日々是呼吸


香りを吸ってみる

決して気に入っていないわけではないが、使い切れないままのアロマボディーローションのボトルがある。
湯上りに使ってみたり、制汗剤代わりに外出前にスプレーしたり、いろいろ試みるがどうも習慣にはならない。

どうしたものかと思っていたら、ふと拝見したブログで「ローションを旅行用スプレーボトルに詰めて、エプロンのポケットに入れて気がついたときに使う」という主旨のアイデアを知った。

これだ!

ずいぶん前に購入した、旅行用の「クリーム肌水」スプレーボトルが、死蔵していたはず。
中身を捨ててラベルをはがし、洗って乾燥する。

ローションを移して、会社の洗面コーナーに置くことにした。マスキングテープとシールで、ちょっと飾り付けを施す。

仕事に疲れてお手洗いに立ち寄ったとき、シュッとスプレーする。

ああ、良い香り。
オフィスで浅くなっていた呼吸が、深くなるのを体感する。

ずいぶん前から、アロマテラピーのブームにご縁があったものの、自分でやってみることはなかった。多くの女性に人気だとは知っていたが、理由はピンと来ていなかった。

こういうことだったのだと身をもって知った。

これで、減らなかったローションの使い道も決まり、ボトルも使われ、何より持っているものでリフレッシュをはかれることになった。
良い香りのリラックス効果も体験できるし、良いことづくめでうれしい。
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-09-02 15:30 | お手入れ | Comments(0)


記録ノート片手に

週末ふと思いついて、やったこととやりたいことのメモを始めた。
使ったのは古い手帳。勤務先で毎年配られるもので、意外と愛用者も多いノートだ。

今年版ではないので、トホホな走り書きでも気兼ねなく使える、と考えて、目に付いたノートを使ってみただけだが、予想以上に楽しい。
思ったより手帳が使いやすいことも一因だと思う。

とても些細なことでも、やったことを書き出してみたり、「してみよう」「調べようかな」とひらめいたことをしたためておくだけで、ずいぶん毎日が楽しくなる。
いろんなビジネス書やブログ、時間管理術から仕事術、夢をかなえるハウツー本、ノート術などで紹介されている、定番中の定番の手法だと思いつつ、なぜ今回こんなに満足感が得られるのか、不思議に感じていた。

記憶に残るだけで、専用ノートを用意したことは過去3回ある。いずれも途中でやめてしまった。正確には、一冊だけ細々と続けているノートはあるが、充実感はさほどない。

もともと書くのは大好き、日記を続けるのも家計簿をつけるのも苦にならないタイプだ。
今回は自然発生的に始めたのが、良い結果を生み出しているような気がしている。

「これはお勧め!」というものや技が、万人に効果をもたらすわけではないように、個人の内面に根ざすものは、筆者や提唱者のやり方をそのまま移植するのが良いとは限らないようだ。

住まいの片付けは、心から満足の行く状況にはまだまだ至らないけれど、それは本当に自分にあったやり方をまだ見つけられていないだけなのかもしれない。
頭では分かっているけれど、腑に落ちていないから体がほいほい動かない、まだそういう段階だと受け止めた方が、息長く続けられるのだろう。
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-08-31 18:50 | こころと思い | Comments(0)


朝夕の不便

共働き親子の朝は忙しい。
寝起きが悪い私が、せめて30分早起きできれば、きっと違うはずだ。
しかし、理由は他にもある。
朝食準備や子どもの用意もさることながら、何だかやたらと自分の身支度に手間取ってしまうのだ。

洗面所で顔を洗う。
ダイニングで化粧するため、リビングの隣りの和室に化粧品ケースをとりに行く。
クリームは冷蔵庫から持ってくる。
肌着とストッキング、ジャケットのインナーは寝室のクローゼットにあり、アウターとボトムスはサービスルームのハンガーラックに吊ってある。
口紅とコンタクトレンズは洗面所に、ピアスとネックレスは寝室のタンスにある。

書き出して冷静に振り返ると、身支度のために私は家の全ての部屋に足を運んでいるのだ。しかも毎朝。
これでは朝が慌ただしいのも自明の理だ。

起きたらすぐ、寝室の衣類や小物を身に着ければ良い?
連日の猛暑で、仕事着には最後に着替えたいし、ストッキングは外出間際まで履きたくない。
そうなると、ますます家中を走り回るはめになる。

寝る前に着る服をすべて決めて、寝室に集めておけば、かなり楽になるんだろうか。

朝から部屋を行脚しなくても良いとは思うが、仕事と子どもの寝かしつけで疲れ切った夜に、翌日の衣類選びは酷な気もする。

どうやら、荷物の配置を抜本的に間違っているらしい。
どうしたものだろう。
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-08-18 23:42 | Comments(0)


続 保管しないものなのか

物心付いた頃から、物を使わずに取っておくのが習慣だった。

小学校一年生の時、授業中に算数ノートが配られた。
早速ノートに計算問題を解くように指示が出た。
ノートを大事に取っておきたくて、鉛筆に力を加えずに記入。授業が終わったら全部消して、新品に戻して保存するつもりだったのだ。
ところが、先生はこう言い放った。
「では宿題で次のページのドリルを解きましょう。ノートに答えを書いてきて下さい」

せっかく取っておくつもりだったのに…がっかりしたのを今でも思い出す。

なぜそんなに、使わずにいたかったのか。

察するに、親は同級生の親たちより年上だったので、子どもに新しくて魅力的なもの、学用品や小物類をあまり与えてくれなかったのではなかったか。
学校にあがって、自分だけ古びた物を使っていることに勘付いて、新品のものに執着したのかも知れない。

今ある物を使い切ってからでないと、新しい物は買ってもらえなかった。
自分好みの小物が欲しくても、今ある物のために、手に入れられなかった。

それは就職して、一人暮らしを始めてからも続く。生活雑貨に衣類、食品を次々に送りつける母。
自分の給料で暮らしているのに、いつまでも自分好みの住まいにならない。

使えるものを捨ててはならないとたたき込まれているだけに、使い切れない量のものが殖える一方で、未だに自分でお気に入りの品物を揃えられない。

私が片付かぬままの自宅で溜め息をつくのは、散らかっている現状だけが理由ではなさそうだ。
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-08-18 23:22 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


保管しないものなのか…

お片付けブログを読んでいて、ドキッとする記述に出会った。

「パンが入った袋をとじるための、ワイヤー入りテープを溜め込み、ご丁寧に収納容器まで用意する人がいる」
それは私のことだ。

片付けをするなら、キッチンから始める〜とはいろんな指南本や専門家のブログで目にした。

賞味期限が切れていたり、痛んでいたりするものを、惜しまず捨てられるから、という。
ある書籍では「物が多すぎる家」には「普通の人なら捨てる、コンビニ弁当に付いて来る割り箸や、納豆のからしなどもとってある」と書かれていた。

普通は捨てるんだ…
新品なのに?

以前ある同僚が、プレーンヨーグルトに付属する砂糖を捨てると知り、びっくりしたのを思い出した。
我が家では重宝している。分量が定まっているので、大さじなしで必要量が使えて、便利なのだ。

もしかしたら私は、不気味なほど不用品を大事に取っているのかもしれない。
プリンのスプーンに、紙おしぼり。パン屋さんの紙袋も、物を差し上げる時に使えると思って、保管している。
でもやっぱり…見た目は何だか貧乏臭いのは事実。
捨てた方が良いんだろうなあ。

ようやくワイヤー入りテープを三本だけ残して、処分できた。
なぜかもったいないと思えて、仕方なかった。
どうしてなのだろう。(続く)
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-08-18 23:21 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
私見を述べるとは
at 2018-07-14 01:24
子供に見せる姿
at 2018-07-04 01:14
買い物が上手くなった
at 2018-07-02 08:35
自分の時間、何をする?
at 2018-06-30 13:20
整えるだけで
at 2018-06-21 13:15
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧