人気ブログランキング |

日々是呼吸


<   2019年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧



旅の足元ーー持参する靴選び

今年の夏は人気のビーチ系リゾートに出かけました。
東京よりはさわやかですが、日焼け止め必須の地域なので、服装は基本カジュアル、薄手、夏物です。東南アジアではないので、強すぎるクーラーへの対策までは必要ではありませんでした。

こういう地域は防寒と無縁で過ごせるので、とても軽くてコンパクトな荷物で出かけることが可能です。実際、パッキングしてみて「…何か忘れてない?本当にこれで足りるの?」と思うほど小さい荷物になりました。実際のところ、私は着なかった服もあるほどで、まだ絞り込めたようでしたが…

そんな旅先に持っていくか迷ったのが、スニーカーでした。日頃スニーカーを履くことはほとんどありません。機内の過ごし方を考えると足は開放しておきたいものです。
荷物も軽いことだし、空港で荷物運びもラクラクで、むしろビーサンで良いのかも、とすら思いました(取り回しが楽なので、踏ん張る必要もなさそう)。

ところが今回は、ハイキングに参加するツアーを申し込む予定がありました。履いて行きたくも持って行きたくもない、というのが本音ですが、機内で足元が冷えるリスクも鑑みて、スニーカーは履くこととしました。
歩きやすいサンダルと、ビーチサンダルはトランクに詰めました。

果たして、スニーカーは持参して良かったです。次回の旅にも持参しようと決めました。
ハイキングもさることながら、階段の昇降が多いツアーだったため、つま先の隠れた歩きやすい履物を推奨されたからです。
現地ではビーサンでハイキングしている人も多かったですが、鼻緒ズレの懸念などを思うと、靴の方が安心感がありますし、実際歩きやすかったです。

軽い靴が歩きやすいと限らない、というのは、軽いリュックが背負って軽く感じるとは限らない、と同じ話だと思います。
スニーカーはスポーツ用品ですが、それだけに機能や活動しやすさ、足への負担軽減など、いろんな工夫がなされた高機能商品です。スニーカー風のデザインのファッションシューズにはかないません。
実際、今回持参したサンダルは某テニス用品メーカーのライセンス入り。靴底はスニーカーのような仕立てになっていて、非常に歩きやすいため、旅のお供に選んだのでした。

結局私は、おしゃれのためにやせ我慢ができないタイプの人間なのでしょう。
機能最優先でデザイン度外視とまでは言いませんが、デザインのためなら靴擦れも重い荷物も足の痛みも我慢するほどの根性は持ち合わせていないのです。
だからこそ、ろくろくスポーツもしないのに、ヴィクトリアのようなお店に行くといろんな小物に目が奪われて、物欲をかきたてられるのでしょう。スキーや登山向けをうたう小物入れ、キャンプ用品の調理器具や照明など、普通に売られているものには敵わない、現場体験に裏打ちされた高機能な完成度の高い品に目がくらむのです。

靴選びから話がずいぶん飛びましたが、ひょっとすると私のようなタイプは、女性では珍しいのかもしれません。




by cocue-cocue | 2019-09-16 16:39 | お気に入り | Comments(0)


ストレスが極まって買ったもの

ここ1週間は浮き沈みが激しい出来事が重なり、少し予定も多めだったからか、お腹をはじめ体調も少し崩していました。
こんなときこそ、関係ない話で気分転換したいものです。
ーーーー

ウェブサイトで、素敵なリュックを見つけました。
一目ぼれしたのが、リュックらしからぬ色味とデザイン。同じ生地を使った他のリュックと見比べても、この型番が一番ステキだな、と思って眺めていました。
同じ型番には国内リュック市場でド定番ともいえるブラックの品揃えもありました。

ほしいなぁ。
どちらが良いかなぁ。

ずっと迷っていたのです。

一目ぼれしたリュックは、強烈とはいえませんが間違いなく個性的なデザインで、服装を選ぶのは確かでした。
黒なら通勤に使ってもおそらく変ではないし、もちろん休日や街以外でも使える。便利は便利だけど、でもブラックなんだよなぁ。多くのブランドにあるし、使っている人も男女世代問わず圧倒的に多数。普通すぎるかなぁ。

そう思いながら、何日間も見比べ続けていました。

そして冒頭に書いた、とある出来事でストレスが極限まで肥大したとき、自分を落ち着かせたかったのか、スマホからリュックのサイトを見に行きました。

すると、そこにはブラックのみ、表示されていたのです。

あ、誰か、買ったんだ。

そのサイトは親切にも、品切れの色・デザインを確認できるしくみになっていました。
見たところ、一目ぼれしたデザインは「品切れ」のリストに移っていたのです。

買っておけば良かった。
そんな思いがちらりと頭をかすめた次の瞬間、私はブラックを買い物かごに入れ、数分後には決済を終えていたのでした。
ーーーー

そんなに気になっていたなら、さっさと買えば良かったのに。

でも私は、わかっていたのです。
買えば気に入っていたはずだけど、それは愛でるためだけの購入でしかないことを。

そうやって消去法の買い物をすることで、私は堂々と、使うシーンは間違いなく沢山あるであろう、しかしながら割と普通のデザインに過ぎない、ブラックを選ぶ自分を納得させたのでした。
ーーーー

本当はそれだけではありません。

前の週に通販サイトをひたすら探して、ようやく見つけて注文したばかりのリュックがあること。
別件で出かけた際にふらりと立ち寄ったバッグ専門店で、熱心に説明を受けていたはずレザーのバッグではなく、視界に入ったとあるバッグに目を奪われ、買ってしまったこと。

どれだけ買ってるんだ!と自分にあきれつつ、元からのストレスが品切れという突然の展開でさらに増幅し、またもや買ってしまったのです。とはや正当化できないレベルに達していると自覚するしかありません。

ちなみに通勤時は持ち手のあるバッグを使っています。
一気に3つもリュックを増やして、どうするつもりなのかと自制心のなさを恥じるしかありません。
ちょっとした外出でも、泊まりの機会でも、こまめに使おう。
そんな言い訳しか、見つかりません。

by cocue-cocue | 2019-09-16 00:42 | お気に入り | Comments(0)


バッグからリュックへ

実はバッグが好きで、気に入ったものは買ってしまいます。数えたことはありませんが、おそらく個数は一般の方よりは多いはず。
自分なりのこだわりがあって、見た目はもちろん、使い勝手がよくないものには興味がなく、仮にどんなに人気商品であってもブランド品であっても、それだけの理由で買うことはありません。

と書いて思い出したのは、今ではオールドコーチと呼ばれている、グローブレザーのずっしりと思いトートバッグです。少しくすんだ赤のシンプルなトートでした。サイズも申し分なく、濃い紺や黒、茶色といった革製品ならではの色味のなか、なるべくソフトなイメージを選んだつもりでした。
愛用していたものの、やはり皮の重さも厚さも気になり始めて、最後はおそらく、バザーに出して良いと実家に送り返したような気がします。

とまあ、自分なりに妥協のないバッグ選びをする割には、気に入ったら毎日同じものを使い続けます。取っ替え引っ替えしないため、こんなにたくさん持っていることは家族以外知らないかもしれません。

それはさておき

以前、きれいなイラストの収納本で有名な川上ユキさんのエッセイで、バートンのキャリーケースが便利だと知って、探して買いました。本当に気に入っていて、愛用しています。
スノボブランドの商品だけに、悪天候でも使いやすくて軽いという、ほんとうに満足度の高いキャリーで、私はこれを買って以来ボストンバッグ含め他のものを使えなくなってしまいました。

そんな私が思い立って買ったのが、バートンのリュックでした。昨年クリスマス、家族にプレゼント(自分にも)して、直後の小旅行でデビューさせたのですが。

これがまあ、使いやすくて機能的で、しかも運んでいて重さを感じないのです。
アウトドア系のブランドのアイテムはあらゆる分野で使い勝手の良さを評価されていますが、このリュックを手に入れて以来、お洋服屋さんのリュックは別物なのだと理解したほどです。アパレル系のリュックというのはあくまでも「リュック風ハンドバッグ」で、両肩または片方の肩にかける持ち方をするものの、重さが分散されて負担が軽くなる度合いが決して高くないのです。もとい、アウトドア系リュックはこんなに快適に使えるものかと、感動したのでした。

アスレジャーの流行もあり、スポーツ系のファッションが広がっています。スーツにアウトドア系リュックやスポーツ系ブランドのリュックを使う人も増えました。
一方で、やはりラフな時間に使うものという印象は消えず、私はリュックで通勤するには至っていません。今度出張に出かける暁には、少し不便な土地で移動時間も長いので、リュックで出かけようかと考えているところです。

そんなわけで、最近は暇さえあればリュックを紹介するサイトを覗いています。ほんとうに好きみたいです。

by cocue-cocue | 2019-09-13 08:53 | Comments(0)


夏旅を思い出して〜次回の持ち物ヒント

今年の夏は台風後にまた暑さという形で戻りつつありますが。
夏の旅行を振り返り、次回につながる荷物を考えてみます。

今回は国外の南の島に行きました。
ビーチも訪ねたので、持っていけば良かったものとしてはレジャーシートをあげたいです。
ホテルのプール用バスタオルを勝手に持ち出すのも気が引けるので、自前の薄手のものがあれば便利だった気がします。

あとは、何に使うわけでもないけれど、S字フックがあっても良かったのかも。

荷物が増えた時用のポケダブルリュックも持参しましたが、今回は使いませんでした。
それなのに、戻ってからさらに軽いポケダブルリュックとダッフルバッグを買ってしまった私。
前者はプールサイドに持って行ったり、現地でバイキングしたりするときにも使えそうです。後者は明らかに増えたお土産用かな。

旅に行くたびに、いろいろあると便利を知るので、それも旅の楽しみになっている気がします。


by cocue-cocue | 2019-09-09 16:35 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧