日々是呼吸


<   2017年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧



すっきり気分で、捨てられますか?

 その仕事の資料一式を捨てたのは、振り返ると3年以上前でした。

 10年前の夏、私が担当していた仕事は、いろんなしがらみをたちきって、新しい試みを取り入れようとするリーダーが指揮を執っていたのです。

 細かく打ち合わせをして、相談し、それは熱心に取り組んだ記憶があります。
 その仕事は、私に達成感をもたらしました。

 ~~~

 メンバーも環境も変わり、仕事は少しずつ形を変えていきます。それでも、そのときの仕事は私にはとても大切なものでした。
 他の資料をどれだけ手放しても、大事にとっておいたのです。

 3年前のそのときまでは。



 私は日々の仕事に辟易していました。十年一日のごとく、同じことを繰り返し、自分が全く成長していると思えないこと。
 そもそも成長すら期待されず、このままで充分、もとい気にすらかけられていない、そんな思いに支配されていました。

 あのときの仕事は、やりがいもあったのに。どこでどう、行き違いになったのか…

 ふと、思いいたりました。
 私は、この仕事を続けたくなんかないんじゃないかと。

 あの仕事をいつまでも胸に抱いている限り、私はここから一歩も前には進めない。
あのメンバーで同じ仕事をする日は、二度と来ないだろう。やり遂げた気持ちを持つなら、資料などもう不要なはず。

 そのファイルを、手放しました。



 同じところをぐるぐると回っているだけだとあきらめていた私。しばらくして担当がえになり、その仕事を離れると決まりました。

 思い出のアルバムのようなその資料。ほとんど思い出すことはできません。
 後ろ髪すら引かれずに手放せたから、私は次に進めて、今なお後悔は残らない。

 過去は通過点。ときどきに成仏させていけば、次のステップに駒を進めることができるのでは。

 当時の同僚で、まだ同じ仕事を続けている人もいます。抜け出したかった私は、新しい仕事の経験を積みながら、自分の壁を感じつつも、別の道を歩んでいます。

 あの時、すっきり捨てたことで、自分の気持ちがはっきりしたんだと思います。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-03-19 18:00 | こころと思い


家で休めていないとは。

 連休は家族旅行です。旅の目的に私は参加しないので、来なくても良かったのですが「宿で寝ていてよいから」と同行。文字通り寝ています(笑)。

 荷造りや荷ほどきは私の方が得意なので、積極的に取り組みますが。寝て過ごすなどして気がついたことがありました。

 家で同じように休もうとしても、片付けだのなんだの、気になることだらけで、結局全く休めないこと。

 私の疲れの原因を探ると、家で休めていない事実が浮かび上がってきたのです。



 思えば実家にいた子供時代から、家は休まる場所ではありませんでした。
 就職して、ときどき帰省したのは単に宿として使うため。親とは折り合いがよくなく、親と過ごして楽しいとは思えなかった私は、半分は義務感、残りはたいした目的もなく、実家に寝に帰っていただけのように感じます。

 今泊まっているところは、名所が散策できるわけでもないし、気候的に外歩きにはあまり向きません。部屋でごろごろしているだけなのに、こんなに楽しいってやっぱりおかしくもありますが、出掛ける意欲もないほど疲れてもおり、またこののんびりが楽しくもあるのです。

 家で休むにはどうしたものなのか。
 大きなヒントが得られそうな、私一人は寝正月のような?家族の旅です。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-03-19 15:05 | こころと思い


試練の日々

 何かと自分にとっては厳しい出来事が相次いでいます。

 昨日もそんな日でした。
 何なのそれ?と憤りで唖然とする出来事があり、怒りと疲労感しか見当たらない…

 私に試練が次々と降りかかっています。

 余計な苦しみや回り道は希望していないのに。
 楽々過ごすつもりなのに。

 とにかく吐き出して、吐き出して、私は自分を大事に、大事に、守るしかないですね。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-03-15 01:23 | こころと思い


■ 処分レポート 3月5日

 病院でもらった抗生物質を飲むと、どうやら眠気に襲われるようで。
 週末は不覚にも昼寝してしまいました。

 まとまった時間に頑張りたいと思いつつ、あまりなにもできていません。

 古紙回収の準備と、古いタオルをウエス用に小さく切ったくらいで…
 あとは、小さくなった子供たちの靴を袋にまとめて、処分に出す準備をしたくらいです。

 寒さはまだ残りますが、真冬の衣類はそろそろおしまいなのかも…肌着類で次の冬に着なさそうなものは、間引いて処分していきたいです。

 3月は進級や異動を控えて、落ち着かないような、気分一新も出来るような。
 この時期ならではの片付けが進めばよいなと願っています。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-03-06 00:43 | 片付け・整理整頓


決めた未来の思い出

 親が私に望んだ人生は。
 大学を出て、近くの都市圏の企業で2、3年勤務。恥ずかしくない経歴と勤務先の男性と結婚して退職。子育てに専念。

 そんなのだったと思います。

 きっとそんな人生になるであろうと勝手に想像し、他の選択肢などあきらめていた。

 はずだったのに。

 地元を離れ、親の期待を外れ、全然違う場所で根を下ろしつつある。

 なぜできたのかと振り返ると、それは私が心の奥でそう決めていて、そのために無意識に努力していたからだと思う。

~~~

 今の私は、どんな未来を実現したいのだろう。
 そこがはっきり決まるなら、今取り組むことも明確に見えるはず。

 まだ親元にいたのに、未来を決めていたであろう私。
 それをしなくなったのはなぜなんだろう。

 思い出を振り返りつつ。

 今の課題が浮かんできた。

 
[PR]
by cocue-cocue | 2017-03-05 11:56 | こころと思い


■ 処分レポート 3月1日

 毎日更新が難しくなっている処分レポート。これまでより実は大量に処分できたこの日。取り組んだのは仕事の資料でした。

 職場の机はスペースに限りもあり、何かを保管し続けるわけにはいきません。情報は古くなりますし、大量の資料の山を有効活用できるかは怪しくもあります。

 また手に入るかな、と思われる資料~主にレポート類などは手放しました。
 オフィスワーカーならピンとくると思いますが、冊子になっている資料は並んでいても散らかり感がないので、つい保存しがちです。後から読み返してヒントになることもあるものの、基本は保管すべきではないものですね。

 ファイリングした資料一式というのも、案外手放しにくいものです。これも冊子と同じでしょうか。

 今回の作業は、資料を入れる引き出しがパンパンのため、最近使い終わった資料がしまえずに机を侵食、作業空間が狭くなって仕事しづらさが気になっていたのがきっかけでした。
 毎日10分でも時間をとって片付ける(それでも週50分!)というのもよさそうです。外出日は無理ですが、例えば昼食後自席に戻ったなら、腹ごなしをかねて処分作業をする、だと現実的かもしれません。

 本当はまだまだ減らせると思っているものの、いざ手をつけるとはかどらないこともある。片付けの永遠の課題ですね。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-03-03 10:53 | 片付け・整理整頓

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
真央ちゃん
at 2017-04-13 00:45
片付けで凹んだ話
at 2017-04-10 02:14
すっきり気分で、捨てられますか?
at 2017-03-19 18:00
家で休めていないとは。
at 2017-03-19 15:05
試練の日々
at 2017-03-15 01:23
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧