらりと変わりました。周りにいる人、仕事の中身、いろんなことが大きく変化して、私の考え方もずいぶん影響を受けたはず。

 年末年始はもちろん帰省などせず、ついに親には年賀状も出しません。ガン再発の父親がもう死んだのかどうかも分からないし、関心もないです。怒りを文章に綴ってぶちまけないという思いも消えました。そんなことに体力と時間を割きたくないからです。

 親の存在を完全に消し去り、帰る家などない、私はここに生きていくしかない。
 その足元は自分で自由に設計できると気付きました。
 いつか私は、本当に自分の歩みたい道に向けて踏み出し、ここを離れると予想しています。
 そのときは、今いるここではない、別のどこかが「ここ」になる、それだけの話でしょう。


 ここも悪くない、そう思ったときに初めて、新たな道が開かれる。2015年に身をもって学びました。

 それじゃないというものの前には必ず、行く手を遮るものが現れることも。
 必ず向かうべき先に、歩みを進めるように世の中はできているのです。

 いろんな出会いあり、別れとは言わずとも「元仲間」になった人間関係あり。

 2016年は、今年よりさらに大きな変化と実り、そして愛が待ち受けている予感がします。

 皆さまに幸多い新年が訪れますように。

 cocue-cocue

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-12-31 21:19 | こころと思い | Comments(0)


あなたを誇りに思ってる

 大切な友人のことを思っていて、急に降ってきたことば。

I'm proud of you.

 辛い目にあっても、弱音を吐かず、与えられたミッション以上のものを成し遂げて。
 成果を見て見ぬふりされても、決してくさることなどなく、着実に実績を積み上げて。

 時々自慢が過ぎるのは、きっと自信が揺らぎかけているから。
 たまに希望のなさを訴えるのは、おそらくそんなことないよって否定して欲しいから。

 そんなあなたは、頼もしいし、ときおり愛らしくもあり、見ていて飽きない。

 まるで兄を見る妹の眼差しになってしまう私。

 もうすぐ、お誕生日。

 あなたを誇りに思っています。




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-11-15 23:59 | 仕事の相方 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
コーヒー断ち、その後。
at 2018-04-05 01:10
睡眠負債を減らしたい
at 2018-03-18 02:13
カプチーノも、負荷がかかる?
at 2018-03-16 03:27
三寒四温
at 2018-03-07 22:47
気温が上がって来たけれど
at 2018-03-05 01:56
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧