日々是呼吸


<   2014年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧



過剰学習

自閉症の特徴的な傾向として、誤学習ということばを知っていました。
誤って学習したことが上書き、修正されることなく、マイルールになってしまうことです。

実は誤学習だけではなく、不適切な学習が3パターンあるようです。

誤学習のほかは、未学習、過剰学習です。

未学習とは読んで字のごとく、学んでいないこと、です。
暗黙の了解のルールだったり、周りの人々から自然に学びとることが出来るであろうお約束を身につけていないために引き起こす非常識な言動、といえば、想像しやすいでしょうか。

今回取り上げたいのは、過剰学習です。

以前から、何となく引っ掛かっていた、母親の思考パターンがありました。

たまたま起きた出来事を、一例としてとどめておくことが出来ず、あたかもそれが普遍的かつ反復継続的に再現される、と信じて疑わないのです。

ある人が一度、口にした台詞を、その人の座右の銘のごとく受け止めていたり。
偶然(もしくは不幸)が重なって生じた事態を、いつでも起きる現象だと決め付けていたり。
もともと、自閉圏の人々は「真に受けやすい」そうですが、実母は本当にそういう傾向が強かったです。

過剰学習が進むと何が起きるかというと、方針変更や気がわりを断じて認めない、とても寛容性とは程遠い、頑固な態度ばかりとるのです。
そして、世の人は移り気だと批判したり、一貫性がないとなじったりします。
一度決めたことは断じて変更してはならない、とてつもなく窮屈ですが、自分で勝手にがんじがらめになるだけで満足せず、他人にも押し付けてくるのです。

以前、母親と「住宅は持ち家か、賃貸か、どちら?」をテーマに話したとき。
「賃貸に住んでいたら、老人になって住むところがなくなるから困る」と母親は主張しました。
自ら持ち家暮らしということもあり「お母さんたちは住むところがあるから、安心」と言うのです。
高齢になると部屋を借りづらくなるとか、家賃をずっと支払い続けないといけない、と言い張ります。

「でもさあ、賃貸暮らしから、老後持ち家を買ったら、別に困らないんじゃないの?」と素朴な疑問をはさむと「そんなん、あかん。賃貸と決めたらずっと借家住まいにしないと」などと、とんちんかんなことを言い出すのです。

「持ち家の人が家を売ろうが、賃貸の人が家を買おうが、その人の勝手じゃない」と説いても、全く受け入れようとしないのです。
議論はどこまでも平行線をたどり、私は力尽きました。

今となっては、20年ほどそんな親のもとで暮らした私が、多少は親よりは相対的な物の見方を学んだことは、奇跡的かもしれないとすら感じます。

父親も母親も、タイプこそ違えど、自分が絶対正しくて、異なる意見の持ち主は馬鹿か間違っている、と信じて疑わないのです。
そんな親を持った我が身を恥じつつ、実家から離れて親とも没交渉の今、私の周りをうろちょろされているわけでもなし、と気分を一新するのでした。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2014-04-29 01:38 | 親への違和感 | Comments(2)


自他の区別

幼稚園時代、カトリックの教えに従って(真に受けて)「まずは人のことを。自分のことは後回し」になっていたらしい私のことを、母はよくなじっていました。

「自分のことを放っておいてまで、他の人のことをして!」

そっくりそのまま、あなたにお返しします。今なら母に、きっぱり言い渡します。

*****

子どもの頃。母からなにかと後回しにされました。
ある方からの指摘で、母は娘である私との自他の区別がついておらず、我が身を後回しにするかのごとく、無意識のうちに他のお子さんを優先したり構ったりして、我が子を後回しにしていたのだろうと思い至りました。

自他の区別。父も母も、全くつけられない人々でした。

自分の弟(私の叔父)の新居購入時、ここがよいからと物件を強引に決めてしまった父。本当はその町に住みたくなかった、とは、叔母から聞かされました。年長者の意見に従わなくてはいけないと思ったのと、あとは、逆らったときが怖かったから渋々、選んだようです。

自分がよいと思ったものは、他人もそう思うのが当然。それは父親も母もでした。

そして両親の教えは、これでした。
「自分がされて嫌なことは、他人にしてはいけない」

一見正しいようですが、実は誤りです。
「相手が嫌がることをしてはいけない」ですよね。

*****

母にされて嫌だった出来事がありました。

私は仕返しをしました。

「同じことをされたら、どう思うのか、身をもって感じなさいよ」と。

母は、反論しました。
「お母さんは、自分がされて嫌なことは、人にはしません!」

私の反応です。
「ふうん。そうなんだ。じゃあ私にしたということは、お母さんは自分がされて平気だと思ったから、ということね。だったら、私はお母さんにするわよ。平気なんでしょ?」

母は、全く納得していませんでした。

*****

自分の両親は自閉圏だな。と思うのは、こんなときです。

「世の中にはあなたが美味しいと思う食べ物を、美味しくないと思う人もいる。だから、自分が美味しいと思うものを強引に勧めるのはよくないし、美味しくなかったと言われて怒ったり、相手を間違っていると批判するのはお門違いです」

私のこのコメントを、父も母も、聞き入れることはありません。

「こんなに美味しいものをまずいというヤツの気が知れない」
「人がせっかく贈ってやったのに、感謝の心が足りない」
「こちらの気遣いを踏みにじって、失礼だ」

と、そんな風に返してきます。

もしくは、人様から頂いた贈り物に難癖をつけて「こんなつまらないものを選ぶ神経が理解できない」などなど。

どうして我が親がこんなに常識知らずで人をけなすのか。恥ずかしくて情けなくてたまりません。

その原因が、自分と他人の線引きが出来ていないからだ、と痛感するようになりました。

世の中にはいろんな人がいて、いろんな考え方や価値観を持つ。それが分からない。
母は、父親のことを「信念がある」と評していましたが、私が見れば、単に自説に固執している排他的な、狭量な人物に過ぎません。

若い頃の私は、土足でズカズカ踏み込むと言われたこともありました。
何をもってそう言われたのか、当時は理解していなかったと思います。
私が今、親たちに感じるような言動を、なんの疑問もなくとっていたのが、直前まで親元にいた私のかつての姿だったのでしょう。
[PR]
by cocue-cocue | 2014-04-17 12:50 | 親への違和感 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
細々と、学習したり
at 2017-08-17 02:11
こつこつスクワット
at 2017-08-15 03:04
立秋の雨音
at 2017-08-11 01:46
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧