日々是呼吸


2018年 02月 07日 ( 1 )



1人になりたいとき

一人っ子の宿命なのか、一人きりで過ごす時間がないと、身体が持ちません。

誰かと場を共有していて落ち着く、そんなタイプの人もいるでしょう。でも我々は、一人きりでないと酸欠になる、そんな生き物なのです。

1人ではお昼が食べられない、そんな人を知っています。
どちらかと言えば、お昼くらい1人にしてほしいと思うことが週に何度かある私。孤独なランチという後ろ向きなイメージなどなくて、一人で食べたくてわざわざ足を延ばすこともあります。

ずっと一人きりで入ると、きっと私は生産性も下がるでしょう。
一方で、自分の世界に入り込んだ時の集中力も無視できません。周りに人がいない方がはかどることもあります。

こういうのを世の中では「内向的」と呼ぶんだとか。
確かに私は決して外向的ではなさそうです。

人恋しくて、ひとりぼっちだとたまらなく寂しく感じたこともあった一人暮らしの日々。
周りに同僚や家族がいたときにふと思う、人って結局孤独なんだよね、と感じる時の寂寥感。
どちらも激しくポツネンとたたずむ自分に、耐えきれなくなることもあります。

それでもやはり、一人で過ごして、自分のペースを取り戻したい。

自己完結できるほどの満足度があるのか、排他的なほど自閉なのか。

ひとりで過ごす時間、本当に楽しいです。


[PR]
by cocue-cocue | 2018-02-07 01:53 | お気に入り | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
さよなら、カブトムシのY
at 2018-10-30 01:35
今度は、お酒を断つ
at 2018-10-29 08:01
素焼きのタイル
at 2018-10-22 01:50
履き倒れ
at 2018-10-18 00:17
出せば、入るのおはなし
at 2018-10-09 10:02
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧