日々是呼吸


タグ:選ぶ ( 134 ) タグの人気記事



飲み物の好みに新局面

 実家にいた頃は煎茶しか、麦茶やほうじ茶、昆布茶など敬遠していました。

 もっぱらコーヒー党ですが、ひょんなきっかけでほうじ茶が無性に飲みたくなり、口にしてみたら、あら香ばしくて美味しいこと!
ペットボトルを買うだけでは飽きたらず、ティーバッグも買ってみました。これで職場でも楽しめそう。

 少し前には黒豆茶がブームでした。空炒りした黒豆に熱湯を注ぐと、これまた香ばしくて。おかわりを重ね、最後はふやけた黒豆も平らげるのです。

 雑誌で見かけた青じそ茶。ハーブティーは正直、あまり好みではないけれど、美しい大葉を見かけて思いきって購入。4つにちぎった葉を数枚、マグカップに入れて、熱湯を注ぐと、こちらは爽やかな香りが広がります。胃に効くような解説をどこかで見かけましたが、味ももちろん、この香りがリラックス効果をもたらしそうです。

これまでなら見向きもしなかった飲み物を試そうと感じ、美味しく味わう自分が、年を重ねて変容したのか、進化したのか、どちらでしょう。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-10-01 20:47 | お気に入り


自分の身体の声を聞く

 熱中したり、作業に急き立てられるとき、つい生理的な欲求を後回しにしてしまいがちです。

 喉の乾き、空腹を皮切りに、睡魔や倦怠感など、自覚しないと気付いていても何とかやり過ごそうとしてしまいます。

 気分よく過ごすのが引き寄せの秘訣でもあり、自分の心や身体の訴えには、耳を貸したいところです。

 素直に、なりなさい、ってことかな。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by cocue-cocue | 2015-08-27 09:28 | こころと思い


自分の顔は、好きですか?

 私は思っているような顔じゃない、そう自覚したのは幼稚園の頃。集合写真を見て、一人だけ写っている知らない子が私だとわかった時のショックは、今でもありありと思い出せます。

 子供を育てていて、幼い頃の自分の写真を見ると、常に何かにおびえたような、萎縮した顔をしていて。私は仕事をしているため、子供には十分な時間や手間をかけてやれてはいませんが、あのおどおどした私のような表情をしていないところから見ると、子供たちは順調に育っているのでしょう。

 中学で女子校に入り、男性の目を意識する共学の女の子のような、鏡とにらめっこして決めポーズを練習することもなく、気がついたら自分の顔に無頓着になりました。
 いつからか、自分は童顔だと気が付き、可愛らしさを求めつつ、でも何かが違うと迷いが消えませんでした。

 好意を寄せてきた男性が、大人の女性よりは女の子を好むパターンで、どこか丸くてくりくりしたイメージを求めていたようにも感じます。

 ところが。
 あなたは美人タイプですという人が現れました。

 ???

 何いってんだろ、それが素直な感想でした。半信半疑どころか、全否定の勢いです。

 でも…もしかしたら、私が自分の顔を好きでなかったのは、私が本当は可愛らしさと隔たりを感じていたからだとしたら?

 美人前提?で鏡を見ると、私は可愛くなくても良いって思えるようになりました。
 実は横顔が大嫌いで、見ていてイライラするほど。自分の顔を直視しなくてすむことが、本当に救いでした。

 世の中には、自分は美人と決めてかかっている人もいます。歌丸師匠にそっくりなのに、美人と言われている人もいて、これはもう、思い込んだもの勝ちなのかも、と最近は感じたりして。

 ようやくここへきて、自分の顔を嫌わなくてすむようになった気がします。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-08-22 00:30 | こころと思い


手持ち夏服、着用強化月間

 暑い季節、汗も気になるし、洗濯してもすぐに乾くからと、気楽に着替えるわりには限られた服を順繰りに着ているだけのようですが。どういうわけか夏の自宅服は、たくさん持っていました。

見ているとお気に入りに思えるものの、果たして本当なのか疑わしくなります。しかしバサッと手放すこともできていないことに矛盾を感じていました。

これはもう、片っ端から着てみようと思い、帰宅後あえて頻繁に着ない服に着替えてみることにしました。

悪くはないけど、何か違う、とか。
着心地はよいけれど、この格好なら確実に家の外は歩けないとか。
思わぬところにシミや毛玉ができていたり。
違和感がどんどん浮かび上がってきたのです。

どれも着て着れなくはない服ばかり。でも、これを着ないと困るのかと自問すると、全然困らない。むしろ所有しているがゆえに、なんとか活用しようと無理する感じでもありました。

これぞまさに、お別れ時なのでは。

さっそく、三枚のトップスが旅立ち、一枚はこの夏が終わったらさよならすることに決めました。

まだまだ、手を着けていない夏服の在庫があるので、この調子で仕分けして、愛用できそうな服を選んでいく予定です。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


[PR]
by cocue-cocue | 2015-08-17 01:38 | 片付け・整理整頓


疾病利得 人はしたくないことは病気になってでもしないで済ませる

 それは義母の母親がいよいよ危ないという連絡が来た頃でした。
 持病のメニエールに加えて、義母は腰を痛めて整形外科に通い始めました。ほどなく、遠距離移動にドクターストップがかかったのです。

 義母の生家には、飛行機か山間部を走る特急列車を使わなければ行けません。気圧変化を避けるためと、同じ姿勢を保ってはいけないからと、両方の症状から長旅を禁じられました。
 死に目には会えず、義母は母親の葬儀も不参加でした。

 母親の寿命が迫って動転したわけではありません。
 彼女は、実母に二度と会いたくなどなかったのです。そのためにダブルで医師の禁止を得たのです。
 その証拠に、実母の一連の行事が終わってから、体調はすっかり回復し、元気を取り戻したのでした。

~~~~~

 どうしても法事に行きたくない、友人はそう訴えていました。貴重な週末をそんなことに割きたくないと。
 当日朝に現地入りすることにして、別の空港まで飛んで、その町に一泊することにしたと聞いていました。

 直前の金曜日、体調を崩して欠勤、結局法事は行けなかったと言います。

 どうしても逃げ出したいのにうまくいかないとき、人は病気を招いてまで、行かずに済ませるものなのですね。これぞ究極の、自己防衛なのかもしれません。




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


[PR]
by cocue-cocue | 2015-07-19 15:57 | しないときめたこと


お買い物!

d0181948_00492463.jpg


一目惚れしたのは、こんがりブラウンのミニトートでした。

わざわざ出直して品定めしていたら、店員さんに「お客様の雰囲気はこちらです」と言われて、手にしたのがこのピンク色。

どういうわけだか、ピンクはよく勧められる色で、母親が忌み嫌い「あなたには全く似合わない」と言い聞かされ、忌避してきた色でもあります。

もう、母親より客観的な第3者の声に耳を傾けたい。

それから、この買い物は、とある人の質問に回答して「秀逸です」とお褒めのことばをもらった記念でもあるのです。

スイートな記憶ですから、やはりピンクがふさわしいでしょうか。

末永く愛用したいです。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-04-25 00:44 | お気に入り


起きて欲しいことだけを想像する

 秦由佳さんのブログで拝見したメッセージです。

 防衛本能にやられがちな人間はつい、起きたら困ることを思い浮かべがち。
それをやめてみよう、という提案でした。

秦由佳さんのブログエントリ

そういえば…私は嫌なことが起きると、とりつかれたかのように、そのことを思い出してはイヤな気分を再現していました。

うれしいことを、いろんな人に話したりもするのですが(のろけ?)、これから起きて欲しいことって具体的に想像できていませんでした。

現状に不満を抱き、脱出したいとは思うものの、脱出さえできればどうにかなると期待しているのか??というくらい、無計画、展望なしでした。

こうなれば良いな、をもっと積極的に描けたなら、日々の充実感は大きく変わってくるのかもしれません。

妄想の世界かも知れないけれどね(笑)




 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-03-07 01:30 | こころと思い


アーティスト、の私

モーニングページという毎朝三ページのノートに書き込む習慣のせいか、はたまた終わった夏の激動の最中、身体を動かさないと自分は壊れると思ったからか、長年のささやかな夢のひとつでもあった習い事を始めました。

通っているのはとある踊りの教室です。
基本から学びたいと思いつつ、なかなかクラスが見付からなくて。ひょんなきっかけで見つけたのを機に、思いきって参加してみることにしました。

最初のレッスンのときは、慣れない空間に戸惑い、ひるんだのですが、音楽に合わせて身体を動かすうちに、やっぱり来てよかったとつくづく感じた次第です。

人間は生き物なので、やはり動いてナンボかな、などと言いつつ。
クラスには年配の方も少なくないので、長く続けられる趣味になりそうです。
先生はチャーミングで素敵な方ですし。

モーニングページを紹介しているジュリア・キャメロンさんの著書「ずっとやりたかったことを、やりなさい」の原題はThe Artist 's Wayといいます。
私の中のアーティストは、どうやら踊り子だったみたいです。

始めて間もない習い事ですが、末長く続けていきたいですね。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2014-10-05 15:15 | お気に入り


優しい毒(香りの記憶)

 いろんな香りに目移りしながらも、自分の定番が欲しいと思って、20代の頃に愛用していたのが、この香りです。

優しい毒という名前は、一世を風靡し派生したあの香水の妹版だから、とも言えそうですが。
優しいのに、毒、という魅惑的な名前の通り、いつまでも深呼吸を続けていたいくらいにお気に入りの香りでした。

他の香りとは異なり、私にとっては特定の出来事や場面に結び付くものではありません。
あの時代から変わらない自分の何かを思い出す、そんな香りです。

緑色の曲線のボトルは、私にはりんごのような果実をかたどったように見えました。
禁断の、ではありませんが、何かこう、華やかなだけとまで言い切れない、妖しげにして離れがたい香りです。

まだ見ぬ誰かにとって、私もそんな存在でありたい。愛用していた頃の私は、そんな期待をもこめていたかも知れません。

*****

残念ながら廃盤になってしまったとのこと。
時代が変わったということなのでしょうか。
当時この香りを愛用した世代が、今なお使い続けてもらっては困るなにかがあるのかもしれません。

またいつか、帰ってきてほしい、思い出深い香りです。

ディオール TENDRE POISON


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2014-08-13 08:05 | お気に入り


奇跡、ホントにスゴい!(香りの記憶)

恋に落ちるとき、人はなぜ、いつも初めてのように、ドキドキするのでしょう。

なぜ、恋に落ちたきっかけを、振り返って何度も確認しようとするのでしょう。

****

本当に幼い頃、年月が流れてから、再び同じ人に恋心を抱いたことがありました。

どこか現実離れしていたはずですが、あのドキドキが再来し、切ないくらいに胸いっぱいになりました。

幼すぎて、気持ちの伝え方も、あふれる思いの持っていきようも、お互いにまだ、よく分かっていなかったのでしょう。

沈丁花の香りのごとく、辺り一面に広がっていたのに、気がつけば、もうその短い季節は過ぎ去っていた、そんな思いでした。

****

その人と初めて出会ったのは、10年あまり前でした。
仲間の一人、でしたので、皆で何度も食事に出かけたものの、二人きりで話したことも、その活動で一緒になったこともありませんでした。

社交的な人でしたが、私は決して親しくはならず、知り合いというよりは「知っている人」の一人に過ぎず、街ですれ違っても会釈するかしないか、その程度でした。

***

わりと短い期間で、私はその活動から離れました。
その人は数年間、他国で過ごしたものの同じ活動を続けていました。

一度だけ、私の新しい分野での活動のため、その人に助言を求めて国際電話をかけています。
親しくもなかった私の電話は迷惑かなと思いつつ、事務的や応対よりは親切に、丁寧に教えてもらうことができました。

***

私の所属するチームの新メンバーのリストに、その人の名前を見つけたとき。

まさか、こんな日がやってくるだなんて、誰が想像できたでしょうか。

悪い人では決してないけれど、自分のペースで周りを巻き込む彼は、苦手とまでは言わずとも、肩の力を抜いて接するには、私にはちょっと荷が重い相手でしたから。

***

一緒に取り組んだプロジェクトのため、交わしたことばとメールはどのくらいになるでしょう。

突発的な出来事に振り回され、壊されかけたチームとプロジェクト。
戦う彼の姿を見ているうちに生まれた連帯感がやがて、昼に夜に、平日に限らず週末も、やりとりする仲になっていくのは、偶然の結末か、はたまた必須だったのか。

プロジェクトのため遠方に出かけて、二人で2日間過ごすことになったのは、チームのもう一人が体調を理由に離脱したのがきっかけでした。

***

こんなとき、普通は、どうするのでしょう?

プロジェクトの時間が過ぎれば、あっさり別行動なのか、少しは一緒にいて、常識的な時間でお開きなのか。

ガンガン飲んだり、歌ったりして遊ぶのか。
その場かぎりと割りきって一夜を共に過ごすのか。

私たちが選んだのは、いずれでもありませんでした。

話して、話して、話して。
とにかく、話しました。

話しても話しても、尽きません。
話題の前に体力がつきて、お開きにしたのは外も明るくなった頃。
                  
追い出すこともしなければ、踏み越えることもなく。
軽く引き留められながら、時には絡まれたりして、明け方まで過ごしたのでした。

***

何か特別なことが起きたわけでも決してないのに、私たちは、もはやチームの仲間以上の間柄だと思います。
何かの一線を越えてしまった。そんな相手になったのです。

***

どうしても、奇跡が起きてほしい。

そんな出来事がふりかかってきました。

いつか笑って振り返ることができるかもしれない。

そんな日が来ることを祈って、二人のパートナーシップが長く続くことを願って。
この香りは私の気分を明るくし、寛がせ、前を向いて歩むことをさりげなく指南し、そしていつもそばで見守ってくれています。

まるで、その人のように。

ランコム
ミ・ラ・ク ソーマジック!
[PR]
by cocue-cocue | 2014-08-10 05:30 | お気に入り

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
すっきり気分で、捨てられますか?
at 2017-03-19 18:00
家で休めていないとは。
at 2017-03-19 15:05
試練の日々
at 2017-03-15 01:23
■ 処分レポート 3月5日
at 2017-03-06 00:43
決めた未来の思い出
at 2017-03-05 11:56
最新のトラックバック
ブログパーツ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧