日々是呼吸


老いと女らしさ

 滅多に乗らない路線の地下鉄で、マジックペンで書いたような、大振りのバラが一面に広がるタイツを履いた女性を見かけた。

 傍らには竹の杖。年の頃は70+かと。

 何十年後かにあの装いを、私はできるだろうか。もとい、目指すのか。

 可愛いおばあちゃんになりたいなんてきれいごとは言わない。
 いつまで、どこまで女であろうとするのか。

 覚悟を突きつけられた、初冬を思わせる秋の午後。
by cocue-cocue | 2016-10-13 14:41 | Comments(0)

<< ここが私の居場所      良質って、こういうこと >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧