日々是呼吸


<   2015年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧



また、夏が来る

 初めて出産したのは、初夏でした。
産後の入院中、激しい雨が打ち付けていたことを思い出します。

 思い出を振り返るとき、いつも切なく思い浮かぶのは、暑い夏のひとこまばかり。
 初めて海外に行った中学時代、キャンプや合宿で人生が変わった高校時代。
 アルバイトに海外研修。東京を往復した四年生のとき。

 働き始めてからも、何かが起きるのはいつも夏でした。
 本当に突然結婚を申し込まれたのも、体調を崩したのも、暑い時期ばかり。

 今年もまた、夏が近付いてきました。
 何が起きるのか、全く知らずにいた一年前を思うと、無邪気な我が身が切なくなります。
 まさかの急展開で、夏の終わりとともに、一つの時代が幕を引き、その後の日々はまさに、想定外でした。

 今私がここにいること。あの出来事と無関係ではないはず。もし歯車が違うかみ合い方をしていたなら、きっと何もかもが違っていたでしょう。

 でももしかしたら、私が歩んできた道こそが、定められたものなのかも知れない。
 あのまま何事もなく過ぎていくなど、きっとあり得なかったでしょう。

 大きな出来事が起きるとは予想だにしないまま、心構えなく迎えた1年前の夏。
 私は今、ここにいて、事あるごとに振り返ってしまいます。

 またやってくるこの季節。暑さで高揚するのか、切ない思いが残る日々。
 今年の私を待つのは、どんな夏なのでしょう。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

[PR]
by cocue-cocue | 2015-06-28 23:57 | こころと思い | Comments(0)


久々に。

すっかりご無沙汰していました。

忙しいながらも、楽しく過ごしております。

ちょっとだけ現れたのは、訳があります。

~~~~~

世の中には、残念ながら非道な仕打ちをする人がいて、組織があります。

私はそういう人々のことは決して許さない。

しかしながら。

すべての例がそうであるとは決して申し上げませんが、尋常じゃない仕打ちを受ける人々には、そうなる因果関係があることに、気がつきました。

もちろん、仕打ちを受ける側に理由や原因があるからといって、決して加えた側の非が減るわけではないことを、確認しておきます。

そのうえで敢えて、人とひとの関係がありますから、そこに至るまでの理由があることを、指摘しておきたいです。

抽象的ですが…

なお本件は、天災や事故といった、偶発的な出来事のことではありません。

身近な人間関係におけるトラブルを想定しています。

~~~~

まあ、ひとことでいうなら、因果応報、なのかなと。

私がこのことを学ぶために、不愉快な思いを撒き散らしてくれたその人に、私は心から感謝したい、そう思います。

絶対にここには来ないでしょうが。

ありがとう。

[PR]
by cocue-cocue | 2015-06-25 00:43 | しないときめたこと | Comments(0)


神様に選ばれた

 きっかけは、決して幸運とは言えない出来事を聞いたり、私が出逢ったりしたから、ですが。

 どんなことも、神様に選ばれたから、その人に起きるのではないかと。

 どんな風に選ばれるのか、誰にもわからないけれど。
 乗り越えられないことは、その人には起きないように感じます。

 同じおみくじを同時に引き当てたのに、降りかかった出来事は全く異なるものでした。
その後の展開も……

 どんな風に選ばれるのか、そのときは見当もつかないような気がします。
 そういえば、「失楽園」で有名な英国の作家、ジョン・ミルトンはこんな詩を残しています。

On His Blindness

When I consider how my light is spent
Ere half my days in this dark world and wide,
And that one talent which is death to hide
Lodg'd with me useless, though my soul more bent
To serve therewith my Maker, and present
My true account, lest he returning chide,
"Doth God exact day-labour, light denied?"
I fondly ask. But Patience, to prevent
That murmur, soon replies: "God doth not need
Either man's work or his own gifts: who best
Bear his mild yoke, they serve him best. His state
Is kingly; thousands at his bidding speed
And post o'er land and ocean without rest:
They also serve who only stand and wait."

by John Milton

与えられたその足かせにもっともよく耐えた人が、神にもっとも支えた人である。
仕事や能力を求めてはおられない。

詩人にして視力を失い、絶望に満ちて訴えたとおぼしき、詩前半の嘆き。
その後、「失楽園」を著し、後世に名作と名声を残したミルトン。

なぜか心惹かれる詩です。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-06-01 00:35 | こころと思い | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧