人気ブログランキング |

日々是呼吸


悪気がなくても許せない

ネットでためになるコラムを見つけたので、紹介します。


「一言多い人」と言って即座に思い出すのは義理の母ですが、今回はその話ではなく。

娘の心を踏みにじることに掛けては右に出る者がいない、死んだ父親がまさにこのタイプでした。

例を挙げるとキリがないのですが、私が許せなかったのは「お父さんに悪気はなかったのだから(許してあげなさい)」と母親に毎度言われることでした。

悪気があろうがなかろうか、私を傷つけ、落ち込ませ、ショックを与えて、泣かせているのは間違いないわけです。
はなから悪気があったなら、虐待を働く毒親として糾弾されて当たり前。
私を泣かせる無神経な言葉を「悪いと思わずに」言葉にする軽率さ、愚かさ、知能の低さ、教養のなさ、思いやりの欠如、それら全てが許せないわけです。

母は死んだ父のことを「筋が通っている」と曲解していました。それは大きな誤解です。
自説にこだわり、誤りを認めず、偏った視点から物事を決めつけ、新たな知識や異なる考え方を全く受け入れようとせずに頭から否定する、一言でいえば「頑固・頑迷さ」でしかないわけです。

冒頭のブログ筆者、永松茂久さんのこの文章に私は励まされました。

ーー引用ーー

人間は関係性の中で生きています。

思ったことをストレートに言っていい場合と、絶対に言ってはいけない場合があります。

こう言うと中には、

「世の中には、口は悪いけど本当はいい人っているんだよ」

と言う人がいますが、私に言わせれば口の悪い人でいい人なんていません。

口から出るということは、その人が頭の中で考えているから出るのです。

オレンジをいくら絞ってもオレンジしか出ないように、心の中にない言葉は口からは出てこないのです。

愛ある人の口からは愛のある言葉が、意地の悪い人からは意地の悪い言葉が出てきます。

残念なことですが、否定的なことしか言えない迷惑な人は必ず存在します。

どんなに正しくても、どんなに本当のことでも、必要のない場面でむやみに相手を傷つけることを言うのはやめましょう。

そして、相手に共感する言葉、寄り添う言葉でコミュニケーションをつなげていけば、必ずその人の魅力は上がります。

ーーここまでーー

「私に言わせれば口の悪い人にいい人なんていません」

その通りです。

死んだ父が筆頭でしたが、類は友を呼ぶのか、父の母(私の祖母。こどもの日が誕生日で、祝いを届けに行くたびに私は「この子、どこの子?」と言われ続けました)、父の兄、父方の親戚一同、ひどい言葉を吐くことに長けている人々そろいで。

もとい、自分たちがひどい言葉を吐いている自覚すらない、それは当たり前の発言だとなんの疑問も抱いていなかった気がします。

母からは「もう関わらなくていい」と言われたはずなので、このまま関わらないつもりでいますが。

「悪気がない」じゃなくて、悪気のないこと自体がもう悪なんだということが、広く知られてほしいものです。


# by cocue-cocue | 2021-05-05 13:40 | 親への違和感 | Comments(0)


ひとりっ子のツラさーーこどもの日に寄せて

私はひとりっ子です。
「ひとりっ子は病」などと言われた時代に生まれています。「わがまま」「かわいそう」ーー散々な言われようでした。

母は私が「ひとりっ子だからあの子はわがままなんだ、と言われたくない」を目的とした子育てを実践しました。

家庭では二対一、しかも大人2人に子供1人なので、自分のやりたいことや意見はまず通りません。「わがまま」を言うことをとがめられますから。
欲しいものがもらえなくても、あてがい扶持のプレゼントが届いても、受け入れなくてはなりませんでした。

世間から「ひとりっ子だからさぞ大事に育てられたことだろう」と見られても、現実は別。そもそもひとりっ子に見られないことが親の目標でしたから。

ゴッドマザー先生は自身のブログで、ひとりっ子が親に気を遣っていると指摘されており、まさに!と納得しました。
ひとりっ子は親の理想をかなえているないと、家に居場所がないのです。ボロクソ言われても1人で受け止めるしか、ないのです。



このブログ後半に出てくる、好きな外食店の話は心がちくりと痛みました。
私も自分の行きたいお店に連れて行ってもらえたことなどありません。親が押し付けた店に行けることを「ありがたく思いなさい」というノリでしたので。

ひとりっ子がかわいそうであるとすれば、それは兄弟姉妹がいないから、では決してない。
親が「我が子がひとりっ子」であると過剰に意識することで、子どもらしく過ごせなくなることが最大のツラさなのです。

# by cocue-cocue | 2021-05-05 08:17 | 親への違和感 | Comments(0)


見守られず、見張られて育つ

子供たちが育つに連れ、子育ての価値観の違いが如実に出ていて、我が家では悪い影響を及ぼしている気しかしません。

そのひとつが、子供をどこまで監視するか、です。
たとえばお小遣い。
私は、自分がそうやって育ったように、初めは1週間ずつ、小遣い帳の記録と残高を親に見せてから、次の週の分を子供に与える、という仕組みを考えています。
いずれは月極めでもよいですが、最初はいきなりまとまった金額だとうまく使えない可能性があるから、です。

しかし夫は猛反発。
そんなめんどくさいやり方は良くない、と言います(モノグサが服を着ているような人です)。

じゃあどうやって我が子に、小遣い帳で管理する習慣を身につけさせるつもり?と聞いても、明確な回答はありません。要は、なあなあなんですよね。

私からみれば、夫は子供を監視しなさすぎるのですが、夫から見れば、私は子供を監視し過ぎだそうです。

でも、それが当たり前だったから、仕方ないではありませんか。

私自身、親から温かい眼差しを向けられて育てられていません。 常に監視の目が光る中、「親はあなたのことなど、すべてお見通し」と言われて育ちました。
大人になってからも、私の留守中にあちこち捜索をされていたと、第三者から聞いたこともあります。

本当に残念な育てられ方をしていまして、反面教師にしたものの、その結果、我が子は自分よりあらゆる面でレベルが低かったりもします。これは私にとって挫折ーーつまり、親の育て方のほうが私の選んだ子育てより正しい、という証明になってしまっているのです。

見守りたいけど、見張らなきゃいけない、だなんて。

本当は、見張るような親じゃなく、見守る親でありたい、と思っているのに。

悩みはつきません。

# by cocue-cocue | 2021-04-30 02:36 | 親への違和感 | Comments(0)


またまた、重なりました!

またまた、重なりました!_d0181948_12503956.jpg

以前、目玉焼き乗せの焼きそばが揃ったことがありました。
今回は第2弾。
ハンバーガーのテイクアウトです。

こうやって並ぶと、偶然っておもしろいとつくづく感じます。
私も食べたくなりそう〜

# by cocue-cocue | 2021-04-20 12:50 | Comments(0)


これは果たしていいことなのか

ブログの流し読み、が息抜きになることがあります。
オピニオン系も大好きですが、女子のキラキラブログが流れてくることもあり。

そんな中、ある日気づいたのです。
フィクションのブログって、見抜けるわ、と。

インチキといってしまえば、運営者に失礼にあたりますが。逆にそこまでフェイクを貫いている姿に頭が下がります。

属性のなりすましもあれば、買ってもいないものお買い上げだのお迎えだの言って画像をアップしている例もあり。
他者を演じること自体が楽しみなのかな、と思ったりもします。

面白さがあればよいですが。現実から目を背けたくて、不都合な真実をひた隠しにするための演出であるとすれば、痛々しい限り。

まあ、考え方を変えれば、物語を作って自ら演じながら発信している、というマルチな創作活動かもしれません。

# by cocue-cocue | 2021-04-16 21:39 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧