日々是呼吸


<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧



日本の学校、その重すぎる役割

いじめによる自殺を選ぶ子供たちのニュースが続いていたときから、ずっと頭をよぎっていたことです。
日本の子供たちの生活において、学校の占める割合があまりにも大き過ぎるのではないでしょうか。

10代のころ、大陸ヨーロッパの中等教育機関に通ったことがあります。
現地校の英語の授業で、こんなやり取りがありました。

「あなたにとって、学校とはどういうものですか?」

日本で育った私はなんの疑問も抱かずに、こう答えました。
「私の生活でもっとも重要な地位を占めるものです」

その答えは、同級生を驚かせたようでした。

彼らから出てきたのは、こんな言葉でした。

「生活のほんの一部を占めるに過ぎないもの」
「退屈なもの」

授業内の質問で、退屈と言い切る勇気にも驚きましたが、学校生活の存在感の軽さが、私には驚きでした。

今は制度が変わった面あるようですが、当時のその国の中等教育機関の授業は原則、昼食前に終了、週に一、二回だけ、午後にも授業がありました。

放課後は真っ直ぐ家に帰ります。昼食は自宅に帰ってとるからです。

部活動はなく、一部、希望者のみの課外活動がお稽古ごとのように用意されるだけ。
スポーツや音楽などは、地域のクラブに参加するのです。

日本のような大学入試はないので、受験勉強もありません。当然塾もありません。
勉強は大学進学に必要となる「高校卒業資格」を取るために、個々が自ら取り組むものです。
5年生(日本だと小学生!)から留年があり、二回をこえると退学です。私の通った学校も、卒業資格をとった生徒は、入学した生徒の半分未満でした。

その国で学校とは、勉強をする場所という役割以上のものは、社会からは期待されていませんでした。
もちろん同級生のなかに友達も出来るでしょうが、日本のように放課後もつるむことは、(遊びだけでなく、同じように塾に通ったり、も含めたつきあい)まずありませんでした。
授業以外の活動を通じての学びというものは、学校に求められてはいませんでした。

翻って、日本の場合。
中学生、高校生の生活で、学校とは無縁のところで人間関係を築くことができる機会は、果たして充分に用意されているのでしょうか?

部活も塾も、学校と無関係とは言い切れない場所です。

学校によりけりでしょうが、アルバイト禁止をうたう場合もあります。

習い事や信仰を通じた集まり、またはボランティア活動にでも参加しない限り、ほとんどないと言えませんか。
受験勉強を最優先する風潮のなか、純粋な私的校外活動に取り組む生徒は、少数派ではないでしょうか。

そんな子供たちが学校生活で行き詰まったとき、逃げ場はどこにあるのでしょう?
いじめにあって、相談できる人間関係も、立ち寄れる場所もなければ、絶望して命を絶つ子供たちが現れるのは、自然ななりゆきと言えそうです。

お邪魔しているブログのひとつに「雨の日は本を広げて」という書評ブログがあります。
先日、学校についての本(エントリはこちら)を取り上げておられました。
私はこの本を読んではいないのですが、フロびぃさんのコメントに強く共感を覚えました。

日本の社会は、学校に多くの役割を担わせ過ぎ、そして子供たちの生活を学校どっぷりにさせ過ぎている、そのために社会的な歪みがでているのではないか、私にはそう思えてならないのです。

いじめに限りません。塾通い必須の生活も、そのために家庭の経済力が子供の進路に大きく影響を与えてしまうことも。
学校が日本の子供たちにとって、家庭外でほぼ唯一絶対的な「居場所」にされてしまっていることが、あちこちに問題を撒き散らしているように感じます。

もう少し、学校に求めるものを絞りこんだうえで、その代わりにしっかりと身に付けて子供たちが卒業していけるように、切り換えられないものでしょうか。

物理的にも時間的にも、学校に関わりすぎているために、寝ても覚めても学校という暮らしを強いることが、果たして子供たちの健全な成長に繋がっているのか、改めて考え直す必要がありそうな気がします。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-10-29 13:50 | こころと思い | Comments(6)


集中力と過集中

就職して初めて隣の席になった先輩は、物音に敏感でした。
自身は朗らかで、どちらかというと大声でおしゃべりするタイプなのですが、自分が仕事に集中したいとき、他人の話し声が気になる…あらためてこうやって書いてみると、ある意味身勝手ともいえる人物でした。

私は作業中に話しかけられてもあまりムッとしませんし、周りが暴れていようが騒いでいようが、矛先が自分に向けられない限りは全く無視して目の前のことに没頭できるタイプです。
今から思えば、隣席の方には想像力と配慮が足りなかったかもしれません。

当時の職場で、その先輩は真面目で仕事熱心という理解をされていました。
そんなある日、ふと気がついたのです。

あの先輩、実は集中力がないんじゃないの?

世間話だったり、業務連絡だったり、一般的な会話が少し盛り上がっているだけで、気が散るということは、相当過敏な感性の持ち主とも言えますし、集中するのが容易ではないのでしょう。

思えば先輩の机の上は、無駄なものもメモの切れ端もなく、書類はまっすぐキレイに並べられていました。
離席時は、気配すら感じさせないくらいの片付けようでした。

そんなきっちりした方だったので、集中して仕事するのは当たり前、周りはそう受け止めていました。

実のところは、そうやって身の回りを完璧といえるくらいに整えないと、思考が脆くも崩れ去る、そんな不安が強かったのかもしれません。

時が流れて、最近「過集中」という概念を知りました。
特定の物事や作業に必要以上に集中してしまうことのようです。
ひどい場合は食事やお手洗いを忘れたり、睡眠すらとらないまま、没頭するようです。

他人の物音や話し声で気が散る先輩を思い出しました。
確かに神経質な側面もありました。
私からみて、先輩は集中力が足りないヒトだったのですが、もしかすると、先輩は人並みの集中力の持ち主で、私が過集中気味だったのかも…

一旦スイッチが入ったら、延々続けることが全く苦になりませんし、計画的にこつこつ物事に取り組むよりは、勢いにのって進む方が自然に感じられます。
単調な作業であっても、やりはじめたら、あれをこうしたら良いかも、こちらはこの方が…と、次から次へとアイデアがわいてきます。

そうなってくると、もう脇目もふらず没頭という感じです。私には、決して珍しいことではありませんでした。

気が付いたら夜中とか、我に返ると喉がからからとか、いつもではありませんが、まあまあある出来事なのです。

これまでのエントリで少しずつ書いていたのですが、私は自分の両親に違和感を覚えるようになりました。
違和感を分析するうち、彼らの特徴がいわゆる発達障害の人々と(個別に違いますが)酷似していることに気が付きました。

その次の段階として、親がそうなら、私にも…と振り返り始めたのです。
遺伝的な面に限らず、親の慣習を受け継ぐという環境面からも、大いに有りうるのではないか、そんな素人なりの着眼点からです。

もちろん、境界線がはっきりしているような種類のものではないと感じてはいます。
少なくとも過集中については、これまで疑問視すらしなかった自分の言動が、実は相当特異なことだったのかも。思い当たる節があるのです。

これから少しずつ、学んでいこうと思っています。

思えば断捨離から、ずいぶん遠くに来てしまいました。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-10-24 00:40 | こころと思い | Comments(4)


親の揚げ足は「拾うな」~実家の暗黙の憲法

すべての関西人がそうだとは思えないのですが、私の両親は単語の読み方や発音に、やや鈍感なきらいがあったように感じます。

小学校低学年の頃、日記の宿題で「おばあちゃんが、びょういんでしゅうつしました」と書いた私。
父がいつも「しゅうつ」と言っていたので、まさか手術「しゅじゅつ」だとは思わなかったのです。

父の口癖のひとつ「ききゅう」は、文章のはじめによく登場しました。
「結局」だったと、後ほどしりました。

核家族で一人娘だったので、家で耳にするのは両親の会話のみです。テレビもあまり、見せてもらえませんでした。一世を風靡したピンクレディも、一曲も歌えない幼稚園児でした。

家で見聞きしたことを学校で口にして、からかわれたり。子供は残酷なまでも正直ですから、当時はそれなりに辛い時間を過ごしたものです。

しかし我が家では、過ちを指摘することはタブーとされていました。
前のエントリで書いた通り、正しいことを訴えるのはあれほど推奨されていたのに、です。
「揚げ足を拾うな」と、しばしば叱責されたのでした。

*このエントリを書くに当たって調べたら、正確には挙げ足は「取る」ものなんですね。今日まで知りませんでした。こんなところも、親の言葉への鈍さがあらわれていて、またひとつ、親から言われたことを訂正するはめになりました。


言葉遣いに限りません。
父が味噌汁やコーヒーをズルズル音を立てて飲んでも、履き物を揃えず脱ぎ散らかしていても、トイレに新聞を持ち込んで読んでも、やめさせるどころか、指摘することすらも許されなかったのです。

それらの行動は、子供である私は全面的に禁止されていたのに、そして母は一連の行動に強い不満を抱いていたのに、です。

「お父さんがしていないのに、なぜ私はしなくてはならないの?」疑問を抱くのは当然の成り行きでした。

「お父さんはもう大人だから、直せないの」母はそう答えていました。
父本人も「三つ子の魂、百まで」と繰り返し、「親に教えてもらってないことはできへん(関西弁、できないの意)」の一点張りでした。

私が中学生になった頃から、食卓が険悪な場になりました。
例によって独善的な、かつ偏見に満ちた見解を父が披露し、私が反論する。
男尊女卑の思想が染み付いていて「もっともできのわるい男性でも、もっとも有能な女性よりは優れている」という考えの持ち主だった父を、女子校に進んで自立と自律を学んだばかりの私が黙って許すはずなどありません。
そのうち母は、父と私の夕食の時間帯をずらすようにしました。

あるとき母がつぶやいたのです。
「お母さんが思っていても我慢していることを、あなたがそのまま、お父さんに言うから」と。
「あなたは辛抱が足りないのよ」とも、聞きあきるほど言われました。

親に生意気な口を叩いていた私ですが、社会に出て、父に教わったとおりのことをして叱られたり、恥をかいたり、とにかく恥しい思いを重ねました。

どうして母は、父の間違いをたださないまでも、せめてたしなめるくらいのことをしなかったのか。

半分冗談まじりとはいえ、母と私の会話で最大級の侮辱フレーズは「お父さんに、そっくり!!」というくらい、父の非常識さは明白な事実だったのですが。

面と向かって誤りを指摘できない唯一の相手が親。
実家の暗黙のルールのお陰で、「我が家の常識は世間の非常識」の壁にぶつかり、まだもがいている、そんな実感があります。

*補足

あるブロガーの方から、私の父について「パーソナリティ障害」のキーワードを受け取り、手に取った本でまず目に止まったのは「強迫神経症」の単語でした。

母が自他ともに認める強迫神経症で、例をひとつあげると、ことあるごとに手を洗わないと気がすまないので、洗いすぎで手が荒れて皮膚がむけてしまうくらいでした。

こういうのもパーソナリティ障害なんだ…
素直に驚きました。
母の日常的なふるまいのあれもこれも、こうやって分類されるのか。

次回に続きます。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-10-18 15:45 | 親への違和感 | Comments(2)


保育園のイメージ イラストを見て

出産後も仕事を続けようと考える女性にとって、障害のひとつは「保育園に子供を預けることへの批判的な見方、無理解、誤解」かな、と感じることがあります。

待機児童問題がなかなか解消に向かわず、そもそも預け先を確保するのが一苦労、そんなご時世です。
認可の保育園に希望する時期に入園できることになれば、恵まれている、にも関わらず、時折耳にするのがこんな話です。

「保育園に預けるなんて、子供がかわいそう」

母親自身が幼稚園に通っていたこともあり、保育園に抵抗感がある。

自分はわが子を幼稚園に通わせたので、孫が幼稚園ではなく保育園に行くのは気の毒、と義母や実母に言われる、という話(女性は家にいて、と強く思っている人に多い)。

子供には「教育」を受けさせたいからと、働いていても三歳児からは幼稚園に通わせる母親も、多くはありませんが一定数います。

おそらく、そんな方たちのイメージする保育園の光景はこれかな?と思われるイラストを、新聞折り込みのチラシで見つけました。

配布元は幼児教室の運営会社です。
共働き家庭が増え、その子弟も「お教室」の対象にしようと、新しいサービスを始めているのですが…

皆さんはこのイラストをご覧になって、どう思われますか?

d0181948_1712924.jpg



画像はお借りしました。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-10-16 17:00 | 子育て | Comments(2)


正しいことは口にして良い、が… 実家の見えない憲法

家庭的な環境で、楽しみより正しいことが優先されていた私の実家には、こんなルールもありました。

*正しいことや事実であれば、口にして良い

日本社会に顕著な傾向かと思いますが、有力者や人気者といった、影響力のある人の言動には寛容で、望ましくないふるまいがあっても大衆は見て見ぬふりをしがちではないでしょうか。
(そしていったん、振り子が反対に触れると、突如としてバッシングの嵐が巻き起こります)

庶民ならではの処世術だとは思いますが、自分の方が圧倒的に強いと思わない限り、特定の言動や事象で、自分が許しがたいほど明らかな被害を受けたり、権利を侵害されたりしない場合では、声をあげない人が多数派と言えそうです。

ところが我が家では、権力におもねることはない、という精神がどこかあり、間違いや誤りを指摘することはむしろ奨励されていました。

まだ昭和の時代、私が幼い頃の話です。
実家のある町では、地元の中学生によるいたずらが横行していました。

クラブ活動で民家の敷地に飛ばしてしまったボールを取り戻そうと、生徒が勝手に民家の敷地内に入って庭を歩き回って荒らしました。
そのうちに味をしめて、庭の物置から買い置きのジュースを盗んで飲んだり、下着泥棒も起きました。
ガレージでシンナーを吸う輩までいたようです。

多くの家は、そんな被害を受けていても、甘んじていました。
自分の子供が世話になっていたり、もしくは世話になる可能性のある中学校を敵に回したくはなかったからでしょう。

しかし私の親は違っていました。
現場を目撃したら、逃げようとする「犯人」を捕まえて厳しく叱るのはもちろんのこと、学校に直接報告して、改善を求めていたのです。

わが親は今でいうクレーマー的に受け止められていたのでしょうか。
ボールを飛ばしてくる部活の顧問や教頭といった先生が新たに着任されるときは、挨拶にこられていました。

学校との関係は、母が教職経験者だったのも一因と言えそうです。

本来学校が指導すべき点がなされていないというアラが見えたりもしたでしょうし、普通は生徒や保護者の立場でしか接していない学校の当事者だったという経験は、必要以上に敬遠しない姿勢を後押ししたことでしょう。

とはいえ「まあまあ、そこまでカッカしなさんな」という反応がどうやら一般的らしい、と知ったときの驚きは、子供にはかなりのものでした。

今回のルール、見方によれば民主的です。
が、実家では追加的に、こんなルールもありました。

*親の間違いや誤りは、指摘してはならない

え、どうしてこうなるの???

次回に続きます。

*補足

父親を発達障害というキーワードで振り返ってみると、あまりにも「あるある」ネタが多すぎることに気が付き、たまたまであったブログで見た自閉症のお子さんの話と符合したと感じたとき。

発達障害の切り口で綴られるブログを知り、あるエントリに父についてのコメントを残しました。
ご丁寧に返答を下さったのですが、そこには「パーソナリティ障害」を学んでみてはいかがですかというアドバイスがありました。
さっそく書籍を探して、ページを開きました。
そこには…驚くべき記述があったのです。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-10-09 13:55 | 親への違和感 | Comments(0)


私が育てられた家庭の見えない憲法

私の育った家庭には、今から思えばいくつかの見えないルールがありました。
どの家庭にも、独自の決まり事や約束はあるでしょう。
私の実家の場合、そのルールが相反する内容だったり、強力すぎたりという面があり、年がたつほど、一般的な考え方とずれていたと思い知らされたのです。
いくつかの例をあげてみます。

*正しさ>楽しさ

家族で外食したとき、母はお酒を飲まないので頼みませんでしたが、父は必ずビールを注文しました。
私はジュースやデザートを注文させてもらえませんでした。

とても食が細く、かつ食べるのが遅かった私。
「早メシ早○○芸のうち」が座右の銘の父(肥満。後に腎臓ガンを発病)に、いつもこう言われたのです。

「あとでデザートが食べられると思うと、そのぶんのお腹をあけておこうとして、食事を食べなくなるから、デザートは頼まん。食後にまだ空腹なら、食べさせてやっても構わない」

少食だった私が、完食後に他のものを食べられる余裕などあるはずはなく…
一度たりとも、デザートを注文してもらったことはありませんでした。
ジュースも同じ理由で、認めてもらえませんでした。

単に厳格な親だったから、と思っていたのですが、社会人になってその話をしたとき、こんなコメントをもらったのです。

「君の親御さん、不思議だねえ。子供が喜ぶことをしてあげたいって、親なら思うものなんだけどね。デザートやジュースも、楽しみのひとつだと思うんだけどなあ」

父は筋金入りのケチなので、デザートの出費が嫌だっただけなのかもしれません。
(ちなみに肥満と書きましたが、本人はぜんざいやおはぎなど、甘いあんこが大好きです。そのため、私はぜんざいやつぶ餡が大嫌いです)

食べ物をめぐっては他にも逸話がありますが、またの機会に譲るとして…

我が家では「正しい」ことが優先されて、楽しむことは二の次、そんな憲法が君臨していたと悟ったのは、実に近年のことです。

父とゲームをやっても、子供に手加減はしませんし、ハンディキャップも与えてくれませんでした。
私は一人っ子なので、トランプでもボードゲームでも、相手は親しかいません。
何度やっても負けて、負けて、最後は泣いていました。

見かねた母が「たまには、子供にも勝たせてやったら?」というと、父は血相を変えてこういい放つのです。
「子供相手でも常に真剣勝負に決まってる」

自分が負けるのは絶対に嫌なので、どうしたら勝てるのかといったコツも教えてくれません。
幼心に、ゲームで戦うのは楽しくない、そうとしか思えなくなり、私はパズル好きになりました。パズルなら、対戦相手は不要ですから。

私は父が40歳近くで生まれたのですが、決して若くない親のはずなのに、どうしてここまで大人げがないのか、いまだに理解に苦しみます。
幼い娘を相手に、いったい何の仇を打っているんだ?と思うほど、父は必死でした。

へんてこりんなわが実家の憲法。困るのはそれが、他のルールと整合性がとれないことだったのです。次回に続きます。

*補足

とある方のブログで、自閉症と診断を受けているお子さんのエピソードを拝読し、驚愕しました。

複数の「事件簿」やお子さん(幼児です)の性癖、行動様式が、昔からの父のふるまいとそっくりなのです。

あの人は何かがおかしい。
その思いは年を重ねるごとに強まっていましたが、そのブログで綴られるあれこれを拝読したときの「ビンゴ!!」という思いは、私が苦しんできたことはもしかして…という、予想外の気付きをもたらしました。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-10-08 12:40 | 親への違和感 | Comments(2)


夫はこんな風に育てられた

夫が子供の頃、夜八時に消灯していたそうです。

振り返れば私の小学校時代も、土曜日は「全員集合」の最初だけは見てもよい、という約束を親としていました。
平日は早く寝ていて、土曜日は夜更かしOKだったのでしょう。

夫の実家に話を戻します。
早寝は健康に良いですから、素晴らしい習慣だと思います。さすが教育的、そう受け止めていました。

が、義母に言わせるとこういうことなのです。
「子供たちが早く寝てくれないと、私の時間が持てないからよ」

モーレツサラリーマンを絵に描いたような義父は、子育ても家事も妻まかせでした。
そんな義父との子供時代の夫の思い出は、たまに外出に連れていってもらったとき、母親なら買ってくれないジュースを飲ませてくれたこと。

なかなか微笑ましい…
と思うと、その実態は「競馬場に連れていき、ジュースをだしにして馬券を買っていた。レースが立て込むと二本めのジュースで黙らせていた」とか。

話し半分に聞くとしても、夫の思い出に見え隠れする親の言動は、今の彼の子育てに見事に反映されているのです。
それは…
親側の都合を優先して、子供に接する態度です。

子供が手助けを求めてきたとき。
「自分でできるでしょ」と夫が子供を突き放すのは、疲れているとか、めんどうくさいという場面です。
子供が一人でできるかどうか、ここは手を出すべきか否か、そういう判断とはお構い無く、自分の気分や状態で、手助けをしたり、しなかったりします。
はたからみていると、子供に対しての一貫性がなく、気まぐれにしか映りません。

子供と出掛けた休日、家を出てすぐ「だっこしてあげる」と言います。
そうすると、子供は途中で歩きたいとは言い出しません。
しばらくして夫が疲れてきて「自分で歩けるでしょ」と子供を降ろします。
当然子供はぐずります。今までだっこしてくれたのに…
「パパはもう疲れた。自分で歩いて」
子供にしてみれば、ねだる前から抱っこだったのに、突然歩けと言われても、納得できないのは当然です。

「出発直後から抱っこしなくても良いんじゃないの?」と私が聞くと「急いで行きたかったから抱っこした」との答えでした。
それって…あなた(夫)の勝手な都合を押し付けてるだけじゃん。

人間だから疲れることもあるし、イライラして八つ当たりもするでしょう。
大人だって、間違いはしますし、常に模範的とはいきません。
とはいえ、親の都合が子どもへの接し方を選ぶ優先的な理由だというのは、私にはなじまない考え方なのです。

私の母が子供の相手をしているのを見た夫が「あなたのお母さんは教育者だね」と何度か私に言いました。
確かに母は教職についていましたが、義母のように三歳児に文字の書き方を教えたりはしないので、何をもってそう感じるのか、ずっと謎でした。

夫はおそらく、私の母が子供にかかわるとき、子供をよく見たうえで、何が子供のためになるかを考慮しながら対応していることに、驚きを覚えたのかもしれません。

私の母と我々一家が神社のお祭りに出掛けた帰り道。
子供はいつもなら抱っこになりがちですが、母は全行程を歩かせました。
初めて履いた草履だったにもかかわらず、子供は弱音もはきませんでした。

「うちの母には絶対、同じことはできないな」とつぶやく夫。
帰り道は余計に時間が掛かりましたが、子供を励ましながら、完走ならぬ完歩させた私の母に、我々夫婦はただ感心するのみでした。

*もちろん私の親の子育てには、別の課題がありました。次回に紹介します。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-10-04 17:50 | 子育て | Comments(4)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
スマホ機種変で思わぬ発見
at 2017-10-30 15:56
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧