日々是呼吸


ワカメとふの山

キッチンに桐の食品ストッカーを買ったのは、1年半ほど前だった。
何となく散らばった缶詰が無造作に積み上がり、在庫が把握できないばかりか、時折雪崩を起こして危険極まりない。
一か所にまとめて、引き出しに入れたら、出し入れするのも容易になりそうだ。

設置すると、期待以上に見た目、使い勝手も良かった。
が…梅雨の湿気のせいか、はたまた中身の詰め過ぎが、真ん中の引き出しが出てこなくなった。
最上段を引き抜いて、中身を改めるしかなくなったのだ。

使いづらくなり、しばらく遠のいていた。

週末に買い物しないで、家にある食材で済ませようと、在庫を確認した。
引き出しを一つずつ開けると〜ガリガリ、バリバリ。何かがひっかかる。
袋を取り出すと〜乾燥ワカメが、一つ、また一つ…合計3袋。
さらに麩が、丸い物、小さい花形、粒など…4袋出てきた。

最後に使ったのはいつの日か。
私はお味噌汁を作らないので、ワカメを使うなら鍋か酢の物、麩はすき焼きくらいか。
使わないのに持っているわけは、実家の母が次々運び込むからだ。
私が買わないから、家にないのを気にして、くれるのだろうが…
この山、どうしたものか。
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-08-08 12:03 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


多いと見失う

買い置きが多いと、不便だ。

そういうと、実家の母からは猛烈な抗議をうけるに違いない。
洗濯用洗剤を1ダースまとめて買うくらいだ。私の言い分は理解しないだろう。

ストックが多いと、使用中のものと同じ場所には置けなくなる。
まとめるとかさ張るので、箱詰めして押し入れにしまう。上にものを重ねる。取り出すのに手間が掛かり、必要なときは新たに買ってしまう。
ますます在庫は増え、下手すると別の場所に一塊にして収納するはめになる。
一方で「足りない」という意識も強まり、セールでまとめ買いしてしまう。
…こうやって我が家には、衣装用プラケース一杯分のストッキングが備蓄されたのだ。

あるプロの方のブログを拝見し、著書を手にした。「サッとしまえる パッと取り出せる スッキリ!整理生活」にも書いてあった。
「人は同じようなものを余分に買ってしまう癖があります」

ドキッ!
冷蔵庫で死蔵してしまう食品も、そういえばいつも一緒だ。
ハム、ソーセージ、ベーコン。常備していたら便利だと買いながら、使い切るどころか開封前に消費期限を過ぎてばかりだ。
そもそも、私にはなくて困らないものなのかも知れない。

実家の母が溜め込むのは理解できる部分もある。
最寄り駅から徒歩15分かかる、山沿いの自宅。
駅まで出ないとスーパーはなく、コンビニはスーパーよりも遠くにあるくらいだ。
車どころか自転車も乗れない。数年前に腕を手術し、重い荷物は持てない。
父と車でホームセンターに出かけて、安いときにまとめ買いして、安心したいのだろう。
いざ買うときに安くなかったら嫌だし、持ち家なので「収納にかかる家賃を考える」必要もない。
戸建てなので、庭の物置でも、収納場所はいくらでもあるのだ。

でも、その習慣は、都市のマンション生活には不向きだ。
親とは違う生活様式を選んだからには、物との関わりも改めなくては。
思いの外、親の考えの呪縛は強い。
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-08-07 14:05 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


床が見えた

今の住まいの間取りは2SLDK、つまり窓がなく居室扱いにならない部屋がひとつある。

リビングの隣りなので、夫の書斎机と本棚を置き、ポールハンガーラックを3台入れて、夫の勉強部屋兼納戸、またはクローゼットにしていた。

なんだかよく分からないが、いつも床は物であふれている。クリーニングに出す前のワイシャツや、本、DVDが山積みになっており、着替えに入っても足の踏み場がない。ワイシャツのビニールカバーが落ちていて、足をとられて転倒しそうになったことも数知れず。

今朝ふと足を踏み入れてみた。

あれ?

床が見えている。

どうしてだろう?片付けた記憶はないのに。

もしかしたら、夫が片付けた?

理由はまったく分からないが、部屋の床が見えていたことに感動。これだけで、ただでも風通しが悪い部屋に、帰宅直後に入った瞬間のうんざりした気分が一掃できそうだ。

細々と片付けに取り組んでいて、伝染したのかな。だとしたら、とてもうれしい。
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-08-06 16:50 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


家は工場じゃない

実家の母が、久々に来てくれた。
たまりにたまった洗濯物を片付けてくれて、キッチンを片っ端から消毒・除菌してくれて・・・涼しい風が吹く、丘の上にある実家とは異なり、熱風吹き付ける都市部のマンションで、さぞ暑かったことだろう。本当に感謝するしかない。

が、彼女が帰った後、ふとキッチンの壁を見て、ギョッとした。

旅先のポルトガルで買った、路面電車の柄がついたタイルとコルクの壁掛け兼なべ敷きをかけているフックに、レジ袋が二つかかっているのだ。
ちょうど目の高さに、レジ袋とは。中身はペットボトルのふたを集めたものと、レジ袋を折りたたんだものだ。

確かにフックに余裕はある。かけたくなった気持ちは分かる。かかっていると、便利だろう。
しかしなぜ、装飾品の上から、レジ袋を二つ、引っ掛けてしまうのだろうか。

細々と不用品を処分しながら、私は自分の住まいをおしゃれな空間に変えたいと思ってがんばっている。
それなのに、リサイクル一歩手前の品物を、飾り物の上にかけるなんて・・・どうしてそんな無神経なことができるのだろう。

母にとってキッチンは、もとし住まいは、便利さが最優先、見た目度外視なのかもしれない。
でも日中働きに出ている私にとって、仕事を終えて帰ってきて、家が作業場のようになっているのは、非常につらいのだ。
家では休みたい、リラックスしたいのだ。仮にそれが、キッチンという家事の場所であったとしても。

仕事の関係で、少し前に工場を見学した。ものづくりの場だけに、動線を計算し、効率を重視したつくりになっていた。
目の高さにかかっているレジ袋は、使い勝手は良いかもしれない。でも家は、工場じゃない。

棚の上のほこりや、床に落ちた糸くずは非常に気になる母なのに、部屋の眺めはまったく頓着しないなんて。
ありがたいのだが、携帯メールで苦情を送ってしまった。やっぱり耐え難いのだ。

使いづらいよりは、使いやすい方が良いに決まっている。ただ、見た目を損なってまで、利便性を追求するほどではないような気がする。
どうにもこうにも、頭の痛い問題だ。

思えば、実家のどの部屋も、見て楽しくなるようなインテリアでは決してなかった。
自らセンスを磨いて、気をつけていくしかなさそうだ。
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-07-30 18:50 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


使い捨てを使いまわし?

食器棚から出て来たのは、使い捨て容器を洗ったものだけではありません。
お弁当やデザートを買ったら付いてくる、プラスチックのスプーンやフォーク、そしてストローです。

これまた動機は単純で~旅行や子供とのお出かけに持って行き、使って捨てたいから、でした。

10年ほど前、友人との海外旅行先のスーパーで、食べ物を買ったはよいが、カトラリーがなかった!とその時、友人が取り出したのはハーゲンダッツのアイスを買うとついてくるスプーン。
買った食べ物を、めでたく頂くことができたのでした。

別の旅先で、せっかく買い出したワインをホテルの部屋で空けられず、空路で運んだという後日談も加わり、旅には携帯セットのナイフ、フォーク、スプーン、ワイン開け、缶切り、小型まな板(ハガキサイズ)も持参するようになりました。

で、なぜ使い捨てカトラリーがこんなにたくさん?

容器とは違って、さすがに使用済みを持ち帰った形跡はありませんが、持って出かけた記憶もありません。
毎週父子が通うプールにも、普通のスプーンをケースに入れて持たせています。

そうでした!

スーパーやコンビニで買ったお弁当とともにレジ袋に入っている分には問題ないのですが、普通の荷物に入れるには強度が足りなくて、折れてしまいそうなのです。
さりとてケースに入れたらかさ張るし~

離乳食を持ってお出かけしていたときも、結局マイスプーンをケースに入れていました。
やっぱり、使わないんだった。だから溜まる一方なのね。
中途半端な使い捨て品を自宅に保管する必要、皆無でした!
[PR]
# by cocue-cocue | 2010-07-26 12:28 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
スマホ機種変で思わぬ発見
at 2017-10-30 15:56
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧