日々是呼吸


<   2011年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧



意識の置き場

職場でも家族でも世間でも、それこそいろんな人がいる。

どうしてあの人はこうしてくれないのだろう。
なぜこの人は、わざわざこんなことをするのか?

職場でも何かが持ち上がるたび、そんな話題で持ち切りになる。

誰かさんのその考え方が、気に入らないとか。
意見の是非ではなく、誰が言っているかで賛同できなくなることもありそうだ。

無関心というのも責任放棄だが、他人のことに振り回されすぎないって、精神衛生上は大切な気がする。

「私、自分のことにしか興味ないの。他人のことは気にならないから」
同期だった元同僚女性のコメントを聞いて、自意識の強さにあきれたことがあった。

今もすべては同意できないが、異なる意見や見解に目くじら立てずに済ませる一法だったのかも知れない。

最近の私は、他の人の発言で動揺することはほとんどなくなった。ワンクッションおけるようになったのかも。
自分なりの考えはあるが、何でもかんでも遠そうとは思わなくなったからかも知れない。かたくなにならず、柳のように。案外良いものです。
[PR]
by cocue-cocue | 2011-01-28 16:56 | こころと思い | Comments(2)


朝のひとり時間

極めて稀な種類の仕事が入り、今朝はいつもより一時間前に、会社より遠くにある街に到着することになった。

絶対に遅刻できないので、前夜から目覚まし2台に携帯電話のアラームも設定した。

忘れもしない今月上旬の家族旅行、目覚めたのは、予約したバスの出発時刻のわずか20分前だった。
とにかく慌てて出かけるハメになり、私などジャケットを着忘れてしまった始末。冷や汗ものの旅立ちだった。

元から朝は大の苦手。学生時代から「朝5時起きより、5時まで夜更かしが得意」と豪語する私には、゛さわやか゛と称される朝の空気の清涼感は全く気持ち良くないのだ。

低血圧もあいまって、寝るのが大好きなため、一分一秒でも長く眠りたい。目が覚めて欲しくないのだ。せっかくの気持ち良い睡眠なのだから。

仕方なく目を覚ました今朝。朝日が差し込み、一人で飲み物を用意してパソコンを立ち上げる。
夫も子どももまだ眠っていて、誰にもじゃまされないひとときだ。
エンドレスに夜更かし(その結果、寝不足)になりがちなのと比べ、朝は出勤という締め切りがあるため、時間を有効に使いたくなる。
ダラダラとパソコン画面を追うこともない。朝日のもとでは、心の持ち方も前向きになる気がした。
夜中にガサゴソするより、良いかも。

携帯の毎朝のアラーム設定を35分、前倒しにして登録してみた。明日も早起きできるかな。
[PR]
by cocue-cocue | 2011-01-28 00:09 | こころと思い | Comments(0)


気ままな冬の散歩

冬の澄んだ空に誘われて、お昼休みに地下鉄二駅分を歩いてみた。

今週着始めたダウンコートを羽織り、水辺を歩くと、足取りも気分も軽くなる。
ふと目に留まったビルに入り、ランチを注文した。

「今日はこの店に行こう」とか「温かい麺類かな」などと前もって食べるものを選んだり。はたまた立ち寄りたい場所や済ませたい用事を念頭に行き先を決めたり。
限られた時間を有益に使うには悪くない。

気ままに歩いてフラッと店に立ち寄る、未知との出会いもまた格別だ。

ちなみに今日はドイツ風のランチにした。食事に出る前は、予期しなかった展開。美味しくて、満足度高いお食事でした。
[PR]
by cocue-cocue | 2011-01-26 13:20 | こころと思い | Comments(0)


目の前のことをする

カリスマバイヤーの呼び名が高い藤巻幸夫さんの新刊に、「半径3メートル以内にネタがある」という趣旨の、映画監督の宮崎駿さんコメントが出ていた。

新刊のテーマは街歩き。街からいろんな情報を得るためのヒントがたくさん紹介されていた。

特別なところに出掛けない限り、流行やトレンド、時代の空気や最新の商品といった情報が得られるわけではない。

藤巻さんオススメの情報源として「駅ビル」や女性誌が挙がっていたくらいだ。

とはいえ、漫然と眺めているだけでは、素人の暇つぶしの域は出ないだろう。
日常の風景をいかに意識的に見るか、そして分析したり感じたりするかが決め手になりそうだ。

活字中毒のきらいのある私はつい、情報収集に躍起になり、活用したり仕事や日々の生活に応用するのは後回しになりがち。
でも得たヒントをうまく料理して、目の前に起きていることに取り組んでこそ、前進できるのだろう。

毎日があまり楽しくないと感じる時、つい新たな突破口を求めたくなる。本当はいつもより念を入れて、毎日を地道に過ごすことが現状打破への近道なのだ。
不遇を嘆いたり、周りの無理解をうらんだりしていたころの自分にも、そっと肩を叩いて知らせてあげたい。
[PR]
by cocue-cocue | 2011-01-25 00:43 | こころと思い | Comments(0)


コートを求めて(下)

調べもの中にたまたま、ラベンハムという英国製の綿キルトジャケットを知る。
勤務先から遠くない場所に、取扱店が複数あると知り、早速偵察に向かった。

一店目にはSサイズ相当の品しかなく、他店からの取り寄せを依頼した。
別の店でも試着するが、悪くはないけれど決め手も見当たらない。残り一着と言われたが、購入を見送った。

取り寄せ待ちのラベンハムは一旦忘れて、週末に百貨店に出向く。

衣料品の売り上げ不振を物語るように、いろんなコートが様々な値段で売られている。

少しでも安いもの、割引率の高いもの…
今までの私を支配する価値観が頭をよぎる。

いや、そうじゃない。気に入ったもの、納得したものにしようよ。毎日着るんだから。何枚も買うわけではないんだし。

今回もある店で「この界隈では底値か?」というダウンコートを試着した。お値段なりの品だったかどうかは分からないが、やっぱりしっくりこなかったのだ。

百貨店内のブランド店舗や特設コーナーを一巡するも、どうもピンとこない。

やっぱり空振りか、と半ばあきらめつつ、ふと目に留まった初めてのブランドの店に、あまり見掛けない色味のダウンコートがあった。

ちょっとカジュアルだけど、うきうきした気分になる、軽い着心地だった。

別の店で、ベルトで絞るデザインは私には似合わないと確認したことも手伝って、当初考えていたシルエットとは異なるが、即決した。

お値打ちだから、流行だから。そんな理由ではなく、私の気分に添って選んだコート。これからも少しずつ、直感を磨いて選んでいこう。
[PR]
by cocue-cocue | 2011-01-24 01:25 | こころと思い | Comments(0)


コートを求めて(上)

思えば過去二回の冬は育休中、その前の冬は妊婦だった。
職場に復帰して初めての冬。通勤用のコートがないことにはたと気付く。

周りを見回すと、ダウンのロングコートが主流、次いでウールのコートだ。
昨冬買ったダウンは、ズボンで公園に出かける生活が前提だったので、腰までの丈だ。スーツ姿にはなじまない。

オフィス街で目にするのは、ダウン、ウールを問わず、膝丈かやや長めで、ウエストを絞ったシルエットがほとんどだ。
手持ちのウールのコートはいわゆるAラインで、ボリュームがありすぎて着るのがはずかしい。

しばらくは薄手のコートで頑張ったが、風邪を引いてしまった。寒がりの私は、寒波襲来でやむなく昨冬のダウンを着たが、どうも座りが良くない。

二月にはまた厳しい冷え込みがあると見越して、オフィス向けダウンコートを探す。
おりしもセール時期、都心の店でひたすら目を肥やすことにした。

春先まで着れそうな、薄いベージュや白っぽい色だと、セール対象外という店も少なくない。
これはと思った品は、それなりのお値段だ。
続く
[PR]
by cocue-cocue | 2011-01-24 01:18 | こころと思い | Comments(0)


処分品、続々

愛読中の片付け本のセオリーに従い、部屋の場所別ではなく、持ち物のアイテム別に整理整頓を進めることにした。

優先順位トップの衣類を仕分けすべく、かつては押し入れだったと思われる作り付けクローゼット下段の奥の衣類コンテナを3個、開けてみた。

結果、ウールのセーター12枚、冬物スーツ10着以上が処分対象になった。実に段ボール2箱分。
元々出し入れしづらい場所に収納していた服なので、なくても困らなかったのに加えて、いろんな観点で「今着るのはちょっと…」と感じたのだ。

仕分け中、日々着るジャケットを吊るすポールハンガーで、過去一年以内に買ったまま忘れていたジャケットを2着発見した。
毎日目にする場所の衣類でこの始末だ。
取り出すこともなかった服がもはや不要なのは、疑問の余地はない。

問題はこの衣類をどう処分するか…以前は箱詰めして実家に送ったが、片付け指南本によると、捨てるものは家族、特に母親には見せない方が良いそうだ。
品質の面で、ほとんどがまだまだ問題ないだけに、ゴミに出すのは気が引ける。さりとてリサイクル店に持ち込めるようなブランド品もない。

良い方法がないものか、途方に暮れている。
[PR]
by cocue-cocue | 2011-01-24 00:30 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


靴下とレシート

年末の宴会ラッシュ、年明けからの体調低迷を経て、身の回りを整理整頓する気分が戻りつつある。

入手した本によると、持ち物を捨てる順序はまず衣類から、だそうだ。
昨年わが家の整理整頓をお願いしたTさんも提唱されている陳列手法=同じ種類のものを一か所に集めて、という手順が最適と書いてあった。

季節ものだけに、家の各所に分散したブラウスやシャツなどを集結させるのは大仕事なので、確実に一か所にある靴下を引き出しからすべて棚卸ししてみる。
古くなった靴下が実に5足、見つかった。
20年前に旅先で買った靴下も発掘した。
消費の仕方を根本的に間違えている気がして情けない限り。

一気に5足を捨てた勢いに乗り、家計簿に記帳後も挟んで保存していたレシートを1年分、バサッと処分した。
年が明けて新しい家計簿を下ろしたのを機に、スーパーやカフェでの日々の買い物のレシートは、記録したその場で捨てようと誓った。

いずれも単品の処分だったが、袋に詰めると案外かさばるものだ。軽い作業の成果は、予想より大きかったと気付いた。
[PR]
by cocue-cocue | 2011-01-22 01:28 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


新年好!

2011年が幕をあけました003.gif

今年はどんな一年になるのでしょうか?

どんな毎日になるか、それは自分の気持ち次第、と知ったのが昨年。
健康を立て直そうと、信頼できる治療院の先生に出会うこともできました。
住まいを衣替えするための、プロにもめぐり合えて、新しい気を取り込むこともできました。

自分にできること、私の役回りとは何か、自問自答しながら、私が本当に得意なことで世のためにもお役に立てれば、そんな期待をしています。

たくさん微笑んですごせますように。いっぱい呼吸して、新鮮な空気を取り込んでいきたいです。

のぞきにきてくださった皆様にも、幸多い一年となりますよう、お祈りいたします。

cocue-cocue
[PR]
by cocue-cocue | 2011-01-01 01:53 | こころと思い | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
帽子を忘れて炎天下
at 2017-06-25 01:54
ピンクの夕焼け空
at 2017-06-22 23:06
好みのお酒
at 2017-06-21 22:58
ストレス解消買い
at 2017-06-14 23:17
生きる力。
at 2017-06-11 01:31
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧