日々是呼吸


タグ:断捨離 ( 67 ) タグの人気記事



断捨離というほどではないですが

久々に、片付けのための時間を少しだけとり、不用品を処分しました。

愛着はあったけれど使い込んで古びたポーチとか、使う前に古くなっていたものとか、最初はアイテムを決めて作業するはずが、気が付けばランダムに捨てるものを選んでいました。


両親とも使えるものを捨てない、使えなくなっても「何かに使える」と保管する人たちのため、今なお捨てることに後ろめたさを負わされています。

しかしながら、要らないものはいらない、関わっていたり、管理したりする手間暇が惜しい、そう考えると、意外なものが簡単に捨てられたりします。これは本当に不思議。

遠くない将来、住まいが替わることは間違いないので、今から少しずつ身軽になっておきたいところです。

あるときは靴だったり、衣類だったり、書籍だったり。
捨てブームは不思議な形で現れますが、少しずつ進めていきたいです。

おっ、久々にこのブログを始めたときのようなエントリ。




にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by cocue-cocue | 2015-08-01 15:35 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


鞄祭り

 新年度に向けて、自宅も整えたいと思いつつ、なかなかはかどらずにいました。
 大きなビニール袋につめたごみや不用品を何度も処分したのに、目に見えて減った感じになりません。
 
 どうにもこうにもならず、思いきって私の弱点でもある、バッグ類を集合させ、全て出しては仕分け後に棚に戻すことにしました。

 所有していたことすら記憶にないものまであり、我ながらがく然としたり…

 単に捨てられないだけで、実は使うこともないバッグを選び出し、処分することもできました。
 大半は生き残りましたが。

 鞄は今でも大好きで、ついうっかり買ってしまいそうになりますが、それでもなお今回は総量を把握したので、ふらっと衝動買いには歯止めがかかりそうです。

 靴のように消耗してくれたら、手放すのも容易なのですが、一筋縄ではいきません。

 達成感のある片付け、少しコツをつかみました。


 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-03-27 02:22 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


靴二足、捨てました

 地道な断捨離。

 家を探しに行く前、玄関の靴をしまおうとしたら、靴箱がいっぱい。
 何となく捨てたくなり、二足手放しました。

 ひとつは平日も土日も穿けそうな、カジュアル系の靴。でもそういう靴は結局、スーツに合わせても休日の服に合わせても、しっくり来ないのです。

 中途半端だし、私が目指す路線とも違う、そう思って目をやると、皮が破れかけており~晴れて処分です。

 もうひとつは、買ってまだそんなにたっていないけれど、履くと必ずストッキングやタイツの爪先が破れます。
 そこまでして、履きたくはないので捨て。

 昔なら我慢して履いていたのは確かです。でももういいやって。

 この調子で、さらに捨てていきたいです。




 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-03-02 22:22 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


やるときゃ、やる!

 渡りに船とは良く言ったもので、メールを見ていてBOOK・OFFオンラインが買取りキャンペーン中で、10冊から買取りしてもらえると知りました。

 サクッとネットで申し込み、24時間後に集荷してもらえることに。

 前回エントリの住宅関連本に、何冊か足せばOK、と気軽に考えていて、気が付いたら小振りの段ボールに三分の二は手放せるところまできました。

 やると決めたら、案外早かった!

 その他に「かぞくのじかん」など、もはや私の人生に必要のなさそうなテーマの雑誌類も古紙としてかき集めました。

 少し前に小説類を相当数手放したのですが、その後ほとんど読む時間を割けていないことをみると、もう一度読むかもというのはもはや幻想に過ぎないとも言えそうです。

 もう一段階、書庫の一掃に取り組めそうな予感です。

 本当は子供関連でリサイクルなども進めたかったのですが…転居する暁に仕分けから始める算段が、このような結果を迎えましたので、おそらくゴミとして全て処分する運びとなるでしょう。
 私の判断の及ばない領域となりますので。

 まあ、できるところから、かつ自分のものから手をつけるという鉄則を外さずに、うまくスイッチを入れて進めていきます。
[PR]
by cocue-cocue | 2015-02-22 00:00 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


50冊、断捨離

 久々に初心に帰った断捨離です。

 紙が多いと指摘を受け、いよいよ待ったなしかと思い、まずは書籍の処分に着手しました。

 好きな作家の書籍は次々に読まないと気がすまない私ですが、通勤距離の短縮と子供の送迎があり、結果的に読書の時間が激減。読み返しもしなくなりました。

 子育ての影響か、図書館の利用も増え、わざわざ買わなくても…と思ったり。
 その前の段階として、駅前の書店がなくなって以来、文庫本を買って時間つぶしに読むという習慣すら、なくなっていました。

 またいつか、読みたくなれば買えば良いと思い、本をたくさん手放そうと考えているところです。

 書籍が終わったら、書類を処分したいですね。
 身軽になりたい、そんな気持ちでいっぱいです。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2014-12-23 16:12 | Comments(0)


久々に、断捨離

 実は寝具やバスローブ、料理本など等、大物をかなり捨てたのですが…。報告を忘れていました。
 久しぶりに、今日処分したものを書いてみます。

★ベージュのスウェードのパンプス
ありそうでないデザインで(OZMAというブランド)、とてもはきやすく、海外出張にも使ったくらいです。
 使い込みすぎてかかとも古くなり、修繕しようか迷いましたが、本体の革がもう汚れてきていたので、ありがとうといって手放しました。

★ベージュのトートバック
某百貨店の建て替え前のセールで格安で買いました。
ある時使ってみたら、素材が劣化していて、五回も使わないうちに剥げてしまい…手放すことに。思ったより使いやすかったので、買ってすぐに使えばよかったと。後の祭りですが。

あとは傘を2本、手放す予定です。こういうのは思い立ったときに決意しないと、おそらく機を逸するのではないかと…

訳あって、荷物の処分を急ぎたいので、こまめに捨てることも心がけたいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2014-12-01 21:20 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


また、捨て始めました

思えばこのブログは、断捨離に出会って、その歩みを記録しようと始めたものでした。

今はもはや、発達障害持ちの両親に誤学習を強いられ、後天的なズレを植え付けられて社会の適応に苦労した体験を綴ることが増えました。

断捨離の過程で、自宅にあって煩わしく感じるものが、親が送り付けてきたり持ち込んできた物であると気付きました。

二人の子育てをしていて、親にされたことがあまりにも自分が親として子供に対してしたいこととかけ離れて、愕然としたこと。
結果的に「父親も母親も、発達障害だった」という仮定を立てれば全てのつじつまが合うのでした。

そして、私が断捨離した大きなものは。

親との連絡。
仕事で名乗っていた、旧姓。

この二つです。

*****

そしてまた、細々とした身の回りの不要品を、減らし始めています。

毛玉が目につくニットブラウスとか。
付き合いで定期講読していて、開封すらしない雑誌とか。
着れるのですが、もう着るつもりになれないワンピースとか。

自分がハッピーに感じないモノを、手間暇かけてわざわざ管理する必要がないこと。

それこそ「ホーダー」傾向が強い父親や母親への反発もあります。

勝手に捨てたら怒る人々ですが、幸い全く連絡も取らず、音信不通です。
奴等と同類というのは、勘弁です。

*****

まだまだ、生ぬるいことは分かっています。
しかし、少しでも手放せば、その分は着実に進歩しているのも事実。
あきらめず、取り組みます。
[PR]
by cocue-cocue | 2014-06-20 00:00 | 片付け・整理整頓 | Comments(4)


自身の母親の葬儀に出なかった、義母のはなし

このブログでは実母への違和感を綴ってきましたが、実母が見下ろしている私の夫の母親と、私は仲良しです。
もちろん、相容れない面もありますが、世間の嫁姑関係と比べると、かなり良好だと自負しております。

そんな義母の話を、書いてみます。

~~~~~

義母と私の共通点、それは、母親にあたたかい愛情を注いでもらえなかったばかりか、辛辣で非情な言葉の数々を投げ掛けられ続けたことです。

義母には兄がいて、彼女の方が成績が良かったのに「お兄ちゃんよりレベルの高い高校に行ってはダメ」と進学先の希望を叶えてもらえず、兄は四大に行ったのに「女だから」と短大にしか通わせてもらえませんでした。

同郷の伴侶と東京に暮らし、転勤も経験しましたが、義父が定年後、故郷に戻りたがるのに、断固として拒み続けました。
一因は、母親との関係があったんだろうと察します。

~~~~~

5年ほど前、義父の母親が亡くなり、義母も葬儀のため郷里に戻りました。
義母の母親はデイサービスに通って、彼女の兄夫妻と同じ敷地内で暮らしていました。
せっかくの機会だからと、滞在中に母親を訪ねると話していた義母。
面会は叶いませんでした。

「葬儀のために来るのに、ついでに会いに来るなんて良くない」と母親に断られたと言います。
なかなか帰る機会のない土地なのに、頑なにならなくても、と感じたものでした。

~~~~~

そのうち、義母は持病をこじらせ、飛行機の利用と長いトンネルの移動の禁止を医師に言い渡されました。
かなり高齢の実母にもしものことがあっても、駆け付けられそうにない、とは聞いていました。

いよいよ、義母の母親が危ないらしい、そんな連絡が入りました。
年が年だけに、いつ何があってもおかしくないと言わせていましたが、いよいよきたかという感じになりました。

その直後です。
これまた持病の整形外科の症状が急に悪化し、新たな発症も見付かったのです。
我々がお願いしていた子供(義母にとっては孫)の迎えもできなくなりました。

疲れたところに、母親の容体悪化が堪えたのかな、と感じていたのです。

もしもの時、義母は果たして、駆けつけられるのだろうか?
新たな発症は、長い時間同じ姿勢を取り続けられない、というものでした。
飛行機もトンネル通過も無理なうえ、陸路も厳しい情勢です。

どうするのやら?
気にしていた矢先、夫に義母から連絡が入りました。
「兄に、葬儀には行けないと伝えたから」

~~~~~

結局、義母の母親の葬儀には、義父が一人で参列しました。
「いちおう、おばあちゃんのお葬式だからなあ…」と悩んでいた夫も、自分の母親が欠席することから、参列を見送りました。

夫には弟がいますが、あろうことか彼もヘルニアを発症し、参列できませんでした。

~~~~~

親の葬儀に出ないという選択肢を目の当たりにし、私は勇気付けられました。
親だからという理由で、何もかも受け入れたり、社会通念上当たり前とか望ましいとかされていることを、全く気乗りしないのにしなくてもよいのだと。

そもそも、義母の母親も(私の両親も)、社会通念上望ましい親ではなかったのですから。
[PR]
by cocue-cocue | 2014-05-31 13:55 | しないときめたこと | Comments(2)


母は、我が子より自分の親が大事だった

 幼稚園の頃、母は自分の母親、つまり私の祖母(なついていたんです、大好きでした)の看病に出掛けてばかりで、その間、私はよその家に預けられました。

今、乳幼児二人の親になった一人娘の私ですが、母が仮に病気でも、そんなことはしません。
子供たちを預けてまで、頻繁に行くなんて、私にはあり得ない。仕事もありますし。
母とは違い、実家は隣町でもありませんし。

でも母は、兄たちや兄嫁たち、姉もいるのに、祖母にかまけていました。

セッションでタイムラインやってもらったとき、その祖母にしか私は愛情をもらえていなかったと分かりましたが、一緒には連れていってもらえず、弱ってからの祖母には会わせてもらえなかった。ダブルで悲しかったですね。

父がガンを再発して2年、たぶんまだ死んでないんですが、母は看病にかまけています。

私のところもそれなりに手が必要な場面もありますが「あなたが仕事を続けることを支持している、義理のお母さんが手伝えばよい」「お母さんはあなたが働くことには反対」とばかりいいます。

何度も書いたとおり、恥ずかしいから実家に帰ってくるなと言われていますし、こちらも帰りませんし、呼ぶことも止めました。

いつになっても、我が子は後回し。
それが母の、一人娘である私への一貫した態度です。

我が身と我が子を切り離さず、いっしょくたにして犠牲にするのはやめてもらいたいです。
まあ、見切りましたけどね。

一見外面がよいのですが、自己犠牲に酔うのもどうかと思います。さらには、その自己の範囲に娘の私を巻き込むのは、迷惑です。

「お母さん、二世帯住宅であなたたちと一緒に住んであげてもよい」と言い出したとき、即座に「絶対にイヤ」と返答した私なのでした。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-12-14 16:00 | 親への違和感 | Comments(0)


コーヒーサーバー、新調を見送る

久しぶりですが、断捨離?ネタを。

夫が洗い物中に、ガラスのコーヒーサーバーにヒビを入れてしまいました。

ホームセンターや生協で、千円も出さずに買えるものです。

あな吉手帳術に則って(笑)、付箋に「コーヒーサーバーを新調する」と書こうとして、手が止まりました。

買いに行けるまでの間に、コーヒーを淹れる機会は何度かあるはず。

その時、どうするのかな?

****

食器棚の奥に眠る、磁器の白いティーポットを思い浮かべました。

どうしても不便を感じない限り、ティーポットで代用できるのでは?

はたして、我が家のコーヒーサーバーは新調されることなく、お蔵入りしていたティーポットが日の目を見ることとなりました。

****

ヒビが入ったサーバーと異なり、容量の目盛りもなければ、どのくらい淹れたかは厳密には分かりません。

しかしながら、そもそも沸かすお湯の量を調節しておけば、解決する話です。

折しも、第2子のコップやマグが増えてきて、食器棚が窮屈になりはじめていました。
それなりにかさ張るものを買わずに済ませて、良かったです。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-08-08 20:35 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
スマホ機種変で思わぬ発見
at 2017-10-30 15:56
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧