日々是呼吸


カテゴリ:未分類( 46 )



普段使うものをお土産にする。

夏休みは家族で旅行するのが恒例です。
私自身、両親とも実家の隣の市に住んでいたこともあり、お盆は日帰り行事でした。
夫の両親の実家は某県でしたが、義母が帰省したがらなかったとやらで、これまた里帰りの習慣はなく。
どこが好きなところへ出かけるのが通常です。

今年の旅で感じたことは。

お土産は、いつも使うもの、必要なものを買う!

これにつきます。

他の方へのお土産はお菓子類にしますが、自宅用は地元の食材だったり、衣類だったり、食器だったりと、普段に使うものを選びました。

お土産といえば、その土地で有名な民芸品にしたり、ゆかりのあるものを選ぶことが多いと思うのですが。
そうでなくても楽しいなあと。


そういえば。

まだ中学生の頃、お気に入りのミュージシャンの出身地に父が出張することになり、お土産を頼んだのです。
そこは都市だったので、特産品とかでなくて構わないから、母はそう言って、父を送り出しました。「ハンカチ1枚でも良いのよ」と。

楽しみにしていた私に父が持ち帰ったのは、仕事で訪ねた市役所でもらった地図1枚。

そんなもん、土産じゃない…

私は泣きました。
なんでも良いから、その土地で買ったものをほしかったのだと。
母も同調してくれたのです。「その町で何かを買ってきてほしかったのよ」と。
死んだ父は「そんなもん、あらへん」と、自分の誤りを頑として認めませんでした。

父は子供の思いを踏みにじることしかできないまま、他界しました。もういない人なので、腹を立てることはバカバカしくなってきて、しませんが、あのまま生きていても、私が傷つくだけだったのは確かなので、よかったと思っています。

そう、その頃から、お土産というのは、その土地で手に入れたものであれば、なんでも思い出になるのだと、私は知っていたのですが。今回まさに、実践できたのがうれしいです。

ちなみに市役所で配られている地図を持ち帰った父の当時の年齢は、52歳くらいだったのではないかと。
幼稚というか、かしこくなかった人なんだなあと、現在仕事などで出会うその世代の人たちと比べてつくづく感じます。

[PR]
by cocue-cocue | 2018-08-13 16:22 | Comments(0)


嫌な気分になったとき、学んだこと

嫌な気分になる出来事がありました。
端的にいうと、パワハラ系の発言を受けたわけです。
そこでハッと気づいたことの、その後に思い浮かんだことを書きます。

ネチネチぐちぐち言われて、まあいい気分はしません。言われながら、ああこのひとは、吊るし上げにかかってるな私のことを、そう気づいたのです。

私はどう対処すべきか、を考えませんでした。
さらには、言い手の動機を探ろうとすらしなかったのです。

あ、嫌な気分になりつつ、決定的に凹んでもいないかも。

それって、言い手に私は興味を持たないからだ、と気づいたのです。

どうでもいい人に言われたことで起きる「嫌な気分」は残るけど、はらわたが煮えくりかえる勢いで怒ったりもしない。

周りで傍観することで保身に走る、そんな人しか私の周りにはいない現実にも目を背けなかった。

あ、ここには私が関心を持てない相手しかいやんだなって。

嫌な気分をうまく分析して、自分に必要なタイミングで好みのことを始めたいです。

[PR]
by cocue-cocue | 2018-08-08 04:10 | Comments(0)


自分の時間、何をする?

平日は仕事があり、週末は子供の習い事などで出かける機会が多いので、純粋な自分の時間は寝る前や入浴中くらい、かもしれません。
一人っ子の私は、一人きりになれる時間がないと息がつまるので、何とか時間を確保して楽しもうと心がけています。

兄弟が多い職場の同僚は、一人では昼食に行けない、と訴えます。一方で私は、お昼くらい一人きりで過ごしたいと思うことも多く、必ず誰かと約束する生活とは無縁です。
仕事柄外出が多く、出先でお昼を食べることが多かったのも一因かもしれません。
まとまった時間が取れず、お弁当などを買ってお昼にしてしまった日も、何とかお茶の時間などを取るようにして、ひとりで過ごすことでバランスを取っている感じです。

ただひとりでのんびり、時にはぼんや。しているだけですが、ずーっと走り続けていたり、誰かと過ごし続けると、心がすり減ってしまいそうになります。
社会性を失わないよう、人との関わりは欠かせませんが、のんびりゆっくりするのは心地よいものです。

自分だけのくつろぎの場所をいくつか見つけて、そこで過ごすのが一番かなと思います。



[PR]
by cocue-cocue | 2018-06-30 13:20 | Comments(0)


東京・目黒の女児虐待死 母親に見る「アメフト悪質タックル加害者」との類似性

本当なら今、小学校に通っていたはずの女の子が、継父の虐待と暴行を受けて亡くなった事件の詳細が報じられています。

まだ学校に上がっていない子供がノートに書き残した、パパ ママ ゆるして、といった文章は、多くの大人の心に深い衝撃と悲しみをもたらしたはず。
義務教育では小学1年生は今まだ、ひらがなを習い始めているところです。
生き延びるためだったでしょうが、必死で学んで、訴えて、いっぱい考えたであろうことを思うと、卑怯で卑劣な大人に怒りしか抱けません。

事件が今、話題を集めているのは、女の子の母親が逮捕されたからです。すでに女の子は3ヶ月前にこの世を去っています。

当然ながら、生みの親なのに冷酷だ、なぜ娘を守らなかったのか?という批判の声も上がっています。
ここであえて、私は仮説を立ててみたい。

亡くなった女の子の母親は、日大アメフト部の加害選手と同じような立場に追い込まれていたのでは無いかと。

報道で伝わる「見捨てられるのが怖かった」との発言から、母親自身が、生きていくうえでなんらかの恐怖にさらされていたと察することができます。
女の子が亡くなってすぐに逮捕された継父が、例えば妻である母親に暴行をふるっていた可能性はないでしょうか。
幼い5歳児にあれだけ残忍な虐待ができる神経の持ち主が、妻に同じようなことをしないと言い切れません。

再婚し、新しい夫との間には1歳の男の子が生まれたとのこと。
希望に満ちて生活していた時期はあったはず。

ところが、「支配・被支配」の構造ができあがり、自分が産んだ子供が虐待を受けても、拒むことができない状態に追い詰められて、何も言えずに、容認する格好になったのではないか。

児童相談所のケアが行き届いていたであろう香川県を離れ、東京に移り、夫の逮捕後も「報道は全て真実ではない」などと近所の人に話していた、との報道もあります。
夫の行為を正当化しないと、自分がやられてしまう、そういう心理状態だったのでは。

日大のアメフト選手が「好きだったフットボールが、大学に入って楽しくなくなった」と打ち明けたように。「やらないと先がない」と悪質な反則タックルに踏み切り、後ほどテント内で号泣していたように。

母親を責める声を、批判するつもりはありません。
しかし本件に限り、私はその母親に、悪質タックルに及んだアメフト選手を重ねずにはいられない。

亡くなった女の子を救い出すために、児童相談所と警察の連携も必要です。
私は同時に、この母親を救い出す手段も必要不可欠だったのではないかと思います。
母親こそが、東京の児童相談所の職員と娘を接触させなかったわけで、自分の身に降りかかることを思うと、とても娘を会わせることなどできず、拒むしかなかったのではないか、完全に追い詰められて八方ふさがりだったはず、そう思えてならないのです。

母親自身が生命の危機に直面していて、まともな判断が下せない状態だった。

連れ子あり再婚家庭における虐待を阻止するには、この歪んだ関係性にメスを入れるすべを、社会の仕組みとして作ってよいのではないかと考えます。


[PR]
by cocue-cocue | 2018-06-08 07:01 | Comments(0)


コーヒー断ち、その後。

コーヒーをやめて早3ヶ月。惰性で飲み物を口にすることが減り、時折飲み忘れて喉がカラカラになることもありつつ、なんとかやっています。

飲みたいと切望することが減り、飲んでもいいし、飲まなくても良いけれど、昔ほど美味しさへの感動が薄れていることに気づき始めていて。実は楽しみを手放してしまったかもしれません。

それでも今は、コーヒーをやめた自分は良い決断を下したと自信を持って言えます。コーヒーを飲んで気合いを入れるって、やはりおかしいし異常だったと気付いたのです。

何かに依存するというのは、一見安心感が得られるけれど、実は何か蝕んでいるものがあるかもしれない。
あってもいいし、なくてもいい。あったら嬉しいけれど、なくても悲壮感はない。そのくらいの距離感って、案外心地よい気がします。

そうやってすっと立っていられる時間が、少しでも長いと、うれしいです。



[PR]
by cocue-cocue | 2018-04-05 01:10 | Comments(0)


睡眠負債を減らしたい

また、2時回ってしまった…

何か立て込んでいるわけでもないのに、眠りにつこうとしたら連日こんな時間になっている、それは本当に良くないと思っています。

低血圧のため、寝起きが決して良くない私は、まだ眠いという気持ちと、目覚めたくないという気持ちがごちゃまぜになって、ずっと目を覚まして爽やかな朝、なあんてどこの話?といった感じです。
自分に必要な睡眠時間が大体どのくらいかわかっており、下回る日が続くにつれて気分も低下してしまう。その悪循環に今、ハマりつつあるのです。

だから早く寝ようと、いつもより早めにお風呂に入っても、疲れすぎてお風呂をスキップして早く寝ようとしても、結局同じような時間にしかならないのです。
これはまさに、睡眠負債を作っている生活なのでは。

何とか打破したいけれど、なかなかうまくいかなくて。
寝る前に少しゆっくりしてしまうのが良くないのかもしれません。
何とか、対策を見つけたい昨今です。







[PR]
by cocue-cocue | 2018-03-18 02:13 | Comments(0)


カフェの飲み物探し(コーヒー断ち19日目)

待ち合わせに少し早く着いて、カフェに入る時。
コーヒーの他に何があるのか確かめるようになりました。

もうコーヒーなど飲まないし、飲みたいと欲することもなくなり、習慣の定着に必要とされる3週間を待たずとも、私は2週間でいけるかも、と感じているところです。

昨夜の待ち合わせ前に飲んだのはホットミルク。レンジで温めただけ、と考えるととんでもなくぼったくりにも思えます。
今日飲んだのは紅茶。ティーバッグとお湯だけで、巧拙すら関係なく出来上がると思うと、これまた割高感が。
コーヒーはドリップの手間のおかげか、決してお高いとは感じていませんでした。
何となくもったいないお金の使い方をしているように思いつつ、クセになっていた消費に気付いたのは有意義なことです。

最近は駅前に書店がないことが多く、時間つぶしの場所に困るのが悩みどころです。カフェチェーンが増えていても、コーヒーを飲まない私には楽しみともいえなくなっていて。
今のような寒い時期はなおのこと、悩ましく感じます。



[PR]
by cocue-cocue | 2018-01-19 14:07 | Comments(0)


ホットプレートを買いました

家族で使うために、ホットプレートを買いました。
鉄板に乗った料理でも、やけどの心配をしなくてすむ年ごろになり、作りながら食べるというのもありかな、と考えたのです。

今さら流行らない調理器具なのかも知れませんが、自宅で食事する機会に活用したいです。

それにしても…意外とかさばるものですね。
収納大丈夫なのかどうか。

今夜早速、使いたいと計画しています。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-08-26 16:43 | Comments(0)


反りの合わない親には

 親不孝と非難する人がいるのは承知のうえで、私は父親を嫌っていました。
 過去形なのは父が死んだからです。
 そろそろヤバイらしいと連絡がありましたが、私は葬儀まで帰りませんでした。
 かつて祖母が亡くなり「やっと片付いた」と親戚が安堵していたのを思い出すような感じでしょうか。

 父が死んだため、心の底から沸き上がる憤りや憎しみ、嫌悪感が霧散しつつあるのは、よかったできごとともいえます。

 しかしふとしたときに、早く死ねば…との台詞が浮かび上がり、あ、もう死んだんだ、と思い出すことも。
 親の愛情に包まれて育った幸運な人たちには、皆目見当のつかない話でしょう。
 私は物理的な暴力は受けていませんが、人格否定から誤ったしつけまで、父にかけられた言葉はすべて自分にとってネガティブという経験をしています。

 育ててもらって感謝しろといわれても、あんたに育ててくれなんて頼んでないし、という気持ちしかなく。

 死んでもなお怨み続けるわけではないですが、死んだ今も死んでほしいと思ってしまうほど、私は父親と反りが合わないのです。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-08-18 14:59 | Comments(2)


細々と、学習したり

 好きなことは飽きもせず繰り返せるんだと気付いたのは、久々に英語の勉強を再開したのがきっかけでした。

 仕事上で頻繁に使うこともなく、また長らく勉強する時間も取らずに来たので、まずは接点を増やすところから始めました。

 少しずつ読んでいくと、だんだんまとまった文章を読みきるのが楽になってきます。
 耳にするうちに、話し手を問わず聞き取れる範囲が広がります。

 今の私は、話すのを上達することに重きをおいていないので、アウトプットの鍛練は積んでいません。これから取り組む算段ですが、まずはインプット力の強化です。

 目標があり、そのために心の底から好きなことに取り組むのなら、継続が苦手な私も無理なく毎日机に向かえる自分に気が付きました。

 夢を叶える第一歩として、今の私に着実にできることに、時間を振り向けています。

 
[PR]
by cocue-cocue | 2017-08-17 02:11 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧