日々是呼吸


<   2011年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧



逃した使いどき


あれは結婚式の前日、夕方の出来事でした。

新郎、新婦とその父母の四人が教会でリハーサルをするため、牧師先生と面会し、打ち合わせをしました。

丘の上にある教会の礼拝堂で、翌日の挙式の段取りを確認、実際に通路を歩いたり、席で立ったり腰かけたりしました。

日もくれて終わりになり、坂の下の最寄り駅に歩く途中。
父がびっこをひいています。

気付いた母が「お父さん、足か腰を怪我したのかしら?」と言い出したのがきっかけで、父を見ると~縁石に足をかけて、何かゴソゴソしているところでした。
なんと、履いていた革靴の底が取れた、というのです。

明日の本番に備えて履いていた革靴でした。

梱包紐を父が持っていたので、底と上部?を結わい付けて、何とか歩けていました。

夕食を四人でとる予定を急きょ変更、父は母と、駅前の商店街で靴の修理を探すことに。

あとで聞いたところ、靴を新調した、とのこと。
修理は出来なかったそうです。

靴屋さんで言われたのは
「この靴、履かないで長年取っておいたものでしょう?」

「劣化していますから、底が剥がれて当然です」
もちろん修理できる代物ではなかったのでした。

時間の制約もあり、坂の下の庶民的な商店街で買った間に合わせの靴で、次の日父は、娘の挙式に臨んだのでした。

*****
前日に壊れてくれて、いまから思えば命拾いしたものです。
厳粛な礼拝堂で、新婦の父の靴底が剥がれたりしたら、赤面ものでした。
いつも私の足を引っ張る、はずかしい思いばかりさせる父が、これ以上お荷物にならなかったのは、神の思し召しでしょうか。

どんな靴だったのかしりませんが、役目を果たせないばかりか、ぶざまな場面にしか役に立たなかった…本人は後生大事にしていたつもりでしょうが、靴にも失礼な話だったのは間違いありません。


※後日談

挙式から三年後、息子のお宮参りの日。
写真館で撮影し、お詣りに向かうためにタクシー乗り場に歩いていたら、また父はびっこをひいていたのです。

なんと、あのときの破損靴を履いていて、また底がはがれたというのです。

プロが修理できないといったのに諦めきれず、自分でボンドをつけたとのこと。

挙式は都内で、靴も新調したので、実家に帰る前に当然破棄したものと思っていたら…まだ履いてみたという。

バカか、このクソジジイ!!
いい加減懲りろ!!

人の親となっていた私にはもはや、罵倒の言葉しか頭をよぎりませんでした。
孫の晴れ舞台まで泥を塗るつもりだったのか…

どこまでケチなのか、しつこいのか、はたまた狂っているのか、わたしには全く理解できません。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-30 14:00 | 親への違和感 | Comments(0)


あるときに、使う

化粧品のパウダーが相次いで粉々になりました。
残りわずかになっているし、年越し前に新品にきりかえよう、そう思ってふと目についたのが、化粧品ボックスの底でした。

薄い紙を敷いていますが、よれていて、汚れ始めています。こちらも取り替えよう。

そもそも紙というのが良くないのかも、そう気づいたのです。

最近は外箱や包装紙を捨てるように心がけていて、あ、昨日ゴミだしした、瀬戸物をくるむようなシートを敷けばよかったのかも、と、軽く後悔したのでした。

次の瞬間。
いや、違う、そう気がついたのです。

次にそのシートを手に入れたときに、下敷きを交換すれば良いんじゃない?

これまでの私は、もといわが実家の人々は、こんな風にふとひらめいたとき、即座に実現できるように、あれもこれも日頃から常備していたのです。

これって、順序が逆なのでは。

持っているものを、まず使う。
なかったら、あるもので何とかするか、手に入ったときに使う。
それでよかったのでは?

これまでは、いつかわからない「使いどき」のために、頂き物にとどまらず、買ったものですら後生大事に保管していました。
だから、ものがどんどん増えて、にもかかわらず、日頃使っているのは何だかショボいものばかりだったのです。

「日常こそが本番」という台詞を、ある本で読みました。
目の前のものを使うこと。当たり前のことなのに、できていなかったと今ごろ、気が付きました。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-30 10:00 | こころと思い | Comments(0)


気分はスッキリ、次は見た目?

冬休み初日。
地味ですが、洗面台の棚と、靴箱前を整理しました。

身支度のとき、何かが落ちたり、うまく取り出せなかったり。
軽くいらっとくることがあり、やろうやろうと思いつつ、寒さに負けて先送りしていました。

置いてあるものを全部取りだし、使うものからウェスで拭きながら戻していくと…
使っていない細々した品が半分以上でした。イライラするのも当然…

使いやすいように並べかえて、終わりにしました。

今夜からは洗面台は使いやすくなったはずですが…どうも見た目には変化がないような。
センスないんだなあとがっかりしてます。

靴箱前というのは、子供の用具やら雑多なものが集まってしまい、気になっていたら、今朝つまずいて転びそうになり、急いで手をつけました。

諸悪の根元は、中身を処分したにも関わらず「微妙にサイズが違うから、よく見て使いなさい」と母に言われたため、靴箱の外で積み上げ保管していた空の靴の紙箱5つでした。
母は収納テトリス好きなので、少しでも詰め込めるなら…と思って助言?してくれたのですが。

中身のない紙箱、使わないし、箱の数だけ靴を増やすつもりも皆無です。
こんまりさんなら、他の収納に活用されるでしょうが、履き物の容器を肌着や他の小物の入れ物にするには抵抗感があり…

潰して捨てました。ついでに靴箱全体も見直して、忘れていた靴も二足処分しました。

細かい作業ではありますが、スッキリした感は得られました。
次は…見るからにスッキリさせることがテーマになりそうです。

年末のお片付け、皆様は順調ですか?




★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-29 21:24 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


BBクリーム的選択

ブームも終わりかけ、と聞いていますが、BBクリームを買いました。

産後は洗顔の暇も見つからない、そんな日々があったことを思い出したのです。

化粧水も落ち着いてつけられず、日焼け止めなどとても無理、パウダーなんてはたけない…と、なんだかくすみきって、外出のハードルが妙に高くなってしまった、前回の産休育休生活の反省でもあります。

多機能ということは、便利で手軽ですが、それぞれの機能は単品にはかなわないでしょう。
しかし、高いレベルを求めるも、あまりにも手間暇が負担になって、結局手付かずに終わるのであれば、なにもしないままになりかねません。

だったら、できる範囲で、少しずつでも。

自分に甘いかなあ、と思うのも否めません。
でも、素顔のままが居心地良くないなら、カバー力がわずかでも、BBクリームを塗ったほうが、お肌も心も何かから守られるのでは。

ややもするとオールオアナッシングに陥りがちな私には、かなりの方向転換♪です。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-26 12:00 | 身に着ける | Comments(0)


からだと住まいのデトックス

身重の身なので、産後を見据えた住まいの片付けを、プロの方に依頼しました。

問題点は分かっているが、解決策が分からない、自分の手でこなせる自信がない。
第三者の目で、助言と手助けが欲しい。
捨てるために、背中を押してもらいたい。

私はステラレネーゼの両親の影響が強すぎて、下らないものを手放せない傾向を自覚しています。
例えば…
レジ袋や紙袋
古布(衣類、タオル)ひも、リボン
紙箱、缶(贈答品の包装だったもの)
包み紙

これらのものは「わざわざ買わなくても」「再利用できる」というケチな思いが去来し、つい保管していました。
サイズはまちまちですから、取っておくのも一苦労。仕訳して、テトリスよろしく詰め込んで…思えば無駄な労力を費やしたものです。
場所をとるばかりか、保管場所の見た目が貧乏くさいのも、ストレスでした。

今回思いきって、これらの「普通はゴミ」の持ち物をバサバサ捨てたその日。

夕方になり、立て続けに催して、お手洗いにかけ込むこと二回。
便秘とは縁のない私としたことが、かなりドサッと排出したのです。

住まいと同じように、つまりがとれたのでしょうか。

その後、本棚を整理していたときも、同様に排出した私。
住まいの宿便を出していたのかも知れませんね。

※お読みになって不快に思われましたら、申し訳ありません。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-25 10:30 | 住まい再生 | Comments(6)


レシピのリストラ

クリスマスのディナーメニューを考えるために、手持ちのレシピの切り抜きを繰っていて、思うところがあり、リストラすることにしました。

雑誌をよく買っていた10年前くらいまでは、レシピのページは必ず切り抜いて保存したものでした。
スーパーでカードをもらったり、新聞の連載レシピをためたり…

いつからか、料理本は買わない!!と決めていたのに、気がついたら少しずつ増えていました。

でも、フルタイム勤務の私がまともに料理するのは週末だけ。日々の献立作りに悩むこともなければ、レパートリーを増やす必然もありません。
むしろ、数少ない「かあさんの味」をレベルアップさせた方が良いのでは。
もしくは、冷蔵庫の中身と相談して、サッと作れるメニューの引き出しを頭に持っていた方が、自分も楽で、家族も喜ぶのではないかしら?

そんなこんなで、大幅に切り抜きを処分しました。

エスニック料理は作らない~だから捨てる。
脳内レシピが完成している料理も、手放して。
自分ではひらめかない食材や風味の組み合わせも、視点を変えれば「作るはずない」とも言えるので、処分。

結果、手元に残ったのは
○外れのない新聞連載のレシピ
○好物なのに作らないでいる料理のレシピ
○レパートリーに入れたいレシピ
です。

実はアナログな切り抜き作業は大好きなので、これと思ったレシピは「京大式カード」に貼り、ファイルしています。
でも本当は、見なくても作れるようになって、ファイルの中身は順次入れ換えたいのです。

毎食調理しないという生活が、知らず知らずコンプレックスになって、レシピ収集にこだわり続けたのかも知れません。

本当は全捨てで良かったのでしょうが、あえて残した部分もあります。
また捨てたくなったとき、さらに絞りこみたいです。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-25 01:29 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


専用品?一般品?

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村


出産予定日まで2ヶ月となりました。
第2子なので、おなかは激しく大きくなっていて、着るものに困り始めています。

「妊娠期間は限られているんだから、専用に作られたものをわざわざ買わなくても良いよね」という考えもあれば、
「いややっぱり、代用はきかないから、そのためのものじゃないと…」という見方もありますね。

それって、実は妊娠・出産に限らず、キッチン雑貨でも文具でも、ほかのものでも同じかな?と思ったりしています。

すっきりした住まいで暮らすには、あれもこれも持ちすぎないのが一番。
一方で、心地よく快適に、合理的に暮らすには、モノの力を借りるのも良いですよね。

皆さんのブログやコメント、プロの方のアドバイスで学びながら、私なりに感じたことも、ゆくゆく取り上げていきたいと思っています。

今回は、目下妊婦なので、妊娠中~出産入院くらいまでに使うもので、専用品が良いか、一般品で十分か、私の経験から取り上げてみます。
あまり関係ない…という方、ごめんなさいね。

【専用品に限る!】

その他

More
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-18 12:59 | 秘密のマタニティ | Comments(0)


風邪ひいてしまいました

だましだまし過ごしていましたが、ついに熱を出してしまいました。
妊婦なので、街のお医者さんだとなかなか診察してもらいづらく、定期検診のときに薬を出してもらいました。

妊娠後期の不調と、風邪の症状の区別がつかず、悪化させたかも…と反省しています。

少し更新が止まりますが、なにとぞお許しくださいませ。
皆様もご自愛ください!
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-14 22:05 | こころと思い | Comments(2)


女親とのかかわり

学生時代の友人と、久々に再会しました。

ある夜、突然携帯にメールが来て、結婚して来春母親になります、というお知らせが届いたのがきっかけでした。

結婚相手は東京で知り合った外国人の方。びっくりの展開だったのですが、同じ妊婦つながりということもあって、早速会う約束をしました。

国境を越えた結婚だけに、双方の親御さんはさぞかし反対するだろうと思っていたら…意外にも相手の親御さんはすんなりOKだったとのこと。
彼女のお父さんにも、相手に会ってもらって了承を得たそうですが、残念ながら、お母さんが反対で、今も認めていないんだそうです。

相手の国で挙げた結婚式に、両親は参列しなかったとか。

とはいえ、もはや親の言いなりになる小娘という年齢でもなく、東京で働いてしっかり自活している彼女、自ら結婚をあきらめることもなく、元気いっぱい、幸せいっぱいでした。

断捨離関連のブログやコメントを拝見していると、両親とくに母親の価値観を刷り込まれて、そのせいで息苦しくなっている、と自覚されていたり気付かれたりする方が多いように感じます。

自戒の念をこめて、ですが、大人や親が思っている以上に、子どもは自らをひ弱な存在と捕らえていて、周りの大人や親たちにいわれたことをずっしり受け止めているからだと思います。

親はいつまでたっても、わが子を子ども扱いする、というのは世の常でしょうが、子どもはつい、親の教えを守ったり、親を裏切るような言動を取りたくないと強く念じるもの。

でも…それ以外の道もあるんだな、と彼女の笑顔を見てしみじみ感じました。

子育てしているとつい、自分が育てられたときのことがあれあれ思い浮かんできます。正直、がっかりしたりさびしくなることも少なくありません。

そのこと自体が、親の庇護下からの卒業につながっている、そう信じてくらしていきたいものです。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-12 12:00 | 親への違和感 | Comments(0)


空とぶライオン

先月、近所の教会のバザーで手に入れた絵本「空とぶライオン」。
一年ほど前に亡くなられた、佐野洋子さんの作品です。

名著と名高い「百万回生きたねこ」を読んだことがないのに、これはきっと買っておくべき本だと思って、子どもが欲しがった別の本と一緒に購入しました。

(以下、あらすじに触れます。お知りになりたくない方は★★★★まで、スキップなさってください)


「しんせき」のねこと一緒に暮らしているライオンは、ねこの求めに応じて、うぉ~と空を飛んで、獲物をとって、ごちそうします。

たびたびやってくるねこ。空を飛んで、だんだんくたびれてくるライオン。
疲れて休んでいても、冗談だと取り合ってもらえず、空を飛んでしまう。

なんだかもう切なくて、初めて子どもに読み聞かせたときから、涙があふれてたまりませんでした。今こうやって書いていても、目に涙が浮かんでしまいます。

★★★★

お片づけや断捨離をテーマにしたブログを拝見するようになって、気がつきました。

お部屋の片付けに熱心に取り組まれている方々の多くが、親御さん、特にお母さまとの確執を自覚される、という事実。

ここで大胆な仮説を立ててみたいと思います。

お部屋の悩みを抱えておられる方、きっとこれまでの人生で、いじめとまではいかなくても、仲間はずれにあったり、何か違和感を覚えながら過ごした日々をお持ちなのではないかと…

「空とぶライオン」の主人公は、百獣の王にもかかわらず、本来は格下ともいえる「しんせき」のねこたちの言いなりになっているかのごとく、飛び続けます。

とても不思議。なぜライオンは主人公しか出てこないんだろう?ねこたちはたくさんいるというのに。

この本の切なさ、全国でお部屋や住まいのあれこれに取り組まれている方なら、きっと心に響くんじゃないかな、そんな風に思って紹介させていただきました。
d0181948_1148328.gif

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-11 11:45 | こころと思い | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
細々と、学習したり
at 2017-08-17 02:11
こつこつスクワット
at 2017-08-15 03:04
立秋の雨音
at 2017-08-11 01:46
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧