日々是呼吸


<   2017年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧



送ることば

 これまでのように、突然職場に顔を出されて、ブランクを感じさせない会話を交わせる日がまた来るのだと信じていました。

 平日の昼間は無理でも、土日にお忍びよろしく机の上を片付けに立ち寄られたりするのかとも。

 そんな日が、永遠に来なくなるなんて。


 職場の新参ものにすぎない私に、惜しみなくノウハウや助言を提供して下さったり、実際に手助けして下さったり。御礼にお誘いしたランチのときにゆっくりお話ししたのが、昨日のことのように思い出せます。

 また、今までのように、いろんな会話を交わせると思っていたのに。

………

 ねえさん。

 私は間接的にもねえさんとは呼べないままでした。
 でも今、あえて、ねえさんって、呼びかけたい。

 ねえさん、頑張りやさんで、幅広い人脈と深い見識をお持ちで、決して弱音なんか吐かなくて。

 あの時代に仕事をはじめて、悔し涙も人知れず山のように流されたんじゃないかと思います。

 我慢して、歯を食いしばって、でも決して泣き言なんかいわなくて。体調ギリギリまで頑張るから、破綻すれすれの事態もあったと思います。そこまで命がけで仕事をしていた姿。頭が下がるばかりです。

 その頑張りが、お体に負担をかけてしまったに違いない、そう確信しています。
 
 ねえさん、私、悔しいんです。
気を使われたくなかったからひた隠しにされていたんだと分かるけれど。私も寿命を縮める片棒を担いでしまったから。
 そんな状態だとわかっていたら、あんなに世話になりっぱなしになんて、なれなかったのに。本当にごめんなさい。

 ねえさんのお陰で完成させられた仕事、どれも本当に心に残っていて、忘れられません。

 十分にありがとうって、言えなかった。まだまだ、いっぱい話せるんだって、なにひとつ疑っていなかった。

 実はご病気らしい、そんな話も聞いていました。でもまさか、こんな日を迎えるなんて、全く予測なんてしていなかった。

 ねえさんになにかあったんだと知ってしまったとき、そんなはずはない、そう打ち消したつもりなのに。

 ねえさん、

 永遠の別れって、こんなに苦しいことだって、今ごろ実感してる私、本当にまだまだでした。
 生意気なことばかり言ってたけど、私、本当に幼かった。
 自分のツラさをおさえて、後輩たちの世話をして、惜しみなくささえてくれて。そんなねえさんのこと、私は何を分かっていたのか。

 今さらながら、本当に感謝しています。
 ねえさんでなくてはできない仕事、まだまだたくさん残っています。
 やり残しも間違いなくあったはず。
 私は決して、ねえさんのことは忘れない。

 いつかは私も、そちらへ行きます。
 ペンディングになったあの企画、どこかで絶対に、形にしましょうね。約束できなかったけれど、いったん登録して、時期を変えるって話しておきましたから。

 思いってどこまで伝わるんだろう。
 ねえさん、早すぎですよ。
 でも、全力疾走で駆け抜けて行ってしまったんだよね…

 天国から、見守っていてくださいって、まだまだ甘えたこといってしまいますが。

 まずは、安らかにお過ごしください。

 ねえさん、ありがとう。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-09-16 23:54 | こころと思い | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧