日々是呼吸


<   2015年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧



まだまだ、吐き出し足りない

 最近辛いのは、子供に起きた良い出来事を親が手放しで喜ぶ姿を目の当たりにすることです。

 世の中の親というのは、子供の幸せをここまで喜んでいるものなんだと。

 自分のなかに棲んでいる、膝を抱えて目にいっぱいに涙を抱えた幼い女の子が、今もまだ「私の本当の親はいったい、どこにいるんだろう?」と繰り返し問いかけているのが、よくわかります。

 私はもう、両親とは連絡も取らず、実家にも帰っていません。 

 思えば、小学校の転地学習で泊まりがけをしたころからは、ホームシックとは全く無縁でした。
 家から離れて淋しいなんて思わなかったし、国外で過ごした期間も、手紙は書いたもののこちらの伝えたいことは常に歪んで解釈され、帰国後喧嘩のネタになったくらいで。

 私の中では、親というのは頼れる相手でもなければ、味方でもない、やりたいことを出来ると思うな、欲しがるな、そんなことばかり教えてくる、勝手な大人たちに過ぎません。

 何度か過去に書きましたが、私の親たちは今でいう発達障害の系統のように思えます。
 親に従うようにおさえつけられ、一人娘なので2対1の多数決で言い分は却下され、挙げ句の果てに親の教えは学校などそとの社会では通用せず。

 本当に回り道と、余計な苦労ばかりさせられました。

 私が一番したくないことは、親に感謝することです。

「ありがたいと思いなさいっ!!」
「そんな言葉、お母さんは言わせてもらえなかったわよ」
 何万回も投げ掛けれた、言葉たち。

 二児の親となった今、親として子供にしてあげたいと思うことは、私の親たちは持ち合わせていなかったのだという、残念な結論に達しています。


 そして実は、二児の親になるどころか、物心ついた頃から、私はそのことに気が付いていたんだと、今更ながら思い至るのでした。


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-31 07:35 | 親への違和感 | Comments(1)


使いきらなくて良い

 子供時代、可愛い文房具や雑貨を買い与えてもらえなかった私は、銀行の名前が入った手帳やメモなどを熱心に使っていました。

 今あるものがなくならないと、新しいものは買ってもらえなかったからです。

 振り返ると、買ってもらう前にまた、銀行のメモなどをもらったりして、いつまでも終わりはなかったのですが。

 そんな私がプレゼントで可愛い文房具でももらったら、大変でした。
 それは大切にとっておいて、いざというときまでスタンバイです。
 毎日使うのはもちろん、銀行の名前入りのものでした。

 捨ててはいけない、という教えの手前にもうひとつあったのは、残してはいけないという言い付けでした。
 きれいに使いきるまで、新しいものは使ってはいけないと。

 今でもやってしまいます。
 歯みがきや洗顔料のチューブを絞り、それでもでなくなるとハサミで切って中身をせせりだす。
 口紅もスティックの奥まで紅筆でかき出して。

 でも…なんか苦しい。
なかなか使いきるのは大変だし、その頃にはもうすっかり、飽きてしまっていて、無理矢理いやいや使っていることに気づくのです。

 もう、止めたい。こんなみみっちいこと。

 本人が楽しくて満足なら、止めることなどないですが、嫌でたまらないなら止めた方が良いに決まってます。

 まずは使い終わりの目処が立たない口紅から、サヨナラします。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-26 14:07 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


地道に。

 こんまり流でも断捨離でも、一気にドサッとやりたいのに時間も体力もない…
 そんなじれったさから逃れる方法がようやく見つかりました。


 5分でできる場所でいいから、やってみる。

 これがなかなか、良いんです!

 期待に反して、紙切れ1枚しか捨てられないこともあれば、今日みたいに10年以上前のVDSLの機器がリビングボードから見つかったり…

 リビング一等地に、ごみ袋のストックやエコバッグが詰め込まれていて唖然としたり…

 扉を閉めてしまえばおしまいとばかりに、管理が甘くなっていることを思い知らされます。

 たった少しでも、しないよりはした方が良い。
 そう考えて、地道に取り組むことを忘れずにいたいなあと。

 自戒の念を込めて。

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-25 16:01 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


私が誇りに思うこと

 フルタイムの仕事をしながらの子育ては、専業母親の皆さんから見たら、手抜き、人任せ、いい加減、配慮不足以外の何でもないだろうとは自覚しています。

 しかしながら、私が誇りに思うことがあります。
 子供たちの写真を見ると、屈託なく笑っていること。

~*~*~*~

年中から幼稚園に通い始めた私は、一気に痩せてしまったんだそうです。

小太りから、やせぎすへ。
一気にイメージが変わってしまいました。

修道院併設の、厳格なモンテッソリー園に通ったのが原因と母は語りました。

私はそれだけではないと思っています。

運動大嫌いの両親に、公園でも「危ない、危ない」とすぐに制止されてろくに運動神経が育たなかったこと。
園に通い、体を動かすことで物理的に痩せたんでしょう。

加えて、親には誉められるどころか駄目の烙印を押されてばかりいた私は、おそらく園でも緊張のあまり、こわばっていたはずです。

その証拠に、幼稚園時代の私の写真はどれも、おどおどと怯えきったような顔をしているのです。


家では我慢が足りない、愚図だのろまだとさんざんなじられ、園でも緊張して過ごしていた私。

もうこの頃、物心ついて最初の記憶は「私の本当のお父さんとお母さんはどこにいるのかな」でした。
自分はもらわれてきた子供だと信じて疑っていませんでしたから。

~*~*~*~

私の子供たちは、私の母親に言わせると「育児放棄」の親(私のことです)に育てられて気の毒、なのでしょうが。

私はこの一点に関しては、強く自信をもっています。

子供たちはかつての私のような、怯えた目なんてしていない。

母親が接する時間が短いのに、いやそうではなく、短いからこそ、子供たちは多くの適切な育児マインドをお持ちの方々に囲まれて、天真爛漫に育ったのです。

仮に私が専業母親として向き合っていたなら、自分が育てられたようにしか、子供たちを育てることはできなかったかも知れません。

そして、私のような自尊心が底をついたような人間をまた、増やしてしまっていたに違いないのです。



にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-24 14:37 | 親への違和感 | Comments(0)


新生活に思いを

 1年前の我が身を思い出すと、今の自分が何を考えて、どうやって暮らしているかなど、全く見当がついていなかったことがわかります。

 どうやって乗りきったのか分からない3月からの職場環境の変化、4月から子供が転園…家族の暮らしをくつがえすような、そんな出来事をよく乗りきったものでした。

 半袖の季節になってからは…仕事上の転機を迎え、公私ともども荒波を乗り越えつつ、という日々でした。
 出逢い、そして別れ…何だったのだろうと思う出来事と人々が、私のそばを過っていきました。

 この春もまた、私そして我が家は転機を迎えます。
 まだまだ、決まらないことも残っていますが、生活リズムが変わり、暮らし方を抜本的に見直さなくてはなりません。

 慣れ親しんだ暮らしを終え、どうやって新しい生活に移っていくのか、何も分からずにいますが、愛着を持ち、快適で手際よく過ごせることを最大の目標にしたいです。



 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-18 00:57 | こころと思い | Comments(0)


寝る。

 転倒して痛みが消えないときに通い始めた整体の先生から、疲労が蓄積していて熟睡できていないのではないかと指摘を受けました。

 ぐっすり眠れていないというのは目から鱗で、いつまでも眠くて仕方ない理由がそこだとは自覚すらなく、我ながら盲点でした。

 断捨離、片付け、勉強…やりたいことはたくさんあるのに、元気がなくて出来なくて。
 いったんあきらめて、休むことを優先、そのために夜は寝ると決めました。

 結果、朝目覚めたときに嫌な感じはあまりなく、起き出すまでボンヤリしたりのんびりしたりしても、そんなにツラくないことが分かったのです。

 基本に返る、というほどでもありませんが、しばらくは休むことを心がけたいです。

 うずうずしてきたときこそ、本当にしたいことが見えるのかもしれません。



 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-16 18:55 | こころと思い | Comments(0)


まだまだ、減りません

 売るための本を家中からかき集めて、箱詰めして発送しました。
 先週は役所が回収する古着を一袋、出しました。

 しかしながら。家全体としては「持ち物が減った」という印象は全くありません。
 運ぶのも一苦労という荷物ですら、全体のわずか一部にしか過ぎないのか…と痛感しています。

 こうやって少しずつ間引いていくしかないのかと思いつつ、なかなか効果が目に見えないので、やる気の維持が難しく思えてしまいます。

 気がついたら増えがちな加工食品(お菓子含む)も、買わないようにしているのに、減るスピードはゆっくり。
 なかなか前途多難ではあります。




 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
 
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-15 10:27 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


大人の交換日記

 気がつけば、メル友というレベルを超えて、交換日記の相手と呼ぶ方がふさわしいように感じます。

 仕事の話、職場の話、最近は女性の登用拡大とか、夫婦の役割分担など…
席を並べたのは3ヶ月に満たず、密に仕事に取り組んだのは実質2ヶ月未満です。「事件」をきっかけに、メールのやり取りが増え、もといメールでしかやり取りできなくなり…
 再会後も、言葉を交わしつつ、その何倍ものやりとりはメールでした。

 遠くへ旅立ってから、かれこれ3ヶ月が過ぎ、電話で話す機会もありません。
 メールでいさかいも起きました。私がストライキしたことがあります。
 何となく途絶えかけたような局面も経て、今は…交換日記状態です。

 私に対するイメージが、裏切られ続けているようです。
 想定外のコメントだったり。

 そんなに自己表現できていなかったのかな、とも思ったりして。逆に、気を許し始めているのかも。

 過去に、たくさんメールを交わした相手もいました。
 皮肉にも、そのやりとり記録はもうどこにもありません。携帯の機種変更、パソ通の退会、フリーメールの受信トレイのリセット…

 今の交換日記は、アーカイブ化されています。
 読み返してさらに、思いも深まります。

 もし、何事も起きなかったなら。
 遠く離れることがなかったとしたら。
 私たちがこんなに多くの思いを伝えあってはいなかったのではないかもしれません。

 どちらが幸せなのか。
 …きっと、今、十分に幸せなのでしょう。



 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-10 01:22 | 仕事の相方 | Comments(0)


誘いを断ること

 子供の頃の親の教えのひとつは「誘われたら、断るな」でした。
 もちろん、盗みとか悪いことに手を染めるという意味ではありません。
 お出かけ、お食事、遊びの約束など…
その理由は「一度断ったら、二度と声を掛けてもらえないから」でした。


 その教えを忠実に守ったおかげか、私はどちらかといえばいろんなことをやってみよう、試してみようと思うタイプの人間に育ちました。
 あれこれ理由をつけて選り好みしないでいられるのは、親の教えも一因でしょう。

 しかし、最近はこんな風にも感じるのです。
 「ああ、親たちは、あまり誘われてこなかった人なんだな」と。

~*~*~*~

 たまにしかお出掛けしないのであれば、せっかくの機会だからと無理したり、ないがしろにはしないでいようと思って、力も入りがちです。

 でも、またの機会があるのであれば、無理せずnoと言えたりして。

 職場の宴席についても、本当に行きたいと思うもの以外は、あえて予定をやりくりしたりしなくなりました。

 一期一会は大事だけど、皆勤賞である必要もなさそう。
 辛そうな顔をして無理して参加するなら、本当に楽しみにして、心待ちにした会合に気持ちよく出席したい。

 もちろん、自分が企画しても良いわけです。

 そうそう、親たちは、自分から誘うという発想もなかったのかな、とも思う昨今です。

 何だか、他人軸で生きていて、窮屈な人だったのね。



 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-06 13:20 | 親への違和感 | Comments(2)


断捨離に逃避

 仕事始めからいきなり、ハードな展開でした。
 冬休みは寝正月を堪能、出勤に気乗りしないままでしたが…帰宅後はどっと疲れてしまいました。

 もうこのままうだうだしていても仕方ない。そう思って、リビング片隅の本棚から「こんまり」方式で文庫本を全部出し、売るものと残すものを仕分けしました。
 
 思いの外、残す本が多かったのは、もう一度読んでみたいと思う本が案外あったのが理由でしょうか。
 かつては通勤電車は格好の読書タイムだったので、上下のある小説もありました。

 そうはいっても、軽く50冊は手放す決意ができました。

 残した本のうち、読んだら手放せるだろうものもかなりありそうです。

 私だけかもしれませんが、マニアックな作者の、恐らくあまり売れていない本ほど、手放せなかったりします。
 なぜなら、図書館でも探せなさそうだから。
 読んで気に入ったら、保存版扱いにしてもよいので、まずは読んでみるところから、でしょう。

 スマホが出来て、携帯で何かを読む機会が増えましたが、しばらくは書籍も持ち歩いてみたいです。



 
にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

 
[PR]
by cocue-cocue | 2015-01-06 02:02 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
スマホ機種変で思わぬ発見
at 2017-10-30 15:56
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧