日々是呼吸


<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧



ご機嫌を保つーー崩れるとてきめん

秋雨が続くなか、金曜日は爽やかな秋晴れで、本当に気持ちいい1日でした。
こんな日は、陽気に誘われて外出先まで歩いてみたり、再会した知人と談笑したりと、気分も晴れやかになるものです。

そして台風の影響で、雨の日が戻りました。
用事で他県まで足を伸ばしましたが、タイミングが合わなくてお昼ご飯を取ることができなかったのです。
空腹感はさほど強くなかったため、時間を気にしつつ帰途に着いたのですが…やはり移動の負担も相まって、最後はふらふらになってしまいました。

そんなときは、皮肉にもよからぬことを招くものなのですね。
週末というのに、業務メールで、かなり不愉快な思いをしたのです。

引き寄せの法則は、感じていることが現実になる、と説いています。
今日の私は確かに、冴えない空模様の下、少し遠くまで出かけて、予想より長い時間を費やし、ギリギリのスケジュールで戻らなくてはなりませんでした。もちろん食事のタイミングを逃して。
心身とも疲労が出ていたところに、イラッとするしかない仕事のメール、ってこれ何の罰ゲーム?と思ったほどです。

無理しない、疲れをためない、イラつく状況に身を置かない。
これって本当に大事なんだな、とここのところ割にご機嫌で過ごしていた私はヒシヒシと痛感したのでした。

自分の限界を少しずつ広げることは大切だけど。
消耗するような疲れは、やはり感じない方が良いに決まっている。

ようやく立ち直りつつあった私は、「快」の重要性が、とてつもなく大きいことを思い知らされたのでした。
ーーーーーー

自分を高め安定させること。頭でわかっていても、ふとしたことで崩れてしまうとは。
まだまだ練習中ですが、幸せに過ごすために、大切にしたい心がけです。





[PR]
by cocue-cocue | 2018-09-29 23:30 | こころと思い | Comments(0)


海老ワンタン麺

用事で出かけた帰りに、遅いお昼を取りました。
中華のお店に入り、よく頼む担々麺にしようかと思いつつ〜
オーダーするとき、ふと目に止まった海老ワンタン麺にしてみました。

届いたのは、柔らかな細麺を使った、上品な風味のしょうゆだしの中華そば。
予想よりたくさん入っていた、海老ワンタンのふんわり柔らかな滋味。
やさしく体に染み渡っていくような味わいでした。

ここ1ヶ月ほど、少し心を曇らせることが増えていました。
自分なりに、気持ちを整理しよう、考えをまとめようとして、それなりの結論に達していました。
ささやかな勇気を出して、ほんのわずかですが行動もしました。

迷ったし、ためらったけど、踏み切ってよかったと思えるその行動。
抱え込んだままよりは、ずっと前進でした。

得たものもあり、次の行動につながる決心のきっかけになって。
落ち着いた、そう思っていたのですが。

全く別の出来事をきっかけに、思いもよらない自分の思いに気がついたのです。

これまで自覚していた気持ちを表す言葉に、全くの嘘も間違いもなかったけれど、もっと深いところで、私はまだ、かかえていたものがあった。
たまねぎの皮を剥くかのごとく、気持ちのベールをはがしてしまいました。

だれかに強いられたわけでも、求められたわけでも、望まれたわけでもないのに。自ら向き合おうとしていたこと、そしてその結果。

私が心を曇らせたのも、当然でした。

喪失感なのか、敗北感なのか
体に空洞ができたような気持ち。

そんな私の心を、海老ワンタン麺がじわりと、ゆっくりしみ込んでいきました。

[PR]
by cocue-cocue | 2018-09-21 14:38 | お気に入り | Comments(0)


ストイック・ネイビー

普段はスカートしか履かない私。おのずとフェミニンなスタイルが中心です。
タイトスカートやシャープなラインの服は、あまり着ません。となると、ややもすると女性らしさのバランスが過剰になるおそれと隣り合わせです。

映画女優のような「巻き髪にドレス」はもはや完成形ですが、ふだんの仕事や生活では、もう少しおさえめなエレガントさがふさわしいのでは。
そう思って、最近活用しているのがネイビーの服です。

例えばワンピース。Aラインの服でも、レースがついていても、濃いめの紺色であれば、とても抑制的でクールな印象になります。
逆にパステル系や花柄のワンピースやスカートに、紺色のジャケットを羽織ると、華やかさを残しつつ浮ついた感を取り除いて、ストイックな感じを足すことができるのです。

意外と取り扱いの少ないネイビーのパンプスは、実はとても使いやすくて、黒以外のほとんどの服に合うのです。バッグは紺色だとお受験ママになってしまうので、デザイン選びに工夫も必要ですが。

制服に多い色だけに、規律とか律儀さ、きまじめさを演出する紺色。無地のアイテムは当然のこと、私は大柄フローラル系の紺色ワンピースも持っていて、これも控えめな女性らしさを見せてくれます。

終わりつつある夏場を含め、シーズンを問わず使えて、着用シーンもあまり選ばない。私は全身紺一色の着こなしはしませんが、紺色のアイテムはとても重宝しています。

今年の晩夏の私の気分にも、ストイックなネイビーはしっくりくるのです。

[PR]
by cocue-cocue | 2018-09-11 08:13 | 身に着ける | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧