日々是呼吸


<   2012年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧



思考停止レシピ~暑いときはこれ


 今年のように暑い夏は、キッチンに立つ時間を一秒でも短くしたくなるものです。
 お腹が空いた、スタミナつけたい、でもあれこれ考えたくない…
そんなときは、家にある食材でさっと作れるメニューが便利です。

 小さい子どもがいるので、最近はなかなか食卓に並ぶ機会はないのですが…
すぐに覚えられるし、二度目からは何も考えずに作れるこの一品、良かったらお試しくださいませ。

 『豚キムチ』

材料 (一人あたり)

豚肉…60~100グラム
キムチ…豚肉の目分量の半分~同量めどに
にら…一束  (我が家ではカットして冷凍保存しています)
卵…1個
油…サラダ油かゴマ油、適宜

お好みで…たまねぎ、もやし、にんじん(細切り)

手順

1) 豚肉は一口大に、ニラは4センチ長さに切る。(キムチが大きい場合は食べやすくカットする)
2) フライパンに油を熱し、豚肉を炒める
3) 豚肉の色が変わり始めたら、キムチを加える。(たまねぎやもやしを入れるなら、ここで)
4) キムチの香りがたってきたら、溶き卵を流し入れて軽く混ぜ、半熟の手前でニラを加える。お好みでしょうゆを鍋肌からたらしても。
5) 火を止めて、お皿に盛り付ける。

わざわざブログにUPするほどでもない、簡単レシピです。
キムチが入るので下味も味付けも不要ですし、細切れ肉と一口大キムチを使えば、包丁を使うのはニラをカットするだけ!というお手軽さです。

なんてことはないレシピですが、暑さで頭がぼんやりしていても、勝手に手が動いて完成させられる「持ち駒」がいくつかあれば便利だな、と思って、書きとめてみました。

皆様のお手軽&外れなしレシピがあれば、ぜひ教えてくださいませ!


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-08-25 17:25 | 口福レシピ | Comments(2)


しないと決めたこと~移動編

お住まいの地域や家族構成など、事情によって異なると思います。あくまでも私をとりまく環境が許すから、ではありますが、移動手段について感じることです。

一人目の子供のときから決めているのですが、我が家は自転車の二人乗りはしません。
二人目はまだ乳児なので、そもそも乗せられないのですが、仮に可能な月齢になっても、我が家は自転車で子供と相乗りはしません。

いくつか理由がありますが、最大の理由は、不安定な走行と、倒れたときの危険性が気になるから。いくら便利といわれても、安全面を引き換えにしたくはないからです。

ベビーカーで電車やバスなどの公共の乗り物を使うより、迷惑がられることも少ないでしょうし、移動距離も長くできそうです。
手を振りほどいて飛んでいってしまう子供を連れて歩くよりは、逃げられない自転車の座席のほうが心配も減るでしょう。
有料化してきたとはいえ、駐輪場は駐車場より安く使えますし、止める場所探しの苦労も小さいはずです。

なので多くの親が、自転車で子連れ移動するのは分かるのですが、私はやっぱりしたくないのです。

警察も取り締まりは強化せず、むしろ電動自転車で対応機種であれば、という対応のようです。
市民権は得ているのだとは思いつつ、今日も私はベビーカーに赤ちゃんを乗せて出掛けるのでした。



★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-08-23 17:45 | しないときめたこと | Comments(6)


独りっ子ハラスメント

家族のあり方が多様化したり、不妊などもクローズアップされてきたので、かつてほどの言われ方はないかも知れませんが、日本の社会には独りっ子へのハラスメントが横行しているように感じます。
多数派やら標準モデルから外れることに対しての非寛容さに繋がるのだと思うのですが…
気になってしまうのです。

私自身は独りっ子で、二児の母です。

物心ついた頃には、独りっ子はワガママになるとか、頼りない、甘えん坊だ、などなど、周りからさんざんけなされました。
母には「独りっ子で甘えん坊と思われたくない」と、甘えさせてもらえずに育てられました。

いっぽうで、独りっ子だからお金をかけてもらえる、という言われ方もしました。ひがみなのかも知れませんが、いい気分はしません。

自分が独りっ子なので、その欠点を指摘してもよいと思うのですが、確かに年少者への労りは欠けているし、人とのやり取りは下手くそです。

だけど、よってたかって、ろくな大人に育たないとか、わがままだとか、自分で選べないことをことあるごとにあげつらわれるのは、本当に苦痛でした。
なぜ兄弟姉妹がいるだけで、この人々は独りっ子の私にそんなに尊大になれるんだ、と思ったこともあります。

縁あって結婚後、二人の子供を授かりましたが、第一子のママ友らとの「二人目どうする」話が嫌でした。

なんで二人目を欲しがる?
「独りっ子ではさびしくて、かわいそう」

はじめから兄弟がいないのが当たり前の独りっ子の場合、実はそのことではさびしくなんかないんです。

例えば、妹か弟がいるけれど兄姉がいない、という人にとって、兄姉は欲しくなるかもしれないけれど、いないから寂しいわけではありませんよね。
いないから寂しいと感じるのは、兄姉がかつていたのにいなくなってしまった人だと思いますが。

むしろ「さびしくてかわいそう」と、心にもない同情をされることで、傷つくんです。独りっ子だから、自分は不完全なんだと。

引け目を感じさせられて萎縮させられた独りっ子の私、確かに頼りなくて、引っ込み思案だったと振り返って感じます。
でもそれは~周りから植え付けられた不完全さ、兄弟姉妹のいないことによる欠落感が、独りっ子の自尊心を傷付けて損なったからではないか?そう感じるのです。

何の気なしに交わされる「二人目どうする」会話も、独りっ子をヘコませるには十分だったりするんですよね…

今はもう集まりませんが、お盆の季節になると集まる親戚からもあれこれ言われて、イヤな気持ちになっていたなあとふと思い出した次第です。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-08-16 18:45 | こころと思い | Comments(16)


がんばるのを止めてみたら

がんばるのをやめてみました。
訳あって(詳しくは後ほど)頭が朦朧としていて、どなたのブログで拝読したか失念してしまいましたが…

自分は頑張らないと認めてもらえない、そう信じている人のまわりに、怠け者、サボる人が次から次へと現れる、それは「引き寄せ」の結果だ、という趣旨の文章を目にしました。

以前お会いしたカウンセラーの方にも、甘えることの大切さを教わり、意識して甘える必要ありだな、と思いつつ…振り返ると、頑張ってしまっていたかも、そう感じたのです。

頑張らないと決めた翌日。頭が痛くて、重くて、起き出せず、夕方まで過ごしてしまいました。
自覚はありませんでしたが、検温したら発熱していました…

私がダウンした間、夫が子供たちを相手し、必要に応じて乳飲み子を連れてきたり、幼児を散歩に連れ出したり…生活は回っていたようでした。
もっとも、回さざるを得ないから、ではありますが。

何だか考えさせられるひとこまでした。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-08-07 20:10 | お手入れ | Comments(0)


しないと決めたこと~続 インターネット編

Facebookしません、に続き、しないと決めて、しかも方針変更はあり得ないと自覚しているものがあります。
Twitterです。
すでに一時の勢いに陰りも出たかも知れませんが、Facebookのような「便利なのは分かるが、抵抗感」なんてものではなく、私には生涯無縁だなと自覚できるほど、しない決意は固いものです。

親しい友人との携帯メールのやり取りが、Twitter状態になることもあります。でも、わざわざTwitterでなくて良いかな?そう感じています。

が、ここへきて、全く異なる理由で、Twitterはちょっと、と思い始めました。

きっかけは、世界一周旅行中にマラリア感染で他界した夫妻の話を知ったことでした。

ご本人に了解を得られませんので、リンクは貼りませんが(ご興味のある方は、前の文章のキーワードを検索なさって下さい)、亡くなる前日もつぶやいていたことが分かっています。
内容は体調悪化を訴えるものでした。

国境を越え、リアルタイムで繋がっていたはずなのに、異国で邦人保護も受けぬまま、客死した二人。
一昔前なら考えられなかったコミュニケーションの手段があるのに、活かされなかった。
いやむしろ、実際は遠く離れている家族や友人、仲間らとやりとりしていたために、孤独感や旅先特有の心細さが欠落し、危機的状況の見極めができなかったのかも知れません。

TwitterこそがギリギリのSOS発信だった、と見ることもできます。
残念ながら、メッセージを受け取って、彼らのために何らかの手を打った人はいなかったことは、結末が物語っています。

Twitterをする代わりに、現地の大使館に連絡するとか、宿泊先で助けを求めるとか、命拾いに繋がる行動はほかにいくつでもあったかもしれません。
詳しくは触れませんが、それらの選択肢をとらなかった理由もあったようです。
とはいえ、起きてしまった結果を知ったら、「あのとき、まだ何かできる状態だったのなら、Twitterしてる場合ではなかったのでは」と言わざるを得ません。

Facebookについてのエントリでも少し触れましたが、オンラインの世界を優先してしまったがために、今ここにいる自分の身を守れない、そんな恐さが潜んでいるのではないかと、切実に感じた次第です。


まさかこんなことになるとは全く知らない状態の「つぶやき」を、後から目にする切なさ…
ネット上に残るだけに、なかなかつらいものもあります。




★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-08-05 17:20 | しないときめたこと | Comments(4)


原発関連 パブコメ 8月12日〆切です

http://anirepo.exblog.jp/18294364/

エキサイトブログでお見かけしたエントリが、目を引いたのでご紹介します。

よくお邪魔するブログでも、パブコメのエントリがUPされており、その際ご紹介できれば良かったのですが~
まだ間に合いますので、ご参考になれば幸いです。
[PR]
by cocue-cocue | 2012-08-01 17:00 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧