日々是呼吸


<   2012年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧



懐かしいすずらんランプの切ない思い出

夫と初めて暮らした家は、照明を自分で用意する必要がありました。

あちこちに足をのばし、ようやくたどり着いた、夫が気に入ったランプ。
すずらんの花のようなシェードが天井から下がるものでした。

厚みのあるシェードだったので、均等に吊るすのは簡単ではなく、重みで不均衡になることもありましたが、意外にも少女趣味?な夫の選択は、決して悪くなかったです。

でも、そうは思わない人もいました。

「何、あのセンスのない照明、誰が選んだの?」

発言主はもちろん、私の母です。

「食卓の上にあんなのを吊るしたら、埃は落ちるし、掃除も大変よ。お料理の色も変わるし」
この世代にありがちな、天井灯は白色蛍光灯以外ありえない、という価値観ももちだしてけなしました。

あなたの家じゃないんだから、放っておいてよ…そう言える私は、まだいなかった頃です。

ある日、私の両親が来ていたとき、そのすずらんランプのホコリを母が指摘し、一番背の高い夫が雑巾で拭くことになりました。

もともと不器用なうえ、家事経験ほぼ皆無の夫が椅子に乗って拭いていたそのとき、シェードのひとつが床に落ちて、割れてしまったのです。

正確な個数は忘れましたが、複数のすずらんが下がるデザインのため、ひとつが破損すれば台無しです…

「○○君(夫のこと)が自分で掃除して割ったのよ」
「ひとつだけ割れたものと同じ部品なんて、買えないわね。もしあっても、かえって高くつくわね」
「だからこういうデザインは、やめたほうが良いのよ」

夫の心中を今から振り返っても、痛ましいです。
これじゃあまるで、古典的な姑の嫁イビりですが、母が「それみたことか」と誇らしげに、でも突き放す様子はすぐ思い浮かびます。

そういえば、母によく言われた台詞がありました。

「ほれ、見てごらんなさいね」

お母さんの言う通りにしないから、うまくいかなかったのだ。
あなたが失敗したのは、私に従わないから。

母からの真綿のような呪縛に、少し前まで全然気が付きませんでした。

母自身、そこまで高圧的になる理由や原因はどこにあったのでしょう。

ブログ村で読者登録させていただいている方のお一人が、とても素敵なリビング画像をUPされており、その写真に懐かしいすずらんランプに似た姿を発見、思い出した出来事でした。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-25 12:00 | 親への違和感 | Comments(4)


細々とお片づけ~玄関


 集合住宅だから仕方ない、と思いつつ。北向きの玄関に、ベビーカーが二台も置いてあり、狭いなか苦労して靴を脱ぎ履きしていました。

 さすがに、赤ちゃん連れで出入りするときにそれでは危険!と思いながら、ずっとずっと、手を着けられずにいました。
 ようやく重い腰を上げて、改善してみました。

 いろんな方のお片づけ・整理整頓・断捨離のブログを拝見し、私なりにいたった結論のひとつは「いきなり完璧を目指さず、できるところから少しずつ手を着けてみよう」でした。

 幸い日差しの暖かい日だったので、午後からはお散歩に行こうかな、位の気分で、午前中、子供の靴だけを抜き出してたな卸ししよう、そう考えたのです。

 あちこちから出てきた子供の靴をかき集め、あらかじめ床に敷いておいた新聞紙の上にずらっと並べます。
 何と!持っていたことを忘れていた靴も。それより何より、いったい何足あるんだろう…というほどの数に、軽くめまいを覚えました。

 でもここでくじけてはいけない!そう思って、未使用の靴を選び出し、種類分けして…

 とやっているうちに、やる気に火がついてしまい、お昼をはさんで夕方まで、靴箱全体のたな卸しとたたき周辺の片付け、正確には「ごんおばちゃま」のおっしゃるところの「抜き」作業に没頭しました。

 いらないものを「抜く」、残ったものをしまう、タダこれだけの作業なのに、不用品が出るわ、出るわで驚きました。
 もともと靴を処分することにはあまり抵抗がなかったのですが、今回あきれたのは靴の紙箱が予想以上に滞留していたこと。
 ひたすら解体し、つぶして、「雑紙」として出しました。

 次は、玄関周りが楽しくなるような工夫をしたいな、なんてひそかににんまりしています。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-19 09:30 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


物>思い出、な人々

 実家の親から、新生児用の衣類やタオルが入った荷物が届きました。

 中からでてきたもっとも大きなものは、ピンク色のキルト地の、ふわふわした衣類です。
 母の手書きで「退院時に着せてあげてください。ママ(※筆者)のお下がりです」というメモが入っていました。
 赤ちゃんのおくるみでした。

 私が産院から母の実家に移動したとき、母の実家から自宅へ戻ったとき、一ヶ月検診の時、その三回しか使わなかったとのこと。
 「お母さん(※筆者の母)の入院中に、叔母ちゃん(※母の姉)がそごうで買ってきてくれたものです」

 娘が生まれたときの退院着を、実に長期間保管していたものです。
 なんて物持ちの良い親でしょうか。

 ふつうなら、おくるみを手に、ふと感慨に耽ってみたり。しんみりしたり、懐かしい思いにとらわれたりするのでしょう。

 しかし私は、残念ながら、特別な気持ちを抱くことがありませんでした。
 なぜでしょう?

…長くなります。

ちょっと悲しくなる方がいらっしゃるかもしれません。その場合は次回また、お立ち寄りくださいませ♪


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村

More
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-18 15:00 | 親への違和感 | Comments(4)


贈り物、頂き物

実家の母は、手土産を欠かさない人です。手ぶらで人に会うなんて…という価値観の持ち主です。

それだけに、頂き物を見る目が、とても厳しいように、私には思えてしまいます。今回は、そんな母の話。


初めて出産した夏の日の午後、義父母がお見舞いに来てくれました。

義母が隣県から提げてきたのが、フルーツバスケット。
リンゴやみかん、パパイヤなどがセロハンにくるまれ、リボンで飾ったかごに入った、大きな包みでした。

赤ちゃんを囲んで写真を撮り、お茶を飲んで少しお話しして、義父母が帰ったあと、母はこう言ったのです。

「病院にこんなものを持ってくるなんて、ほんとに常識がないわね」

えっ?何ですって?

母の言い分はこうでした。

そのときは相部屋にいたのですが、病院にお見舞いの品を持っていくときは、同じ部屋の患者さんにおすそ分けができるような、同じ種類のものがたくさん入ったものにするべきである。

果物なんて人に簡単には分けられないし、ナイフで剥かなくてはならないものもあり、不便。ゴミもでる。
食べ頃もまちまちで、入院中に消化できないこともある。

などなど…



私には、フルーツバスケットを選んだ義母の気持ちが、痛いほどよくわかりました。

母より10歳年下の義母。もともと果物好きで、私たちを訪ねてくると、三回に一回は季節のフルーツをお土産にしてくれます。

何かと口うるさく、儀礼にやかましい私の母なら、どんなものなら文句を言わないか、知恵を絞って、大枚はたいてくれたはずなのです。

現に世の中には「病人には栄養豊富で高級な果物を贈る」という、私の母とはまた別の価値観も存在します。

でも母は、非常識と断定してしまいました。

少し前のエントリで、お片付けのプロのかたに来ていただいた時、ふと私が「このかご、処分しようかなあ」と口走ったところ、母が即座に拾い上げて玄関に向けて力任せに投げ付けた~と書いたのは、この時のかごだったのです。



思えば母はしょっちゅう、貰い物に一言、けちをつけていました。

瀬戸内海沿岸にお住まいの方ならお馴染みの「いかなごのくぎ煮」を、春先になると山のように炊いて、知人友人に配る母。

友人から「いかなごにたくさん使ったでしょ?」とお返しにいただいたお醤油を見て、ひとこと。
「使うお醤油は決まっているんだから。何でも良い訳じゃないのよ」

大学入試のために実家に泊めてあげた私の友人が、手土産として持ってきた塗り盆は
「何。こんな安物」
で片付けられました。

母にとって、手土産というのは、渡したという事実だけで役目を果たすものではなかったようです。
貰い手が納得するものでなくてはならない、そう考えていたようです。



でも母には、見落としていることがあります。

地域性もあり、お酒に縁が深い実家は、良質な酒粕が手に入りやすいので、母はいろんな方に差し上げていました。

粕汁も作れるし、甘酒にもなる。市販のものより、ずっと美味しい。灘五郷の高品質な酒粕だから、そう言葉を添えて。

でも…いったいどのくらいの人が、今時酒粕を使いこなすのでしょう?

私が母に言われてお配りした方々には必ず、聞かれたものです。
「初めて見たんだけれど、どうやって使うの?」

母にとって、馴染みも深く、もらってありがたいものかも知れませんが、相手にとって、そうはなっていない。
彼女が一言けちをつけるのと同じように、貰い手は正直、困惑していたのです。


ある時、義母が私の母に、お中元とお歳暮はお互いになしにしましょう、と提案してきた、というのです。

変なところは保守的な私の母、「男性の側(娘の嫁ぎ先)からそう言われたら、従うしかないじゃない」といいつつも、不満げでした。

「だって、贈り物が届いて、お礼の電話でもかけるときでないと、話題も連絡の口実もないでしょ?」

うーん(-""-;)
分かってないなあ…

おそらく義母は、面倒くさくなってしまったのです。

品定めは負担だし、結局何を選んでもとやかく言われる(こういうのは、面と向かわなくても、ニュアンスが伝わりますよね…)、お金と手間ひまかけてまで、年二回もしなくても…

しかも、届くものはというと、うーん…


贈り物って、本当に難しい。

我が母のような、手ぶらで人に会うなんて考えられないというひともまだまだ絶滅していませんし。

日本は特に見栄社会ですから、ちょっとしたプレゼントではすまされない、老舗の名品を用意しなくてはならない場面もあります。

でも…
やっぱり忘れたくない。

自分の選んだものや贈り方が、独りよがりになる可能性があること。
必ずしも、こちらの期待通りに喜んでもらえるとは限らないこと。

だから、贈り物は本来、受け渡しのその瞬間に役割を終える、そう思う必要もあるのかな、と感じます。

送り手のもとを離れ、受け取り側に移ったその時、もう普通のモノに化ける…それで良い、と双方が思っていれば、案外しがらみや期待から解放されるのでは?



密かに思うこと。
実母と義母が、それぞれ逆でなくてよかった、と振り返って安堵しています。
夫には気の毒ですが(((^^;)
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-14 12:00 | こころと思い | Comments(6)


私にはちょっとできないこと

つまらないこだわりだな、と思うのですが…
定番になっている家事や収納のテクニックで、どうしても私は遠慮!!と思ってしまうものがあります。

採用されている方を非難、批判、否定するものではありませんが、嫌な予感がされる方、ご自身のなさっていることとは違う意見に不快感を覚えられる方は、この先、お読みにならないことをお勧めいたしますね。

続きはこちら: したくないんです~
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-11 11:57 | しないときめたこと | Comments(6)


驚きの「断捨離 注目記事ランキング」

にほんブログ村のランキングのカテゴリを見直していて、ふと注目記事ランキングを見てびっくり!

http://life.blogmura.com/danshari/ranking_entry.html

なんと、拙稿が1位になっていました。

これは強力なブランド力をお持ちの良品計画様に感謝の意を示しつつ、お立ち寄りくださった皆様のおかげ、その一言につきます。

この場をお借りしまして、皆様にお礼申し上げます。

さて、ランキングについてですが、「断捨離」以外はちょくちょく入れ替えていたのですが、今回新たに「産休・育休中育児」にも参加させていただくことにしました。

子育てネタが増えるかどうかはわかりませんが、出産を控えて身の回りを改めて見直し、整えていこう、と感じているのは間違いありませんので、「雑感」カテゴリを卒業いたします。

「心地よい暮らし」は引き続き参加しています。

まだまだ「収納」や「インテリア」には届かないので、こちらは拝見するのみということで…

今後ともどうぞご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-08 20:00 | こころと思い | Comments(0)


フィッツケースで衣類整理

そういえば、新生児の服の準備はしたものの、どこに入れておくんだろう?と今頃気がついたのでした。
洗面台の横で、洗濯ネット&お風呂上りの足拭きタオルを入れていたランドリーバスケット(なんとなくおかれていて、気がついたらその二つが集まっていただけですが…)を取り出し、とりあえずまとめてみました。
幸いにして、サイズが小さいので、何とか入りますが…スーパーのレジかごみたいで、ちょっとかわいそう。

とはいえ、たんすが鎮座まします、というのも避けたいので、クローゼットや押入れ、洗面所でも愛用しているフィッツケースを購入しました。

夫も私も、独身時代から偶然使っていた、ということもあり、我が家では引き出し式のフィッツケースが複数あります。洗面所兼脱衣所が比較的広く、タオル収納を考えたときも「別の場所で使えそう」と言う理由で、L53という型番の引き出しを3つ買って、積み重ねています。

今回は子供服ということと、L53の「深さ30センチ」が若干「深すぎ」という印象もあったので、深さ23センチのM53、深さ18センチのS53を買いました。

引き出しにすると、中身が一覧できるのが一番便利ですね。それこそ「こんまりさん」の立ててしまうたたみ方にしておくと、本棚で背表紙を見るかのごとく、一目瞭然なのがうれしいです。

***

ここからが本題です。

実はフィッツケースの追加購入は、長い間私の心の中でくすぶっていたテーマでした。
さっさと買いたかったのですが、なかなか踏ん切りがつかなかったのです。

なぜか。
実父が作った?というのでしょうか、段ボールに布を貼った衣装箱が、我が家のクローゼットのは複数個、あったためです。

父方の祖父母の家もそうだったのですが、段ボール箱に包装紙やら布やらをボンドで貼り付けて、収納ケースとして使っていたのです。
私はこれが非常に嫌いで、みすぼらしくて、貧乏くさくて、嫌で嫌でたまりませんでした。

ところが、手間隙かけて作ってあげたのよ、と父と母に胸を張って渡されてしまうと、娘の私としては、なかなか捨てられなかったのです。

枠も蓋もない、単なる空き箱ですから、入れたものがなんだか、よく分からないし、重ねることもできません。
それこそ深さ30センチでは済まない大型の箱を、フイッツケースを積み上げた上に置くしかなかったのです。
その結果、手探りであてずっぽうに取り出すか、どこに入れるか良く分からないものをとりあえず放り込んでおくだけの場所になっていました。

今回ようやく「新生児の衣料を入れる」という大義名分ができたことで、晴れて布貼り段ボールを処分できるのです!

捨てるためには、解体しなくてはなりません。
ところが、ボンドで布を貼っているため、普通の段ボール解体より手間がかかります。
大型のカッターナイフで注意深く切りました。ふう、疲れる。

どなたかがブログで「段ボールはそのままだとリサイクルできるのに、余計な小細工を加えてしまうと『燃えるごみ』になってしまう」と書いておられたのですが、まさにそんな感じでした。

ナイフで切ると、何と言うか、浄化される気分が広がって、最後のほうは快感すら覚えたほどです。
私の中でこの布張り段ボールがいかに重荷になっていたかを思い知る一こまでした。

これはちょうど一年ほど前、お片づけのプロに整理整頓の手伝いを依頼したとき、第一子の出産祝いに義理の母が贈ってくれたフルーツバスケットの「かご」を、私が「処分しようかな」と言ったのを聞いて、玄関に向かってかごを勢いよく投げつけて捨てた私の実母の行動と、ちょっと似ているかもしれません。

※ これだけ書くと、とんでもない鬼母という感じですよね。フルーツバスケットについては、今度UPしますので。

どう考えても合理的な収納方法であるフィッツケースの活用と分かっていたものの、ここまでしないと踏み切れなかった、そんな我が身をちょっと気の毒に感じつつ。
ようやく自分のやりたいことを親に遠慮せず選べるようになったかな、と、いまさらながらしみじみしています。



★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-08 19:30 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


またまたMUJIでお買い物

産前最後のお友達とのランチの帰り道、無印良品に行ってきました。

最寄りの無印は徒歩圏内にありますが、今回は待ち合わせたお店が、旗艦店と呼ばれる大型のお店の近くだったので、駅へ戻る途中に立ち寄ったのです。

絶対に買うと決めていたのが、近所ですでに購入していた、湯たんぽカバー。
無印の湯たんぽ専用品とのことでしたが、サイズが合っている手持ちの湯たんぽにつけてみてびっくり。
翌朝まだほかほかだったのです。
手持ちの湯たんぽのカバーが巾着式だったので、ファスナーで留める形にひかれて選んだら、保温効果にびっくり!と言う、うれしいおまけつきでした。

ふらふらとお店を歩いて、買うことにしたのはざぶとんカバーです。
前回ためしにひとつだけ買って使っていて、期待を上回っていたので、探してみました。

産後はソファでも頻繁に授乳するので、座面の革が肌寒いなと思っていました。
ウールの品も、ネル(コットン)のお品も、「季節の…」ということで割引になっていて、ラッキーでした。

今回の妊娠を機に着るようになった、衣服の棚も見に行きました。
近所のお店とは違ってマタニティのラインもあり、授乳機能付きのタートルを一枚ゲット。
それとは別に、普通のタートルも買いました。

産休に入ってから、インナーとしてユニクロのタートルばかり着ていたので、MUJIのタートルも試してみたくなった、というのが購入の口実ですが(笑)、着てみてびっくり。
布地が柔らかいというか、肌あたりがソフトなんですね。
MUJIらしからぬ、無彩色でない色合いを選んでみましたが、色調もユニクロほどビビッドではなく、ちょっと優しい感じです。

なんだかんだといろいろ買って、二回目のお会計時に「大きい袋におまとめしましょうか?」と言われてしまいましたが…やっぱり多くのファンに愛されるお店だけあって、しっかりした品を良心的に出しているお店だな、と痛感した次第です。

おりしも臨月妊婦は、体は重いし、やりたいことの何割かしか思うようにできない、ひとことで言うならこらえ性がなくなっていて、不快に弱くなっている状態です。
そんななかで「いいな」と思える品物ということは、使っていて余計なエネルギーを吸い取られないものである、ともいえるかしら。

あれこれ正当化していますが…すっかりお気に入りのお店のひとつと言えそうです。
d0181948_12555316.jpg






★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-07 15:30 | お気に入り | Comments(2)


ベビー用シーツを数えてみたら

臨月になってようやく、ではありますが、ベビー用品の準備の追い込みに入っています。あいにくの雨で、洗ったものが乾きづらいとか、ちょっと停滞気味ですが、入院セットが完成し、退院直後に必要な家の準備さえしておけば、あとはネット通販もあるし…などと気楽に構えているところです。

先週、ベビーベッドの設営をしました。
子供が大きくなって、そのまま多目的置き場と化していたこともあり、荷物をよけて、洗うものは洗い、干すものは日に当て、拭き掃除をして…
おかげさまで、何とか準備は完了しました。

が。

やっぱり出てきました、余計なストック!

★ベビーベッド用フィットシーツ

初の出産時、ベビー布団&カバー一式を購入したところ、柄物と無地のフィットシーツがそれぞれ入っていたのです。
それとは別に、自分でフィットシーツを一枚買っていて、合計3枚持っていることは把握していました。
実際には、サイズも小さいので2枚を順繰りに使っていたので、1枚の無地のフィットシーツはベビーベッド下の物置スペースから発掘されたのですが…

別の場所から、母の手書きで「敷布団カバー」と書かれたメモとともに、水色のガーゼのカバーが2枚、新品で出てきたのです。

ほぼ時を同じくして、母が送ってきた「出産準備品」を見ると、色違いのピンク色のガーゼのカバーが1枚「敷布団カバー」のメモつきで届いたのです。

敷布団カバー?

我が家のベビーベッドは、防水シートを重ねたマットを、ベッドパッド(マットレス)とともにフィットシーツでくるんで使う形です。
なので、敷布団といわれても、何をさすのか分かりませんでした。

水色の2枚は、そういうわけで初回に使われぬままお蔵入りしていた中で、今回到着したピンク色(3枚目に相当)。

母に聞いてみると、どうやらガーゼ製のフィットシーツのことだったようです。

…2枚で事足りていたのに、全部で5枚のカバーがあるなんて。

★実はもう一組…布団セット

長々と書いたうえに、まだあるのがお恥ずかしいのですが。
実は前回の出産時、両親はベビーベッド用の布団セットを二組買って、送ってきたのです。

「こういうのは、予備が必要だから」

結局日の目を見ないままだったのですが…今回まだ、一組目を使えてしまうんです。
ベビーベッド用といえでも、70センチ×120センチですから、そのマットレス、敷布団、掛け布団大小…相当かさばります。

しかも、書いていて思い出しました。

「帰省した時にも使うでしょう?」といって、実家にもう一組買っていた両親。
これはさすがにいらないと思ったようで、購入後しばらくして返品(未開封だったので)したようですが。

いったいどれだけあるんでしょう…

新生児用ベビー服を買い込みすぎて、使いきれなかった、なんて話は初産婦さんから良く聞きますが、これだけ寝具だけで予備が山ほどある家って、ほかにあるんでしょうか…





★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-07 12:00 | 片付け・整理整頓 | Comments(2)


産後用品の準備~マザーズバッグ

産後の初外出は、母乳支援外来か、一ヶ月検診になりそうです。
前回はベビーカーも抱っこ紐も買っておらず、退院時に使ったアフガン(おくるみ)に子供を包んで、とりあえず出かけました。

今回は…上の子供は託児中とはいえ、恐らく一人で向かうことになりそうです。
となると、荷物も赤ちゃんも全部一人で運ぶことになります。

前回の出産は夏だったので、薄着で荷物も軽かったのですが、今回は未曾有の寒波が襲来する2月。
親も子供も、来ている服の枚数からして違っています。
やっぱり、ちゃんとしたマザーズバッグ、用意すべきかしら。

これまでは、マザーズバッグを買わずに来ました。国産ブランドにその傾向が強いのですが、小分けポケットやら仕切りがやたらと付いていて、かばん本体が重いのが最大の理由でした。
こまごまと仕切られると、逆に使い方が制約されることも不満でした。だったら手持ちの軽いポーチに荷物を入れて、自分で仕分けしておきたいなあと。

いかにも「子連れママ」デザインが多いのも、気になっていました。
職場復帰して、保育園に持っていく荷物を入れるにはちょっと…ビジネス服にそぐわないし。これだと、産休・育休中の期間限定でしか使えない…
そう思って、手持ちの軽いバッグをとっかえひっかえしていたのです。

ところが…ネットでふと美しいデザインに目が留まったMARIE ANTOINETTEのバッグ、赤ちゃんがいなくても欲しくなる!
美しさ&軽さ、使い勝手の良さに期待が持てそうですし、もって行く場所や場面を選ばない気がします。
病院やお宮参りといった、あまりにもポップすぎるデザインだと気が引ける場所でも大丈夫そうですし、出勤前に子供を預ける時の荷物入れにも問題なさそうです。

さすがに出産予定日までカウントダウンなので、手にとって確かめることが難しくなってしまったのですが、ぜひ使いたいなあ…と希望してやみません。

d0181948_13224949.jpg





★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ワンランク上のおしゃれなMARIE ANTOINETTE マザーズバッグ♪ ←参加中
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-06 20:00 | 秘密のマタニティ | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧