日々是呼吸


タグ:呆れる ( 4 ) タグの人気記事



片付けで凹んだ話

 それは子供部屋で見つけた、手のひらに乗るほどの三角形の物体でした。いや正確には、三角形だったと思われる、プラスチックの破片の一部でした。

 何だろう?
 おもちゃを載せる台みたいなものかな。

 無残にも割れているので、要らないかなって判断して、ゴミ箱へ。

 その後、割れた相方?の残りのパーツが見つかりました。組み合わせたら三角形になりそうとは思いつつ、ま、いっか、と同様にポイしてしまいました。

 そして今夜。同じ部屋でこどもの玩具の箱を開けてびっくり。
 パッケージの写真から、三角形の物体?がミニビリヤードの部品だと判明したのです。

 この前捨てたばかり!
 まだあるかしら?

 急いでゴミ箱を確認しましたが、姿はありません。

 ゴミ出し、しちゃったっけ…昨日の朝。

 どこかに取り置きしたかも、と念のため周辺を探しましたが、姿はありません。

 やってしまった…

 なぜ、修理しようと考えなかったのかしら…

 捨てるという発想のない戦前生まれの両親に育てられ、ようやく捨てるための思い切りを発揮できるようになったばかりの私には、ショックが大きすぎました。

 捨てなければ良かった。

 しかも、代わりのものは手に入らないのです。

 こういう経験で自分を責めるのもいやだし、今後ものを手放すことに抵抗感が増すのも事実。後味の悪い経験をしてしまいました。
 我ながら、残念な片付けになり果てた…悲しいです:-<
    
[PR]
by cocue-cocue | 2017-04-10 02:14 | こころと思い | Comments(0)


久々に。

すっかりご無沙汰していました。

忙しいながらも、楽しく過ごしております。

ちょっとだけ現れたのは、訳があります。

~~~~~

世の中には、残念ながら非道な仕打ちをする人がいて、組織があります。

私はそういう人々のことは決して許さない。

しかしながら。

すべての例がそうであるとは決して申し上げませんが、尋常じゃない仕打ちを受ける人々には、そうなる因果関係があることに、気がつきました。

もちろん、仕打ちを受ける側に理由や原因があるからといって、決して加えた側の非が減るわけではないことを、確認しておきます。

そのうえで敢えて、人とひとの関係がありますから、そこに至るまでの理由があることを、指摘しておきたいです。

抽象的ですが…

なお本件は、天災や事故といった、偶発的な出来事のことではありません。

身近な人間関係におけるトラブルを想定しています。

~~~~

まあ、ひとことでいうなら、因果応報、なのかなと。

私がこのことを学ぶために、不愉快な思いを撒き散らしてくれたその人に、私は心から感謝したい、そう思います。

絶対にここには来ないでしょうが。

ありがとう。

[PR]
by cocue-cocue | 2015-06-25 00:43 | しないときめたこと | Comments(0)


母が厳しいと思っていたのは間違い、意地悪だったのだ

教育学部出身、元公立教員だった母は、その経歴がゆえにわが子にも厳しかったのだ。
そんな風に思っていたのは、間違いだとわかりました。

単に、意地悪だったのだと。

*****

私は親にほめてもらったことは一度しかありません。

「あなたは、何をもらっても『こういうのが欲しかったの、ありがとう』と喜ぶ」

書いてみると、物乞いメンタリティーみたいです。

物心ついた頃から、「私の本当のおとうさんとおかあさんは、どこにいるんだろう」と思っていました。

幼子にそんな風に思わせることができる親というのも、なかなかお目にかかれないでしょう。

非難を承知で書くなら、私は親に感謝の気持ちは自発的に持てません。

学校に上がるか上がらないか、の頃から「ありがたいと思いなさいっ」と母には幾度となく言われました。
思わなくてはならないと無理してきました。

でも、親になったわが身を振り返ると、どうして自分の子供にあんなひどい仕打ちができたのか、親たちが皆目理解できないのです。

育ててもらったくせに、といわれることも承知です。

でも、私が殴られず殺されずきたこと自体は、親として当然のことなのでは。

無配慮な言葉、人格否定、辛抱を強いるだけで気持ちを出させてもらえない、そんな仕打ちを受けてまで、なぜ親に感謝しなくてはならないのか、私にはわかりません。

「産後どれだけブクブク太るか、見ものね」

「関東はどうせ、震災後、放射能降り注ぎまくりなんでしょ」

「ご近所さんに、帰省してはると言われたら恥ずかしいから、来るな」

このブログでも取り上げた母の語録の三例だけでも、彼女は厳しさゆえではなく、底意地が悪いからこそのこの言葉なんだと判ります。

毒親、まさにその通りでした。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2014-06-27 00:20 | 親への違和感 | Comments(5)


ゆとりと愛情~親がもっていたもの~の序章

新年に夫の両親、弟と集まったときの話です。

夫の弟に、義母が言いました。
「あなた、お茶碗の持ち方がおかしいわよ」

まさしく、園児である第一子に私が言っていることと同じです。

良い大人になったわが子に声をかけるのを目の当たりにし、ああ、ようやく義母にゆとりができたのだな、と感じたのでした。

*****

夫も実は、お箸を正しく持てない人です。

子供がお箸に興味を示し、エジソンのお箸を与えたとき、大人用も買い与えて、練習させています。
以前よりはかなり、ましになりましたが、まだまだ合格点はあげられません。

*****

夫の食事のマナーがなっていない。

そうやって、再三指摘してきたのは、私の母でした。

あの食べ方だと、偉い人との食事会でも恥をかく。
それより何より、あなたが恥をかくのよ、そういって、直させるように何度も何度も訴えてきました。

両家の食事会でも、「お父様はきちんとなさっていたけれど、お母様のあの箸の持ち方はね~」と、終わったあとに私に不満を示していました。

*****

確かにそうなんですけど、私にはどうしても納得がいかないのです。

だって、うちの親父の方が、食べ方が何十倍も汚ならしいじゃない。

それを直そうとしていないのは、母じゃないの?

*****

ミカンを食べると、房を口にいれ、くちゃくちゃ音をさせてかんだあと、薄皮をペッと吐き出します

(汚くてすみません。でも、事実なんです)

うどん、そばどころか、味噌汁を飲めばスズズッ、コーヒーですらスズズッと大きな音を立てて飲むのです。

何度注意しても、周りが不愉快な思いをするから止めて欲しいといっても「三つ子の魂、百まで、直らへん!!」と言って、頑として聞き入れません。

あんたは三歳の時から、マグカップでコーヒー飲んでたんか?と指摘してやりたいですよね。

母方の実家の法事のあと、お食事となり、父のとなりの席が空いていたのに、叔母が「ここ、くさいからイヤや」といって座りたがらず、子どもなりに傷付いたことを思い出します。

臭いといわれることも、ですが、叔母の指摘が全くもって正しいと、私は知っていたからです。

*****

母は全く、父を改めさせようとしませんでした。

だらしなくても、汚ならしくても「男の人は、そんなもんよ」って。

母の三人の兄は、誰一人そんな汚い食べ方も飲み方もしないし、臭くもなかったのに。

父が他人に不快感をばらまくことで、一人娘の私がどんなに恥をかいて、悲しい惨めな思いを重ねているか、思いもよらないのでしょう。

それどころか「あなたは、お母さんが言わずに我慢していることを、次から次へとお父さんにいってばかりいる。お父さんを怒らせないでちょうだい」とまで言ったものです。

窓際族で仕事もなく、飲み仲間もいなかったので、夕方は娘よりも早く帰宅していた親父。
自宅で週に七回も夕食をとり、そのたびにくちゃくちゃ、ずずずーっと汚い音を巻き散らかして食べるのを見るのは、不愉快です。

おまけに話題も不快なものばかりで…

気が付いたら、実家の夕食は二部制になっていました。
腹が減ったと18時30分過ぎには食卓回りをうろつく親父をさっさと夕飯を食わせて、テレビの間に追いやる。
女二人は、静かにマイペースで、夕食を囲んだものでした。

*****

こんな話を書くつもりなんか、なかったんですけど、私のなかに溜まりにたまった憤りが、噴出してしまいました。

本題は、次の回にて。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2014-02-14 00:30 | 親への違和感 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
細々と、学習したり
at 2017-08-17 02:11
こつこつスクワット
at 2017-08-15 03:04
立秋の雨音
at 2017-08-11 01:46
あれから、3年。
at 2017-07-04 01:56
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧