日々是呼吸


<   2017年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧



全く違う暮らしを目指す

前回書いた通り、2017年はあまり良くない1年でした。
このままこの暮らし方をしていると、私の冴えない生活に何も変化は起きないはず。何かを変えないとやはりダメで、これまでの自分の判断を根本的にひっくり返さなくてはいけないなと。

というわけで、今年の総括を兼ねて、来年への目標を強引に立てるとするならば
今までやっていたことをやめる
これまでやってこなかったことをする
いつものやり方をやめて、別の方法を選ぶ
この3つでしょうか。

無意識な言動が今の体たらくを招いていると考えると、意識的になり、違う結果につながるようにふるまうことが今の私には必要な気がしています。

人間関係もここらで入れ替えていきたいです。がまんして付き合うのはやめて、本当に必要な人とだけ、必要な形で関わるようにしていくという、当たり前のことを心がけたいものです。

あまり年末らしいこともせずにいますが(一応喪中なので)、2018年はいろんなことを入れ替える一年にしたいです。


[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-31 17:30 | こころと思い | Comments(0)


2017年とは。

年末に1年を振り返ると。

実は今年はあまり、良い出来事には恵まれませんでした。
身内の不幸、家族の不本意な異動、子供たちの学習面に進路面と、あまりよろこばしいとは言い難い出来事が相次ぎました。
私自身は、職務にいくばくかの変更があり、楽になった反面、煮詰まることも少なくなく、何かと思い悩んで過ごす時間が長かったです。
体調も崩しやすく、手術を伴う検査を受けたり、夏休み直前に病気になって寝込んだり、痛々しい感じでした。年後半は土日に寝込むことも多かったです。

楽しかったことを思い出そうとしても、本当にわずかしかありません。総じて楽しくなかったのかも。
人生波がありますから、きっと今年は沈む時期だったのでしょう。
これ以上落ちることはまあないであろうと信じて、新しい年を粛粛と迎えるしかなさそうです。

ブログの更新もかなり希でした。非公開記事もそんなになく、書けない年でした。
同じ調子がいつまでも続くわけではない、それだけを願っているところです。

良い年越しをお迎えください!





[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-31 01:02 | こころと思い | Comments(0)


プラネタリウムをリビングで

科学全般(のぞく生物、らしい)に興味を持つ子供のところに、サンタさんが届けてくれたプラネタリウム。
さっそく上映してみました。

天井灯が妙に邪魔なのはお愛嬌として、満点の星空を家の中で楽しめるという、これはぜいたくな遊びです。
独身の方なら、アロマキャンドル焚いたりして、スパのリラックス空間の気分になれたりするかも。

我が家ではクリスマス前にかけていた、讃美歌のCDを流しました。伴奏がピアノとパイプオルガンで、コーラスが響き渡り、本当に美しいのです。

あまりにもゆったりしていて、あくびが止まらないというオチまでつきましたが、何と「プラ寝たリウム」なんて呼び名もあるようでびっくり。
人の考えることは同じですね。

随分前に仕事の関係で渋谷にあった東急文化会館のプラネタリウムを訪ねたことがあります。
平日の昼間に行くのは少し後ろめたさがなぜか生まれましたが(なぜ?)、天文台でなくても楽しめるのはなかなか名案でした。

今はスカイツリーにも、あるそうで。
上映時間と席の数に縛られるのが難点ですが。映画好きの人なら全く気にならないポイントかと(私はそのせいで映画と親しめないのかも)。

本物の星空を見上げて詳しくなる利点もありますし、この冬はプラネタリウムを満喫したいです。


[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-30 09:49 | お気に入り | Comments(0)


入れたら、出せる。

テレビのザッピングという単語の意味がわかる人は、少なくなったでしょうか。

 チャンネルを変えるためにガチャガチャやっていた時代を変えたのは、リモコンの登場でした。
 画面から離れたところにいながらにして、好みの番組に切り替えることができる。しかもワンタッチで。画期的だったはずです。

 いまのスマホ依存気味社会では、手元のスマホを簡単に切り替えて、いろんな用途に使うのが当たり前です。
私はゲームはしないので、何かを読んでいることがほとんどですが、やはり気乗りするコンテンツばかりを眺めてしまいます。

その結果、やはりインプットに偏りがあると言わざるを得ません。量的にもですが、やはり質の面で偏向するのは当然でしょう。

思うところがあり、寸暇も読書にあてるうちに、自分の中にあった言葉があふれるかのごとく、ブログに何かを書かざるを得ない気持ちになりました。
間違いなく、書籍から得た何かが、私の内面を刺激して言葉を発するよう促しているからだと断言します。

食べたものが出てでていくように、入ったものがやがてあふれ出す。
何を自分の中に取り入れるのか、それが人を決めているのだと、しみじみ感じています。


[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-29 02:02 | お手入れ | Comments(0)


手放すと、本当に入ってくる

あれは3年ほど前の話。

当時の仕事は決して嫌いではなかったけれど、私が本当にしたいことではありませんでした。
もちろん頑張って取り組んだし、いい形にできたと思ったこともあったのです。なかでも一番出来が良かったというか、自分の満足度が高かった案件については、あらゆる資料をファイルで保管していました。

あるとき。ふと気付いたのです。
私、ずっとこの仕事を続けたいわけじゃない。
それなのになぜ、後生大事に資料を保管しているんだろう。

物のエネルギーがあるとしたら、私が大切にしている対象から逃れることなどできるはずはない。
資料に名残惜しさもあったけれど、ファイルを残すことと、したい仕事と、どちらを選ぶかと考えたとき、迷わず手放すものがわかりました。

そうやってさよならした資料。その少しあと、私は正式に、当時の仕事を外れることになったのです。

〜〜〜〜〜

そんな記憶が残っていた仕事納めの今日。
年内の業務はほとんど終了していて、片付けくらいしかすることは残っていませんでした。

もう、何をすれば良いか、私は分かっています。
やっとの思いで離れた前の仕事の、あの資料とこの資料。誰も保存していないからと思って取っておいたけど、そんなことするとまた、戻されてしまう。

個人情報に繋がりそうなものと、古紙扱いで良いものに分けて、それぞれ処分しました。
まだ手放せなかったのがありますが、今日のところは大物に手をつけた気分でした。

その作業中。とある人から声をかけられたのです。
私が戻されかけていた前の仕事の話がなくなったと伝えられました。

何このスピードの速さ。
わずか数分前に処分したばかりというのに。

望めば叶えられる、そんな言葉で説明できるのかわかりません。
しかし、なんらかのエネルギーの移動が、事態を動かしたと言えるのでは。

人生のこのヒント、忘れてしまわないように、生かしたいものです。


[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-28 20:26 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


浮き足立たない年の瀬

1年前をあまり思い出せないからなのか、今年はクリスマス前と同じく、今ひとつ年の瀬モードが盛り上がっていない気がしています。

人手不足で歳末商戦とやらを熱心に展開できないからなのか、株高だの賞与アップだと言われても、過半数の人には恩恵がないからなのか。
なんだか穏やかで、それはそれで決して嫌な感じにもならなくて不思議です。

私の年末は、秋の終わり頃からさえない感じで過ごしていただけに、底から浮き上がり始める兆しが少しだけあるかも(ややこしい)、そんな日々でした。
なかなか気分良く過ごせないことが多くて、気候に振り回されている自分が情けなく思えたり。
毎日が高揚した気分というのもおかしな話で、穏やかに過ごせるのが結局はありがたいのかな、と感じたのも事実です。

残りあと3日と少し。短い年末年始、のんびりと身の回りを片付けたりして過ごしたいです。


[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-28 18:41 | こころと思い | Comments(0)


育児(知育系)ブログに思う

昔から雑読派の私が読者登録しているブログのテーマは多岐にわたります。
そのなかでちょっと気になるのが、「小学生以下の子供を持つ親による子育てブログ」の特定のジャンルです。

子供の進学先が「最難関校」で、知能指数が標準より極めて高い水準で、際立つ才能や立ち居振る舞いを身につけていて、という、これまあ素晴らしいお子様を育てていらっしゃる親御さん(父母)が書いておられます。
「我が子には小さいことからこんなことをさせてきた」結果「我が子はこんなに卓越した結果を収め」一言でいうと「私の(僕の)子育て大成功物語」なんですね。

いや、お気持ちはわかります。
リアルタイムに記録して、多くの方のために(なのか?)発信したいことは。
きっと参考にされる方も多いでしょう。

でもね、気になるんですよ。

今、成功したって言い切って良いのかしらって。

スーパー小学生かも知れないし、親御さんが自負されているような天才児かもしれない。
そんな子どもの元を提供し(父)、産み落とし(母)、遺伝子からして違うのかも?
さらには手塩にかけて、こんなに立派に育てましたとさ。めでたしめでたし。

って、ここから先の人生の方が、もっと長いのではないかしら。

短距離走のメダルを否定するつもりは全くないのですが、なんかこう、なにかを成し遂げて世に還元する立場に自らを置いているという、その親御さんの心のありようが、私には不思議でならなくて。
また、そんな振る舞いをされている親御さんが今、子どもさんにどんな影響を与えているのだろうか、と。

いや、私の心配には及ばないことかもしれません。そんなに賢いお子さん達なら、早晩気づくことでしょう。
「うちの親、変じゃない?」って。

子どもを道具にして自分が称賛されたい、今なお自分が舞台の上に立っていたい、そんな幼児性を、立派な教育をなさっている親御さんのブログの行間から透けて見えるように感じる私の方が、歪んでいるのかもしれません。

[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-28 11:18 | 子育て | Comments(0)


今さらながら、読書の時間を取り戻す

スマホが普及し、電車で移動中でも圧倒的多数の方がスマホ画面を凝視しています。
私ももれなくスマホ依存気味でしたが、思うところがあり、文庫本を持ち歩くことにしました。

読んでいるのはとあるロシア文学の作品です。
なぜか現代日本とはかけ離れた物語が読みたくて、ページをめくったときの印象で選びました。

前の住まいは電車移動が4分程度だったこと、子連れで荷物も多いため、車内で読書なんてとても無理、帰宅後も余裕なし、でした。
仕事関連の資料や書籍はみるものの、あれは読書とはいえませんね。

久々に取り戻した読書習慣で、純粋に物語の展開を楽しめるうえ、視点が入れ替わっていくことで、なんと言うか、自分が重層的な視野を持てるようになりそうな喜びもあります。
本を読んでいる人は考えが深い、というのがこれまで出会った人たちから感じたことです。また本を多く読んでいる人の書くものはそうでない人より説得力があると、具体例を挙げて証明できるとすら思うほどなのです。

それなのに、どういうわけかあまり読んでこなかったここ数年来、私は思考を深めることができていたのか?

年初に立てた目標の1つは「月一本は映画を見る」でした。映画館に一回、試写会に一回、その後は途絶えていましたが、まとまった時間が必要なものより、自分のペースで読める本こそ、もっと親しむべきものではなかったのか。

仕事柄、他の人の書いたものを読む機会は多いものの、長さに限りがあるものばかりです。
やはり、読み継がれてきた小説を、もっと読みたいですね。


[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-28 02:08 | お気に入り | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
さよなら、カブトムシのY
at 2018-10-30 01:35
今度は、お酒を断つ
at 2018-10-29 08:01
素焼きのタイル
at 2018-10-22 01:50
履き倒れ
at 2018-10-18 00:17
出せば、入るのおはなし
at 2018-10-09 10:02
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧