日々是呼吸


また、捨て始めました

思えばこのブログは、断捨離に出会って、その歩みを記録しようと始めたものでした。

今はもはや、発達障害持ちの両親に誤学習を強いられ、後天的なズレを植え付けられて社会の適応に苦労した体験を綴ることが増えました。

断捨離の過程で、自宅にあって煩わしく感じるものが、親が送り付けてきたり持ち込んできた物であると気付きました。

二人の子育てをしていて、親にされたことがあまりにも自分が親として子供に対してしたいこととかけ離れて、愕然としたこと。
結果的に「父親も母親も、発達障害だった」という仮定を立てれば全てのつじつまが合うのでした。

そして、私が断捨離した大きなものは。

親との連絡。
仕事で名乗っていた、旧姓。

この二つです。

*****

そしてまた、細々とした身の回りの不要品を、減らし始めています。

毛玉が目につくニットブラウスとか。
付き合いで定期講読していて、開封すらしない雑誌とか。
着れるのですが、もう着るつもりになれないワンピースとか。

自分がハッピーに感じないモノを、手間暇かけてわざわざ管理する必要がないこと。

それこそ「ホーダー」傾向が強い父親や母親への反発もあります。

勝手に捨てたら怒る人々ですが、幸い全く連絡も取らず、音信不通です。
奴等と同類というのは、勘弁です。

*****

まだまだ、生ぬるいことは分かっています。
しかし、少しでも手放せば、その分は着実に進歩しているのも事実。
あきらめず、取り組みます。
[PR]
by cocue-cocue | 2014-06-20 00:00 | 片付け・整理整頓 | Comments(4)
Commented at 2014-06-20 00:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by cocue-cocue at 2014-06-20 00:56
鍵コメの○○○ン
メッセージありがとうございます。
親って本当に罪深い存在です。

親の心、子知らず、とはよく言われますが、実態は「子の心、親気付かず」ではないかと。
私の親たちは人一倍鈍かったともいえますが、子が親に嫌われまいと必死な姿は健気過ぎます。

振り切って前に進まずとも、悶々としておられることを否定的に捉えないで、しばし悶々にひたるのも、結果的には近道かな?と感じましたが、いかがでしょうか?
Commented by 葉桜 at 2014-06-22 16:48 x
そういえば、断捨離で最初に実家に送り返したのが母親のエプロン、でした。
私の場合、洗浄剤をせっけん主体(しかも無香料のもの)に切り替えたため、実家が使う外資系メーカーの香害ともいえる香料の強い洗剤のにおいうつりがするのが耐えられなかったというのもありますが.....
Commented by cocue-cocue at 2014-06-22 17:24
葉桜様、

お母様のエプロン、とてもよくわかります。我が家にも、ロッカーよろしく、母が置いていった衣類や雑貨がフィッツケース一箱分あり、送り返したいところです。かなりこちらには来ておらず、なくても生活に全く困っていないはずなのですが。捨てると怒り狂いますからね。

洗剤のエピソード、興味深く拝読しました。近く書こうと考えていたテーマと近いので、早めにアップしますね!

<< 母が厳しいと思っていたのは間違...      母の日の思い出 >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
出せば、入るのおはなし
at 2018-10-09 10:02
ご機嫌を保つーー崩れるとてきめん
at 2018-09-29 23:30
海老ワンタン麺
at 2018-09-21 14:38
ストイック・ネイビー
at 2018-09-11 08:13
荷物を減らしたい
at 2018-08-22 01:46
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧