日々是呼吸


タグ:選ぶ ( 137 ) タグの人気記事



頭のシートベルトをゆるめてみました

今回の家族旅行は飛行機で往復しました。
乳児は膝の上なので、座席は三席。幼児を大人が挟むかたちで座りました。

往路のはなし。

離陸後、乳児が姿勢を変えて、シートベルトを締めていると苦しくなり、バックルを外し、そのままにしていました。

客室乗務員に、注意されました。
シートベルトは常にご着用下さいと。

確かに外したままだったのは、うっかりでした。
でも、苦しかったんだ~少なくとも、バックルを外したときは。そうしないと、体が締め付けられて身動き取れなかったんです。

こっちもそんな事情があったのですが、弁解するのもカッコ悪いし、黙って指示に従ったのでした。

*****

復路のはなし

幼児が自分でシートベルトを着けたがったため、ベルトの長さがゆるんでいることは気がついていました。

夫はこの手の作業が上手くないので、見えていたとしても、充分に締めることができません。
(いつもバッグのひもがねじれていても平気な人なのです)

私が直してやればよいとも、分かっていました。

でも、膝に乳児を抱えて、自分がシートベルトをしたままで、隣の席の子供のベルト調節は肉体的に困難でして。

まあ、いいや。

放置していたら、案の定客室乗務員に注意されました。

「ベルトがゆるんでいます。きちんと締めてください」

今までの私なら、一言弁解せずにはいられなかったでしょう。

または、夫か子供に「ほら、だから注意されたでしょう?きっちり、締めないからよ」くらいの小言はいったはず。

ところが、今回は、黙っていられたんです。

*****

自分で気が付いたのです。

人から責められないように、そのことばかり考えて私はこれまで生きてきたんだということ。

つまらないことで注意されたり、やり直しを命じられるのを、ひたすら避けたかったんです。

一義的には、後ろ指を指されるようなことはするな、という、母親からの強いプレッシャーゆえ、ですが。

(もうひとつは、発達障害のために社会のルールが飲み込めず、独自ルールを貫こうとしては批判される父親の姿が、本当に恥ずかしくていたたまれない思いを重ねたことの反動です)

夫や子供に対して、この手のことではしょっちゅうイライラしていたのです。

私に恥をかかせないでちょうだい。

これだけ指摘されたり注意されたりして、なぜ平然としていられるの?

何度も何度も言われているのに、改めないなんて。懲りてないの?


****

頭の中のシートベルトを、ゆるめてしまったんです。

シートベルトの締め方が不十分であるためにもっとも困るのは、いったい誰なのかを考えると、飛行機の場合は、自家用車に乗るときとは明らかに異なるのです。

だったら。
もっとも困るひとが、困らなくて済むように注意するのは当たり前。

苦しい思いをして体をひねってまで、言われる前にやってあげる必要、ないのでは。

できる限りのことをすれば、こちらとしては充分なのです。
そこから先は、できないんだから、仕方ないわけだし。

そんなわけで…

もちろん要求通りシートベルトを締めましたが、注意されたこと自体は右から左に受け流すことができました。

****

自分で自分の首を締めていたから、注意されることに過敏に反応していたんだと痛感したのです。

ゆるめてしまえば、楽チンですね。
夫はいつも、この世界にいるのかも。だから、私の言葉は全く響かなかったのですね。性懲りもなく繰り返すのはそのためか…

ふざけたことを書いていると誤解があればすみません。膝に10キロ超の乳児を乗せたままで自分や隣人のシートベルトの操作をするの、本当に苦しいんですよ。

全日空札幌便の乗務員さんを批判しているわけではありませんので、念のため。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-09-23 01:40 | Comments(0)


お知らせ)しばし、コメント自粛します

今回は事務連絡です。

ブログを通じて親しくさせて頂いている皆様へ

当面の間、皆様のブログに、私からコメントを書き込むことを、自粛させていただきます。

大半の方のブログには、更新記事の拝読に伺いますが、そのまま素通り致しますことをお許しください。

当ブログは従来通り、承認制でコメントを受け付けております。

今回の判断に至ったきっかけについては、営業妨害にならない範囲で、いずれまとめたいと考えています。(やめるかもしれません)

歯切れの悪いエントリですが、ご了承下さい。

cocue-cocue
[PR]
by cocue-cocue | 2013-09-03 23:20 | しないときめたこと | Comments(4)


服の謎)マンネリ?奇をてらう?

服屋さんで気に入ったものを見付けたとき。
試着して、ふと思うのです。

「また、同じような雰囲気の服を買おうとしている」

****

あるとき、紺ベースに赤と緑色が入った、細かいペイズリーのパンツを穿いていました。

その日、試着室に持ち込んだのは。

赤と緑、紺の植物柄のシャツ。

紺色に緑色が少し加わった、ペイズリー柄のワンピースでした。

****

この三着を、同時に身に付けることはあり得ないとはいえ、何だかいつも、同じような色みという印象はまぬがれません。

どうしたものやら。

****

どちらにも、色違いの服がありました。

シャツは確か、カラシ色が入ったものと、さらに別の組み合わせの色でした。

しかし、他の二品には、全く心が動きません。

****

ワンピースは、アイボリーベースで、全く異なる雰囲気の色違いも試着してみました。

よくいえば、新鮮な印象です。

「似たような色合いより、せっかくなら目新しいほうが良いのではないか」

そんな感想を店員さんに伝えたところ、「ご自身にしっくりくるほうが、よく着ると思いますよ」との答えが。

そんなもんかなあ…と思いつつ、慣れた(無難な)色合いの方を選びました。

*****

結果的に、そのワンピースは、かなりよく着ています。

今はもう、デザインをおぼろげにしか思い出せないのですが…
もうひとつの私には「斬新」な色合いの方を選んでいたら、あまり活用できなかったんじゃないかな、と感じるのです。

****

思ったよりよく着ている理由のひとつが、手持ちの小物と合わせやすいこと。

勝手知ったる色合いなので、いつものバッグや靴、羽織ものが馴染みやすいのです。
単に、自分の目に慣れているだけかもしれませんが…

マンネリを打破したい、そんな気持ちで服を選ぶこともありました。
結局は、いつものパターンに回帰しているのです。

皆さまは、脱マンネリ派ですか?


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-08-30 19:25 | 身に着ける | Comments(0)


服の謎)どうでも良い服って?

減らしても減らしても、まだまだ手持ちの服の数は多すぎる、と感じます。
それも、お出掛け用ではない服が、なぜか滞留しているのです。

****

出産以前の衣類は仕事着がメインで、休日服に事欠いていました。

なるべくラフな服を選んで出掛けても、友人に「今日は会社帰り?」と言われてしまうような…

旅行に出掛ける前に、旅行用と口実を設けて、買い込むことでしのいでいました。

子育て生活に入り、産後の体型や暮らし方の変化に応じて、普段着の数はある程度増えました。

ところで。

私の衣類には、謎の一群があります。

名付けて「どうでも良い服」です。

****

安く手に入れたTシャツ。
主に母のお下がりで、かつてはおでかけ着だったらしいもの。
10代の頃から所有するもの。

不思議なもので、この一群より後に入手したのに、お役目を果たしたり流行が終わったりして、手放した服はたくさんあります。

この一群だけはなぜかまだ、居座っているのです。

*****

いったい、いつ着る服なのでしょうか?

自分では、汚れても構わない服と位置付けているので、大掃除やペンキ塗りくらいのときに使えるかな?と考えていました。

実際どんなときに着ているのかというと…

今日はもう、外にはでないとか。
体調がすぐれず、でもパジャマのまま過ごしたくないとか。
外出から戻り、入浴までのつなぎに着るとか。

ようは、かなり日常的な部屋着として使っているのでした。

****

そもそも、ペンキ塗りなんてしません。

引っ越し当日は人に会わない訳でもなく、そんな「どうでも良い服」で過ごせることはありません。

想定している利用シーンと、現実に着用する場面が、こんなに解離しているとは。

全く自覚がありませんでした。

****

たしか「こんまり」さんだったか、部屋着にこだわりを持たれていて、外出着を部屋着に下ろすのは良くないとおっしゃっていました。

汚れても構わない服が必要な場面も、ありうるでしょう。
とはいえ、自宅で「どうでも良い服」を着て過ごすことって、果たしてどうなのでしょう?

****

体調がいまいちでも、おでかけや人と会う予定がなくても、私の人生のかけがえのないひとこまであるのは間違いありません。

そんなときに「どうでも良い服」を身に付けて平気という感覚は、やっぱり見直したほうが良いのでは。

****

「どうでも良い服」をよく振り返ると、私が独立する前にあてがわれた服ばかりでした。

自腹を切っていないから手放せない~の呪縛でしょうか。

はたまた、母から受け継いだ行動パターンでしょうか。

後者だとしたら…
「家は楽屋」と見なしている、外面重視の見栄っ張りな行動様式にほかなりません。

人目を意識するのは大切ですが、人目だけにとらわれて自分の快適さや日常生活をないがしろにするのは、違うんじゃないかなあ…

母と最後に会話して、何ヵ月か過ぎました。
距離をおいてようやく、冷静に我が身や振る舞いの歪みに気付けたのかもしれません。

そんなわけで…
どうでも良い服、手放していきます。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-08-20 21:25 | 片付け・整理整頓 | Comments(2)


美味)定番化したい「そうめん」レシピ

週末のお昼ご飯は、品数を増やさず、でも素っ気なくないものを作りたいと思っています。

暑いのでそうめんか冷や麦、でも、冷たい麺にちょっとした薬味だけだと物足りない。

そう思って調べてみて、作る前から「これは絶対に美味しい」と確信したレシピを見つけました。

滋賀県は長浜の名物、焼きさばそうめんです。

簡単に言うと、焼いたさばを醤油やみりんなどの調味料で煮て、引き上げたあとの煮汁で、茹でたそうめんを煮る、というものです。

私はこちらのレシピで作りました。

とても美味しく、かつ満足度が高かったです。

いろいろ調べると、山椒の葉を載せても良さそうです。
(我が家は青ネギを切らしていたので、水菜を添えてみました)

焼きさばを煮る、ということは、必ずしも焼き立てのさばを使わなくても作れるのでは?と感じました。
さばを焼いて冷凍したものを、再度加熱しても、焼き立てにはかないませんが、焼きさばそうめんに使うのなら問題ないかも。

手軽に作れそうだから、この料理のためだけに焼きさばを作りおき食材に加えたいな、と考えていたら~

もともとは、農作業が忙しい5月に、娘の嫁ぎ先に焼きさばを差し入れる習慣から生まれたご当地料理とのこと。
やはり、忙しくて調理に手が回らないけれど、栄養が必要な時期のお食事だったのね、と納得した次第です。

長浜といえば、鯖街道近くの町ですものね。

現代なら夏でも冬でも、美味しくいただけそうな一品です。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-08-13 14:50 | Comments(0)


子育てミステリー)母親ならではの、自己規制?

夏になる前に書いておきながら、アップしていなかった内容です。
遅ればせながら、ご紹介します。


洗剤を買いに出掛けたお店が、日焼け止めシリーズの販促キャンペーン中で、購入を勧められました。

医師から紫外線を避けるように言われている身であり、買おうとは思いつつ、まだ探してもいませんでした。

勧められたのは、日焼け止めにしては比較的、高価格帯の商品です。

今日の目的は洗剤だけだったのに…
正直、セールストークに負けて買うと言うのも、抵抗がありました。

****

同じシリーズで低刺激の、子供向けの商品は、迷わず買うと決めましたが、自分用は躊躇したのです。
別に子供と、日焼け止めを共用しても良いかな…という思いも、頭をよぎりました。

****

はたと、我に返りました。

贅沢でも無駄遣いでもない、使うものなのに、なぜ私は、ためらうのだろう?

自分にはもったいないと、遠慮しているのではないか。

何万円もかかるわけでもないのに。
日常生活で使うのに。

肌を守るという意味では、長い目で見ても大切なものなのに、何をとまどっているのか。

思いきって、というには大袈裟ですが、買いました。

****

紫外線予防を医師から言い渡されていたことに気づいたのは、このエントリを書き始めてからです。

美容どころか健康にかかわることだったのに、投資しないで済ませようとしていたとは。

自分をないがしろにしすぎていたと、反省です。

明日からは、UVケアします。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-07-21 00:25 | こころと思い | Comments(2)


切り替わった気分が、持ってきてくれたもの

前回の続きです。

数分足らずの、机の片付けを終えて、湯を浴びました。

シャワーでさっぱりしながら、急にこんなことが心に浮かびました。

新しい住まいに移るとき、お風呂場のものは、ほとんど新調することになるよね。

何を買い換えることになるかな?

****

髪を乾かしてから、付箋に書いていきました。

お風呂のたらい、いす、ボディタオル…掃除用品も、新しくしたい。
あ、バスタオルも新調しよう。

そうそう、どんなバスルームだと、疲れがとれて、リラックスできるかしら。

イメージカラーは?
内装は?

想像はどんどん、膨らみます。

****

私たち一家は、いつかは転居することになっています。

裏を返せば、転居の時期は、いつでも良いわけです。
これまでは新たなご縁がなく、今の住まいにお世話になっています。

****

どれもぴんと来ない。

間取りのチラシを見たり、たまには内覧してみながら、ずっとそう思っていました。

そうじゃなかった!

ひらめいたのです。

私たちのなかに、求めるイメージが明確になっていなかったからだ。

だから、見つからなかった、いや、見付けられないんだ。

****

机の一角をほんのすこし片付けたら沸いてきた、エネルギー。

どうしたら、より良く暮らせるか。
壮大なテーマにつながるような、ささやかな気付きが、次から次へと浮かんできました。

夕方までの、落ち込んだ心身は、もうそこにはありません。

*****

やはり人は、楽しいことを思い描いてこそ、前向きになれる。

それから…

あるものを手に入れようとしたとき、そのものを通じて何が得たいのか、それなしでは前に進めない。

そんな、違う次元の考えが、真夜中の私のあたまを去来しました。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-07-20 01:20 | こころと思い | Comments(2)


あな吉手帳術) 付箋のチカラ

以前からGTDやら「夢ノート」、願いごと手帖の本を読むのが好きでした。
ひょんなきっかけで、浅倉ユキさんの「あな吉手帳術」を試してみようと思い、先週から取り組んでいます。

私なりに理解したあな吉手帳術のキモは
「付箋に書きだす」
「週間予定を管理し、すきま時間を把握して活用する」
「情報を一元化する」
です。

そのうえで
「実用一辺倒、間に合わせではなく、手帳そのものに愛着が持てるように」
「自分にあわせて手を加える」
かな、と感じました。

元からルーズリーフやシステム手帳など、ファイルとリフィルを組み合わせたものは苦手で、絶対にここで挫折するのは目に見えていました。

まずはリング綴じのA5ノート(動かせるインデックスシート付)を買いました。
週間予定のページはてがきで作成し、本に沿って予定の部分を四角で囲みました。

手持ちの紙付箋に用件を書き、まとめて出来ることは合わせて処理するなどしてみました。

*****

頭をよぎったことを書き留めて、手帳という定位置に貼っておく。

貯まってきたところで、同時に処理できたり、道中で済ませられたりする用事を、もれなく把握して、やってしまう。

頭のなかでとどめておかず、書き出して、改めて見渡すことで、同じ時間でできることがぐんと増えた、そう実感しました。

続きます。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-06-25 13:45 | お手入れ | Comments(0)


乳児あり母の、自分の靴選び

ここのところ、ブログの更新意欲が不足ぎみです。
いろんな方のブログにはおじゃまするのですが、こまめに更新されていると、単純に嬉しいですね。
軽くアップしていけると良いんだろうなあ、などと感じます。

*****

乳児がいると、外出先で靴を脱ぐ機会がとても増えます。

靴を選ぶときに「脱ぎやすさ」を基準にするのは、家に土足で上がらない日本人の特徴だと、靴屋さんのサイトで拝見したことがあります。

欧州あたりですと、脱げにくいことを重視するとのこと。

子ども向けの靴選びだと、日本人は「どうせ大きくなるんだから」というセコさから、さらに本来よりも大きめを選びがちだそうです。
日本人の親は、ドイツ人やイタリア人からは考えられないくらいに大きいサイズの靴を、子どもに与えてしまっているようですよ。

*****

話が脱線しました。

期間限定とはいえ、子どもの遊び場や、図書館の絵本コーナーなどにあがるとき、乳児を抱っこして脱ぎはき出来る靴、となると、デザインに限りがでます。

動きやすそうに見えて、意外とスニーカーは不便だったり。

ヒールが危ないと見られがちながら、実は安定感があるためウェッジソールは履きやすかったり。

個人の好みはありますが、乳児の親の靴選び、ちょっと特殊です。

ようやく梅雨らしい雨空が見られるようになり、なるべく蒸れにくい靴が欲しくなりました。

ええ、毎日履く暮らしは期間限定ですから、もったいないとも言えますが、今目の前でかなり使い込むと分かっているだけに、やはり、欲しいんですね。

*****

まずは徒歩圏にある、商業施設で探しました。

ここからが本題です。

(前置き長すぎ…)

Aという名前の、靴チェーン店で試着しました。

あるデザインの靴は、数色展開でした。
私のサイズは標準的なので、色によっては在庫わずかとなっていました。

片っ端から足をいれてみると、同じ型番の同じサイズなのに、色によって履き心地が全然違うのです。

それどころか、同じ色でも、ばらつきがあります。

前回のエントリで、日本を代表するカジュアルアパレルのパンツの話を書きましたが、同じ経験をするとは。

生産ラインの関係なのか、調達ルートの多様化が一因なのか。
そもそもファッションアイテムは、ある程度フィット感に差があるものなのか。

疑問は尽きませんが、これまでは「日本製は」または「日本のメーカー品は」という文脈で、ばらつきのないものづくりが礼讚されていたような気がします。

日本企業も、グローバル化した、ということでしょうか。
かつてのような緻密な検品を手放したのか、はたまたできなくなってしまったのか。

結局、履き心地がしっくりきた靴の色がいまいち気に入らず、逆にいいと思う色の靴は足に違和感が残り、買うことは諦めました。

カジュアルの本来の意味合いではないでしょうが、廉価品はそんなもの、と割りきらなくてはいけないのかも知れませんね。

靴探し、まだまだ続きます。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-06-12 00:45 | 身に着ける | Comments(0)


同一アイテム、別サイズが体に合う?~ボトムス購入記

昨年は産婦、一昨年は妊婦だった私は、今年ついに体に合うボトムスがないという状態に直面しました。

歩き回る乳児を追いかけ回す日々は、職場に戻れば終わります。
期間限定と割り切って、とあるカジュアルアパレルでパンツ類を調達することにしました。

自宅最寄りの店舗ではなく、大型店と呼ばれる店にて、乳児が昼寝中なのを良いことに、あれこれ試着しました。

(余談ですが、切羽詰まって通販で購入して失敗したことがあり、ボトムスは試着できるところで買うことにしています)

クロップトパンツのネイビーが気に入り、二つのサイズを試すと、いずれも小さすぎ、大きすぎとなりました。

諦め半分に、色ちがいのパンツを試してみると…あるサイズが、ピッタリあうのです。

あれえ?

また別の色を試着すると、今度は先ほどネイビーだと大きすぎだったサイズがフィットするのです。

色ごとに差があるのか?
はたまた、品ごとにサイズのばらつきがあるのか?

同じブランドでも、デザインによってしっくりくるサイズが異なるというのは、有りうるでしょう。

今回の場合、ブランドがグローバル調達を進めた結果、工場によって完成品のサイズがまちまち?

お値段なりの買い物だから、そんなもんだと言えるのかもしれませんが…

体に合った品を結果的には選べたので、不満は残らずとも、どうも腑に落ちないままです。




★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-06-04 00:45 | 身に着ける | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
スマホ機種変で思わぬ発見
at 2017-10-30 15:56
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧