日々是呼吸


カテゴリ:片付け・整理整頓( 153 )



お片付けの贈りもの

〜たまには、お家の片付けについても書いてみます。

あまりにも散らかっている部屋にたまりかねて、夜になって夫と、短時間片付けに取り組みました。
大した作業はしていません。空になった段ボールをつぶして、捨てるものをビニール袋にまとめて、散らばっているものを仲間同士集めて。わずかな片付けに過ぎませんが、つぶした段ボールが大きかったこともあり、少し空間はゆったりしたかもしれません。

まだまだ作業が必要とはいえ、片付けたことで、探し物がいくつか見つかりました。
図書館の本、子供の文具や靴下など、気になっていながら、家の中のどこかにはあるのに、手がかりがなかったのです。
少しモノを動かしただけで、思わぬところで見つかったのは、ほんとうにありがたい話でした。

職場ではデスク周りが限られていることもあり、あれやこれやと散らかすこともなく、割とこまめに捨てているつもりです(荷物は少ないとはいえませんが)。そうすると、サッと取り出しやすくなっていて、迷いなく作業ができたり、行き先のはっきりした持ち物ばかりになるのです。
自宅も早く、そんな空間にしたいのですが。
少しずつでも、片付けることで恩恵が得られますように。


[PR]
by cocue-cocue | 2018-06-19 01:03 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


終わったことは、手放す

夜自宅で時間が少し空いたので、中身が滑り落ちることが増えた棚を整えてみました。

中から出て来たのは、第二子が使ったものでした。
もう使うこともないし、終わったし、次に役立つわけでもない。
後生大事にとっておく必要などないので、バサバサと捨てました。

子どもが二人いると、年とともに必要なものがどんどん変わります。
今となっては宝の持ち腐れになっていた、つまり使い込んではいなかったものもありました。当時は気づかなかったものの、全然できていなかったことも今の私には見えます。

でもそれは、もう通り過ぎたこと。
次の段階に必要なことを、少しずつやってみるしかないですね。

そんなわけで。
ほんの少しだけ、空間に余裕ができました。
この調子でどんどん変わりたい。



[PR]
by cocue-cocue | 2018-02-15 08:55 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


不要なしがらみは断ち切る

ここのところ、昔の仕事関係者とのつながりをどんどん断ち切るようにしています。

金輪際取り組むことなど全く望まないかつての業務。当時の同僚や今なおそこにいる人たちと、なんとなく円満につながっていたのですが。
そんなことしていると、いつまでもへその緒で繋がっているみたいではありませんか。

私はもう、とっくに離れて、別の世界に生きているのです。
わざわざ関わりを持つ必要など、どこにもない。

もっと言うならば。
決して本意ではなかった職務や部署にいた時代、なんとか折り合いをつけようとしてやっていた、つまり歪んだ自分と繋がりがあったのが当時の関係者らであり、今の私とは全く次元も関心も意識も別ものなのです。

だったらもう、知らんぷりで良いし、何と思われようと全く関係のない話。
むしろ中途半端なつながりが、引力にすらなりかねないわけで、私にとっては大迷惑なのです。

というわけで。

関係者とのやりとりは全て断ち切ることに決めました。
私的な会話もやりとりもしません。
もちろん、業務で関係もないので、これで完全に没交渉にできるので。

私にとって大事なのは、今、近くにいる人たち。
かつてのしがらみだか何だかは、もう済んだことで、終わったものなのです。

よくない時の知り合いは、やはり筋もよろしくないわけで。
今の私には全く合わなくて当然でした。



[PR]
by cocue-cocue | 2018-02-09 02:58 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


くされ縁から離れる

毎日数杯は飲んでいたコーヒーを年明けから断ち、今月は寝る前のスマホを止めようと思いつき、今の私のしていることはズバリ「くされ縁から離れる」行為ではないかと思い始めています。

なんとなく続けていたり、つながっていたり。そんな惰性の行動の一つをやめてみたことで、実は全然必要なかったし、ないからといって困るわけでも不快なわけでもなく、むしろおだやかに過ごせると気がついたのが1月でした。

時間には限りがあるわけで、いわゆるルーティンだと思っていることにかまけていると、何も新しいことなどできなくなります。
そもそもいらないんじゃないの?と思ったとき、手放していくことで、きっと身軽になって、また別のことを試してみようと踏み出せる余地ができる。
頭でわかっていたつもりでしたが、できるかどうかはまた別の話でした。

握りしめていなきゃいけないものなんて、そんなに多くない。
いや、握りしめている手は、そのことにしか使えなくなっている。
なるべく大事に取っておくことをわりと志向してきた私が、義理立ててつきあってきたようなものごとに関わりたくないとお断りしたのも、一連の私の変わりたい思いが根底にある気がします。

本当に必要なものって、そんなに多くない。
阪神大震災に遭ったとき、痛切に感じたはずなのに。
また、いろんなものを握りしめていました。

自分の目指すところとはそぐわない、そんな過去のしがらみも、義理も、要らない。
そうやって、ドンドン切り捨てて歩みたい、立春になりますますその意を強くしています。




[PR]
by cocue-cocue | 2018-02-04 23:19 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


手放すと、本当に入ってくる

あれは3年ほど前の話。

当時の仕事は決して嫌いではなかったけれど、私が本当にしたいことではありませんでした。
もちろん頑張って取り組んだし、いい形にできたと思ったこともあったのです。なかでも一番出来が良かったというか、自分の満足度が高かった案件については、あらゆる資料をファイルで保管していました。

あるとき。ふと気付いたのです。
私、ずっとこの仕事を続けたいわけじゃない。
それなのになぜ、後生大事に資料を保管しているんだろう。

物のエネルギーがあるとしたら、私が大切にしている対象から逃れることなどできるはずはない。
資料に名残惜しさもあったけれど、ファイルを残すことと、したい仕事と、どちらを選ぶかと考えたとき、迷わず手放すものがわかりました。

そうやってさよならした資料。その少しあと、私は正式に、当時の仕事を外れることになったのです。

〜〜〜〜〜

そんな記憶が残っていた仕事納めの今日。
年内の業務はほとんど終了していて、片付けくらいしかすることは残っていませんでした。

もう、何をすれば良いか、私は分かっています。
やっとの思いで離れた前の仕事の、あの資料とこの資料。誰も保存していないからと思って取っておいたけど、そんなことするとまた、戻されてしまう。

個人情報に繋がりそうなものと、古紙扱いで良いものに分けて、それぞれ処分しました。
まだ手放せなかったのがありますが、今日のところは大物に手をつけた気分でした。

その作業中。とある人から声をかけられたのです。
私が戻されかけていた前の仕事の話がなくなったと伝えられました。

何このスピードの速さ。
わずか数分前に処分したばかりというのに。

望めば叶えられる、そんな言葉で説明できるのかわかりません。
しかし、なんらかのエネルギーの移動が、事態を動かしたと言えるのでは。

人生のこのヒント、忘れてしまわないように、生かしたいものです。


[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-28 20:26 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


スマホ機種変で思わぬ発見

スマホの機種変をしたら、連絡帳が数千件にふくれあがってしまいました。
どうやらバックアップを何重にもしてしまったようで、1番多い人の情報は12件重複しているのです。

かつては業務用のスマホがなかったため、仕事先とは個人の携帯番号を交換していたのも一因でした。
思い立って、使わない情報を消していくことにしたのです。

今の機種は一件ずつ削除するしか方法がないため、電車の中で地味に消したり、単調な作業に明け暮れました。
その結果、ようやく3桁まで絞り込んだものの、まだまだ多すぎるのです。

実に数千件の情報を消していく過程で、不思議な気持ちになりました。
指先だけの断捨離動作だというのに、過去の資料なども物理的に処分しようという機運が高まったのです。
おかげで机の周りは少しスッキリしました。

「空いたところに何かが入る」とまではいかずとも、ちょっとびっくりする出来事があったり、所有や帰属といった関係を振り返る契機にもなりました。

今回の機種変をめぐっては、いくつか発見もありました。
機会があれば紹介したいと思います。

[PR]
by cocue-cocue | 2017-10-30 15:56 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


■ 処分レポート 3月5日

 病院でもらった抗生物質を飲むと、どうやら眠気に襲われるようで。
 週末は不覚にも昼寝してしまいました。

 まとまった時間に頑張りたいと思いつつ、あまりなにもできていません。

 古紙回収の準備と、古いタオルをウエス用に小さく切ったくらいで…
 あとは、小さくなった子供たちの靴を袋にまとめて、処分に出す準備をしたくらいです。

 寒さはまだ残りますが、真冬の衣類はそろそろおしまいなのかも…肌着類で次の冬に着なさそうなものは、間引いて処分していきたいです。

 3月は進級や異動を控えて、落ち着かないような、気分一新も出来るような。
 この時期ならではの片付けが進めばよいなと願っています。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-03-06 00:43 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


■ 処分レポート 3月1日

 毎日更新が難しくなっている処分レポート。これまでより実は大量に処分できたこの日。取り組んだのは仕事の資料でした。

 職場の机はスペースに限りもあり、何かを保管し続けるわけにはいきません。情報は古くなりますし、大量の資料の山を有効活用できるかは怪しくもあります。

 また手に入るかな、と思われる資料~主にレポート類などは手放しました。
 オフィスワーカーならピンとくると思いますが、冊子になっている資料は並んでいても散らかり感がないので、つい保存しがちです。後から読み返してヒントになることもあるものの、基本は保管すべきではないものですね。

 ファイリングした資料一式というのも、案外手放しにくいものです。これも冊子と同じでしょうか。

 今回の作業は、資料を入れる引き出しがパンパンのため、最近使い終わった資料がしまえずに机を侵食、作業空間が狭くなって仕事しづらさが気になっていたのがきっかけでした。
 毎日10分でも時間をとって片付ける(それでも週50分!)というのもよさそうです。外出日は無理ですが、例えば昼食後自席に戻ったなら、腹ごなしをかねて処分作業をする、だと現実的かもしれません。

 本当はまだまだ減らせると思っているものの、いざ手をつけるとはかどらないこともある。片付けの永遠の課題ですね。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-03-03 10:53 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


■ 処分レポート 2月12日

 背中の痛みが残るなか、実は右の肩も激しく凝り固まっていたことに気付きました。
 アジア土産のメントール系軟膏をぬり、ツボ膏を張って、何とか緩和を祈るばかりです。

 引き続き、大がかりなことは難しかったので、今日は「もう捨てる」と決めたものをカウントすることに。

■ タイツと肌着、ひとつずつ

 図らずも穴を開けてしまいました。もうこれは捨てでしょ。

■ ケーキ皿

 皿洗いのとき、別の小皿を滑って落としたら、下にあったこの皿が3つに割れました。

 なぜか1枚しかないケーキ皿。金の縁取りがあって、レンジには使えないうえ、半端にレトロなデザインがどうもあか抜けない、そんな思いがどこかにありました。
 割れたお陰で手放せる。確か香港にはそんなことわざがあるとか。
 どこからやってきたのか、いきさつも思い出せないですが、これまでお世話になりました。

~~~~~

 背中が楽になったら、タオルの見直しも本格的に取り組みたいです。
 我が家はタオルの枚数が異様に多く、明らかに余剰分が負担になっているので、古びたものから手放していきたいところ。

 特にバスタオルはかさばるので、選りすぐりを使うようにしたいのですが。子供が小さいと何かと入り用になることもあり、半端なく所有しています。
 これも少しずつ、頑張るか。

[PR]
by cocue-cocue | 2017-02-13 01:56 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


■ 処分レポート 【工夫】処分袋

 2月11日のレポートに、処分する書籍を袋に分けると書きました。
 もしかしたらヒントになるかもしれないので、処分袋の効果を挙げてみます。

 書籍は古本として売ることが多いです。雑誌はさておき、文庫本は束ねる手間を考えると、まとめておいて宅配の買い取りや店頭持ち込みにしたほうが楽な気がするからです。

 同じように処分袋に分けておくのは、古着です。地域の回収拠点に持ち込むと、リサイクルされるようです。

 まとめて処分するため、ではありましたが、この「別の袋に分けておく」のが実は処分への抵抗感を引き下げていることに気が付きました。

 すでに本棚やタンス、クローゼットからは出されて、目につかないところにしばらく置いておくうちに、なくても困らない日々が過ごせます。
 しばらくして処分袋を開けたとき、やっぱりとっておこう!と救出することはほとんどないのです。
 いきなり捨ててしまうにはためらいがあったとしても、日にち薬になるのか、ものとの関係を薄めることができるような気がして。
 処分袋入り、つまりお蔵入りに通じるような扱いの変化も後押ししているのかもしれません。

 即断即決もよいトレーニングにはなりますが、人間いつでもなんでもすぐに決められるわけでは決してありません。そんなとき、限りなく処分に近い保留の時間を確保し、物理的に現役の品々から隔離することで、じわりと決断するのも決して悪くはないはずです。

 と自分で書きながら、なるほど「なしで済ます」生活を試せば良いのね、と、他分野への応用の可能性もひらめきました。
 またうまくいけば、レポートします。
  
[PR]
by cocue-cocue | 2017-02-12 00:29 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧