日々是呼吸


<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



無印良品、店員さんのさりげなさ

今回もふらふらっと、吸い寄せられるように無印良品週間中のお店に出掛けてしまいました。

以前買って、なかなか良かった食器を買い足したり。
旅行用の化粧品がきれかけてきたのを口実に、小さいパックを買ったり。
何だかんだと、買い物をしました。

最寄りの無印のお店でいつも感じることを。
店員さんたちが、感じ良いんです。
着ておられるのは無印の衣類だと思うのですが、みなそれぞれ似合っていて、さりげなくおしゃれです。
応対も控えめながら丁寧で、威圧感は見当たりません。

最寄りの無印があるビルには、別の大手カジュアルアパレルも入っています。こちらの店員さんはキビキビ、ハキハキ系で、それはそれで良く教育されているのですが、のんびり品定めに出掛けたときには、その高めのテンションはちょっと負担に感じてしまいます。そのため、こちらのお店ではなかなか、試着室にまで入れずにいます。

今回の無印の買い物では、実は衣類も新調しました。
たまたま乳児が寝ていたタイミングでもあったのですが、店員さんに声をかけると「ベビーカーごと入れる試着室にどうぞ」と案内してもらえました。何だかほっとできて、落ち着いて買い物ができました。

関西人なので?無彩色の商品がメインだったころは、無印の何が良いのかさっぱり理解できなかったのですが、今では密かなお気に入りになりました。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-11-27 17:55 | お気に入り | Comments(4)


Fさんに捧ぐ~ 伝えきれなかった、ありがとう

初めての育休中、子どもが歩くようになってでかけた広い芝生の公園で、その方と出会いました。

当時の写真を見ると、子供はまだ薄着でした。でも秋真っ盛りだったように記憶しています。
あの日の午後、公園の木々は、黄金色に輝いていました。

池のほとりの大きな石に腰かけて休んでおられたその方と、芝生にいた我々がどんないきさつでお話ししたのか、きっかけは思い出せません。

平日の午後、他にも子連れのお母さんは何組かいらしたようです。
でもなぜか、私たちに声をかけられたのでした。

その年の春、子供の保育園が決まらず、既に待機児童になっていました。
育休から職場に復帰しようとも、預け先が見つからなければどうしようもありません。
子供の年齢が上がるほど、募集枠は狭まります。

考え始めるときりがない、そんな思いを脇において、歩き始めた子供が思う存分動き回れる場所に連れていったのでした。
広い空が見渡せる公園で、私も先行きの不安から少し、目を背けられて、深呼吸できるひとときでした。

ひょんなことから、保育園がなかなか決まらずにいることを話したところ、その方はご自身の知る限りの情報を教えてくださったばかりか、もっと詳しい人を紹介するといってくださったのです。

初対面なのに!
でもなぜか、私には警戒する気持ちなど、沸き上がりませんでした。

連絡先を交換して帰宅すると、さっそく電話が入りました。
お知り合いに連絡したので、次の週末に引き合わせると。

一部始終を聞いた夫は、非常に不審に思ったようです。
とにかく、一度一緒に会ってから、判断してよ。
そういって、家族三人でその方のご自宅に出向いたのでした。

急な話だったのに、あたたかくご夫妻で出迎えてくださって、お知り合いにも紹介してくださったのでした。

その後もお電話を頂いたり、また公園でばったりお目にかかったりしました。

月日は流れ、運良く子供の預け先が見つかった私は職場に戻りました。
しばらく働いて再び産休、育休に入りました。

第二子を連れて四人でその公園に久々にでかけたのは、この春の連休でした。
職場復帰後はなかなか来ることも出来ず、本当にご無沙汰していたのです。

ご近所にお住まいのその方が、あの頃のようにまた、ジョギングにこられていないかな?と辺りを見回したのですが、お姿は見えませんでした。
さすがに人が増える連休に、わざわざ訪れないかな?と思ったのを覚えています。

先日、一枚の葉書が届きました。
時節柄の喪中ハガキです。
文面を見てはっとしました。
あの方が、夏に他界された、と書かれていたのです。
私の母と同い年だと、ハガキではじめて知りました。

ごく親しい方には、家族四人で写真をとってもらって送ろうね、と夫と話していました。
もちろんあの方にも、です。
第二子が生まれたこと、あのとき第一子が押しながら芝生で歩いていたベビーカーに乗せていること。
いろいろ、お話ししたいことがあったのに。

我が家の冷蔵庫には今も、あの秋の日に渡された連絡先の手書きメモが貼ってあります。

もう、お会いできないなんて。
また公園で、あの大きな石のところで、姿を見付けられると思っていたのに。

見ず知らずの私たちにお世話を焼いてくださったFさん。
本当に、ありがとう。
充分にお返しできなくて、ごめんなさい。

どうか安らかに、お休みください。
あの公園を、空からまた、眺めていてくださいね。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-11-23 15:30 | こころと思い | Comments(0)


トーストでハーフ&ハーフ

ソフトクリームのミックス味を発明した人は賢いな、と思います。
バニラの味だけだと飽きてしまった幼い頃も、チョコレート味の甘さが少しくどく感じる年頃になっても、二つがほどよく混ざっていたならば、味わいもより深く感じられて、満足度が高まります。

そんな私のハーフ&ハーフ好み、最近は朝のトーストで試しています。

その1
他の家族はほとんど使わないのに、つい買ってしまうジャムやピーナッツバター、ココアクリーム。
美味しいのですが、カロリーが気になるとつい控えてしまうため、なかなか消費できないのですが、あるときふと思い付いて、試してみました。
トーストの半分にだけ、ジャムやスプレッドを塗るのです。

この手の品は、濃厚な味が多いので、素のトースト(?)と交互に味わうと、ちょうど良い具合に味を楽しめます。
カロリー摂りすぎの罪悪感からも解放されます(^-^)v

その2
朝イチだからエネルギーを取りたい!!というときには、これまたトーストのハーフ&ハーフがおすすめです。

半分にピーナッツバターを、残り半分にジャムを塗ってみると、一枚で二度美味しい。
私のなかでヒットだったのは、半分にビターチョコクリームを、残り半分にオレンジマーマレードを塗ったトーストでした。

その3
東京に来て最初に驚いたのは、食パンは8枚切りが主流だということでした。
日本一パンの消費量が多い街から来た私にとって、8枚切りは「厚めのサンドイッチ用」で、普通は6枚切りがトースト用です。

やっぱり厚みがあって食べごたえがほしい。
思い付いたのは「4枚切りの食パンを半枚食べる」ことでした。
一枚だと満腹になりますが、半分だと8枚切りの一枚分に相当するので、悪くない分量ですし、トーストをしっかり味わえます。

なんてことはない、ワザというほどでもありませんが…お気に入りのご紹介でした。

もっと素敵なアイデアがあればぜひ、教えてくださいね(*^^*)


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-11-15 16:15 | 口福レシピ | Comments(6)


鬼嫁反省(半生)記

私の母は、私が不満げな顔をすると「何が不服なの」と言い、そんな表情は人前で見せるものではないという信念を持っていました。
疲れた様子も、悲しい表情も「ぐっと奥歯を食いしばりなさい」と我慢させられました。
(そして大人になり、顎の痛みを覚え、歯科で噛み締めと診断され、マウスピースを作るはめになりました)

そんな母が気にくわないのは、私の夫が帰宅すると、着替えもそこそこにソファやベッドでごろんと横になることです。

すぐに疲れるなんて、体力がない。
疲れた顔を人前でするのは好ましくない。
そうやって私によく愚痴をこぼしていました。

(ちなみに疲れやすいのは、夫に発達障害のきらいがあるからではないか、と私は仮説をたてていますが、またの機会に譲ります)

夫が帰宅してドアを開けたとき、それこそぼろ雑巾のような顔をしているのを見て、私も軽くイラッとしたものでした。

仕事帰りで疲れているのは当たり前です。わざわざそのままの顔を見せなくても良いじゃないか、と思い、正直なところ不満でした。

ところである方のブログを拝見し、気がついたことがありました。

その方は、人が疲れている表情を怒りの表情と受け止めていたこと、他の人の否定的な表情や感情は自分のせいだと思っていたこと、その二つがあわさって、必要以上に自責の念にかられていたようでした。

もしかしたら、私の母は同じパターンの発想をしていたのではないかしら?

だから娘の私が否定的な表情を見せるのをいやがるばかりか、娘の夫の疲れた様子ですら気に入らなかったのかもしれません。

その気付きがあったのでおもわずコメントを書いたところ、以下のようなお返事を頂きました。


相手の不機嫌が自分のせいだと思っていると、疲れた様子を見てお疲れ様といえないですよね。


ハッ、私は思い知らされました。
疲れている夫を見て、内心「またそんな、疲れた顔を見せて」「この程度でなんで疲れるのかしら」と、母にすりこまれたように感じていたことはあっても、夫に疲れて大変ね、お疲れ様なんていう思いはこれっぽっちも抱いていなかったかもしれない。

ああ、なんてひどい鬼嫁なんだろう~深く反省しました。

(そしてそれは、私の母は幼かった私の否定的な感情の発露である表情そのものも認めなかったので、私の気持ちに寄り添ってもくれていなかったんだ、という気づきでもありましたが、別の機会に考えることにします)

夫が疲れているのを見て、自分まで滅入る気分になるのが嫌だったこともあり、どこかで読んだ「他人の不機嫌はその人の問題、私まで感染することはない」と割りきる努力はしていました。

公共の場でイライラしている人が相手ならまだしも、家族にたいしてもそんな風にしか考えられないなんて…
私の冷酷さに、心が痛むこの頃です。
本当に申し訳なかったなと反省しています。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-11-03 23:24 | こころと思い | Comments(2)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧