日々是呼吸


<   2010年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧



家は工場じゃない

実家の母が、久々に来てくれた。
たまりにたまった洗濯物を片付けてくれて、キッチンを片っ端から消毒・除菌してくれて・・・涼しい風が吹く、丘の上にある実家とは異なり、熱風吹き付ける都市部のマンションで、さぞ暑かったことだろう。本当に感謝するしかない。

が、彼女が帰った後、ふとキッチンの壁を見て、ギョッとした。

旅先のポルトガルで買った、路面電車の柄がついたタイルとコルクの壁掛け兼なべ敷きをかけているフックに、レジ袋が二つかかっているのだ。
ちょうど目の高さに、レジ袋とは。中身はペットボトルのふたを集めたものと、レジ袋を折りたたんだものだ。

確かにフックに余裕はある。かけたくなった気持ちは分かる。かかっていると、便利だろう。
しかしなぜ、装飾品の上から、レジ袋を二つ、引っ掛けてしまうのだろうか。

細々と不用品を処分しながら、私は自分の住まいをおしゃれな空間に変えたいと思ってがんばっている。
それなのに、リサイクル一歩手前の品物を、飾り物の上にかけるなんて・・・どうしてそんな無神経なことができるのだろう。

母にとってキッチンは、もとし住まいは、便利さが最優先、見た目度外視なのかもしれない。
でも日中働きに出ている私にとって、仕事を終えて帰ってきて、家が作業場のようになっているのは、非常につらいのだ。
家では休みたい、リラックスしたいのだ。仮にそれが、キッチンという家事の場所であったとしても。

仕事の関係で、少し前に工場を見学した。ものづくりの場だけに、動線を計算し、効率を重視したつくりになっていた。
目の高さにかかっているレジ袋は、使い勝手は良いかもしれない。でも家は、工場じゃない。

棚の上のほこりや、床に落ちた糸くずは非常に気になる母なのに、部屋の眺めはまったく頓着しないなんて。
ありがたいのだが、携帯メールで苦情を送ってしまった。やっぱり耐え難いのだ。

使いづらいよりは、使いやすい方が良いに決まっている。ただ、見た目を損なってまで、利便性を追求するほどではないような気がする。
どうにもこうにも、頭の痛い問題だ。

思えば、実家のどの部屋も、見て楽しくなるようなインテリアでは決してなかった。
自らセンスを磨いて、気をつけていくしかなさそうだ。
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-30 18:50 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


使い捨てを使いまわし?

食器棚から出て来たのは、使い捨て容器を洗ったものだけではありません。
お弁当やデザートを買ったら付いてくる、プラスチックのスプーンやフォーク、そしてストローです。

これまた動機は単純で~旅行や子供とのお出かけに持って行き、使って捨てたいから、でした。

10年ほど前、友人との海外旅行先のスーパーで、食べ物を買ったはよいが、カトラリーがなかった!とその時、友人が取り出したのはハーゲンダッツのアイスを買うとついてくるスプーン。
買った食べ物を、めでたく頂くことができたのでした。

別の旅先で、せっかく買い出したワインをホテルの部屋で空けられず、空路で運んだという後日談も加わり、旅には携帯セットのナイフ、フォーク、スプーン、ワイン開け、缶切り、小型まな板(ハガキサイズ)も持参するようになりました。

で、なぜ使い捨てカトラリーがこんなにたくさん?

容器とは違って、さすがに使用済みを持ち帰った形跡はありませんが、持って出かけた記憶もありません。
毎週父子が通うプールにも、普通のスプーンをケースに入れて持たせています。

そうでした!

スーパーやコンビニで買ったお弁当とともにレジ袋に入っている分には問題ないのですが、普通の荷物に入れるには強度が足りなくて、折れてしまいそうなのです。
さりとてケースに入れたらかさ張るし~

離乳食を持ってお出かけしていたときも、結局マイスプーンをケースに入れていました。
やっぱり、使わないんだった。だから溜まる一方なのね。
中途半端な使い捨て品を自宅に保管する必要、皆無でした!
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-26 12:28 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


減らす物差し〜紙袋

溜め込む一方で、使うのを惜しんだために、紙袋はわが家にあふれていたのだ。

どんなに整理しても、サイズもまちまちでうまくいかない。決して選びやすくならないまま、使い控えに拍車をかけていた。

見た目も良くない。不揃いの紙袋がはみ出す光景は、家が片付かずにイライラする原因の一つになっている。

捨てようと決意して、ひらめいた。
「あの手」を使おう。
汚片付けサポート隊の方が、コーチングのルポで書いていらした、目から鱗の仕分け策だ。

これから処分する対象の品物(今回は紙袋)が、どういう状態なら使わない(つまり処分可能)かを、あらかじめ自分で3つ決めるのだ。

私の場合は
(1)粘着テープ、またははがした痕が付着する紙袋
(2)よれよれ、または破れそうで、人前では使えない紙袋
(3)初回の用途が原因で、再利用に大幅な制約があるもの
例えば、靴購入時の紙袋や、下着メーカーのロゴが目を引くもの
をあげた。

これまでは「最低でもゴミ袋にはなるから」と保管した袋が、次々とゴミ袋行きになる。
もったいないという思いが頭をかすめる。まだ使えるじゃないか。
否、雑念を振りはらう。

現に私は、新聞販売店からもらった、古新聞回収用の紙袋の未使用分を、大量に資源ゴミに出したことがある。
ゴミ袋なら、新品の回収袋を使えるではないか。

あふれるものに囲まれて、部分最適しか追求できなくなっていた。
今からでも遅くない。物差しを作って、身の回りにおくものを選りすぐるのを癖にしよう。ひそかに誓った。
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-23 02:16 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


減らないわけ〜紙袋

引っ越しのたびに、かさ張るので手を焼いていた紙袋の山を、減らすことにした。

初めての一人暮らしを始めたとき、引っ越し荷物に入れなかった紙袋。
荷物の仕分けなど、ちょっとしたときに使えなくて、不便を強いられた。

そのトラウマが理由なのか、わが家には紙袋を詰めた段ボールが一箱、さらに紙袋ではち切れそうな紙袋が3、4袋はある。総計何枚か…数えたくもない。

ブランド店の紙袋は、ご多分に漏れずとりおきに回す。
化粧品やチョコレート、小物が入ってきた紙袋は、造りが意外としっかりしていて、サブバックに使いたいので保管する。

百貨店のは紙が薄いが、何かしら差し上げたりする時に役立ちそうなので、弱っていなければ普段遣い用の袋に保存する。
それ以外は古紙を集める袋にして、資源ゴミにそのまま出す。

持ち手が紙か紐かプラスチックか、紐でも糸かリボン状の布か化繊ロープか、底に台紙はあるか、水をはじくか…材質も多彩なうえ、サイズもまちまちだ。
使うときにドンピシャリのものが欲しい、というのは口実で、要は捨てられずにいた。
最後はゴミ袋だとしても、破れるまで必ず使い道があるからだ。

紙袋。そこまでの量が必要なはずはない。でもなぜ大量に在庫を抱えるのか。

大切な紙袋はとっておきのために日ごろは使わず、便利な形状の紙袋はなるべく大事に取っておくから。

じゃあ日ごろ使うのは?
捨てても惜しくない、代わりが簡単に手に入る紙袋だけだ。

出し惜しみしていたから、減らないのか。

持ち物への態度が人生観を反映するのなら、私は常に最善を尽くさないできたのだろうか。

長い間詰め込んだままの紙袋を整理すると、ほこりが舞うのがわかった。
自らの得意技や長所も、同様なのではないか。
出し惜しみほど、惜しいことはなかったのだと身をつまされた。
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-23 01:49 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


買い物は得意?

掘り出し物を探すのが得意だと自負していた。
ワゴンセールにディスカウント店、期間限定の出店にいたるまで、ためらわず足を踏み入れる。
お買い得品を見つけだし、手に入れて満足するのは、関西人の性(さが)だろうか。

消費不振が叫ばれるなか、今年も夏のセール真っ盛りだ。
財布の紐が緩まないからか、プレセールに再値下げ、期間延長と、店はあの手この手で買いたい気持ちをかきたてようと必死だ。

2割、3割引はもちろん、半額や7割引まで登場した。
安価なだけではなく、割安な商品もかなり並んでいる。
寸暇を惜しみ、職場近くのビルに足を運んだ。
このお値段なら手が届く、そんなバッグや洋服を見ては、気持ちがぐらりと傾く。

が、この夏の私は意外と冷静だ。
「ハンガー1本のすき間すらないラックに、この服を掛けるの?」
「買って本当に着るの?」
自問するたびに、店を立ち去る結果になる。

セール品はなぜ安いのか。
安売り専用品だから。それなら欲しくない。
昨年ものだから。
自分に似合って気に入ったなら、新作にこだわらない私は気にしない。明らかに流行遅れなら、見合わせる。
棚外れ品だから。
サイズがそろわない、特定の色だけ在庫がある。体にあって、気に入ったなら、かなりお得な買い物ができそう。

延長セールでふと手に取り、購入を決めた麻のジャケットはまさに棚外れ品だったようだ。
同じ素材で別のデザインは3着あり、50%引き。買ったのは1着のみで、70%引きだったのだ。
袖を通す。悪くない。この価格なら、たっぷり着て、最後は羽織物感覚で普段着に下ろしても惜しくないし、充分元が取れる。
会計を済ませて、誓った。
明日着るぞ!
仮にこのビルに明日立ち寄っても、同じ服は店には並んでいない。
今すぐ使える。最低基準を満たしたうえでのお買い得こそ、本当に上手な買い物の成果と胸を張れそうだ。
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-16 20:32 | Comments(0)


化粧ポーチ

三連休に海に行くため、荷造りをした。

三月の連休は荷物を減らしたくて、サンプルの小袋だけ持参したら、日差しに恵まれてしっかりシミを作ってしまった。
今回はきちんと日焼けを防止しようと化粧品を用意しながら、期せずしてポーチを整理した。

和室に山積の段ボール箱の一つは、化粧品ポーチというラベルが貼ってある。
勤め先のお手洗いの棚や机の引き出し、ロッカーに置いていたものを、産休前に持ち帰り、そのまま残っていたのだ。

旅行用の化粧品も、いくつかのポーチに分散している。
今の仕事場用ポーチは機能しているので、自宅にあるものは要らない、ともいえるが、中身を床に出してみた。

あらまあ。

何でこんなにたくさんあるのでしょう?

時々に空いていたポーチと使うものを詰めたようで、複数のポーチにものが入ったままだった。
忘れていた手鏡や口紅も次々見つかる。

重複したものを選り分け、旅用ポーチ二個にまとめて、残りは水洗いした。
片付けといえば、つい目に付くものから始めたくなるが、引き出しや棚の中こそ処分し甲斐があるように感じる。
ポーチも然り。入れ物は手強い。バッグや袋物が好きな私の弱み、ここにあり。
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-15 20:34 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


二日ぶりに朝仕分け

寝る前に咳止め薬を飲み忘れたこともあり、ちょっと爽快ではなかった今朝。
気分を変えてみたくて、二日前に中身が増えた部屋着シャツ類の引き出しに着手した。

仕事着から部屋着に分類を変えたシャツが増えたため、開け閉めが難しくなっていた。
引き出しごと抜こうとすると、引っかかってうまくいかない。中身だけ束にして、ベッドにおいてみた。

せっかくだから選びやすいように、引き出しに重ねるのではなく本の背表紙のように並べてみる。
折りたたむので、収容できる枚数が減ってしまうかと思ったが、意外にもすんなり収まった。
洗濯した後にしまうのがちょっと手間取るかな?と思ったが、徐々に調整していくことにする。

時計を振り返ると、まだ5分足らずしかたっていない。え、そんなにすぐに終わった?

すっかり気をよくして、前回中身を改めた仕事着シャツ類の引き出しに手を伸ばす。
せっかくだから、本の背表紙方式を採用しようと、シャツを入れなおした。

見やすい。二日前に確認したはずが、底にあったためすでに分からなくなっているシャツもあり、愕然とする。
記憶ってこんなにあいまいなものか。手持ちの服は一覧できるように収納しようと再確認する。

ここまで終わって、わずか10分だった。名実ともに朝飯前に一仕事。寝起きが良くなくて、身体に鞭打って起き出すのが日課の私が、苦手な衣類の仕分けに取り組めるとは。我ながら驚く。

作業の手を動かすうちに、妙に気分が落ち着いて、衣類も見やすくなった。良いことづくめだ。

これまで朝に作業するなんて、考えてみたこともなかった。帰宅後、子供が寝てから作業することしか念頭になく、疲れて作業できぬ日々だった。
意外な場面で整理の時間が取れることも、短時間で成果が出ることも、想定外だった。固定観念から緩やかに解きほぐされていく、そんな気分に満たされた。
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-15 10:41 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


朝から仕分け

子供と夫を送り出して、身支度するまでのひととき。
無意識のうちにダイニング横の棚から朝刊をとって、ページを繰って眺めるのが習慣だった。
電車で30分以上かけて通勤していた頃と違い、子供を送ってから出勤するときもしないときも、電車に乗る時間が短すぎるため、新聞を読む時間がなくなってしまったからだ。

「汚片付け・・サポート隊」のブログで連載中のルポを拝見し、衣類の仕分け方法にたくさんのヒントをいただいたからだと思う。ふと思いついた。
今から15分間、新聞を読む代わりに、一箇所でも荷物に手を入れられるかもしれない。

毎朝身支度時に頭を悩ませ、かつ昨日から気になっていた、ブラウス・シャツ類の引き出しに手をつけてみた。
一枚ずつ見ていたが、まどろっこしくなって、がばっと束にしてベッドにおいた。

自分で作った、処分するブラウス・シャツの仕分け基準を思い出す。

1) 色あせた、よれた、ほつれた、毛羽立ったもの
2) 体型に合わないもの(大きすぎるもの)
3) 時代に合わないもの

せっせと分けてみる。数枚は試着してみた。
2)に該当する衣類が意外と多く、通勤着からはずせるものも何枚か出てきた。とはいえ「まだ着れる」と思ってしまい、特に木綿のシャツは風通しも良いので部屋着の引き出しに入れることになった。

たった15分の作業だが、非常に充実したひとときだった。

思えば、夜は疲れて眠ってしまったり、気がついたら深夜になって収拾がつかなくなり自己嫌悪にさいなまれたりするばかり。結局は思ったほど進まないことが多かった。朝は苦手なので、早起きで作業するのは無理だとあきらめていたが、そうではなかった。

わずかな時間でも、着実に作業に振り向けた方が、前進できる気がする。朝は出勤しなくてはならないので、終わり時間をはっきり決められるのも好都合だ。

明日は子供を送ってから出勤するので、明後日はあふれてしまった部屋着の引き出しを精査しよう。
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-13 10:35 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


捨てやすい、捨てづらい

断捨離を始めて、細々ながら不用品を処分するうちに、意外なことが見えてきた。
何となく持ち続けた古い家電は手放せたのに、捨てるのに妙に抵抗感を感じるものの一群があるのだ。

ドラッグストアに売っているような、ヘアケア・スキンケア用品は代表的だ。
開けて何回か使い、そのまま残っている。

戦前生まれの両親に育てられたため、使い切るまで捨ててはいけないと信じていたのだ。
使わないから減らないわけで、使い切る日なんて来ないんじゃないの?

ある時は、どうしても捨てられず、しかし洗面台の場所塞ぎになっている、2、3回使ったスタイリング剤を手放すためだけに「シェアモ」に登録しようかと思ったくらいだ。
わざわざデジカメで撮影して、コメント付けて、反応があったら梱包して発送…そこまで私はヒマなのか?否、その時間でやりたいことは他にたくさんある。

捨てられず困るもう一つのグループは、紙袋だ。

一人暮らしを始めたとき、どういうわけか手元に紙袋がなくて、非常に困った。
荷ほどきするにも、捨てるものを入れるにも、紙袋があれば助かるのに…
その反動で、つい溜め込むようになった、恐らく百枚はあるはずだ。

かさ張るので押し入れの奥底にしまいこんでおくため、いざと言う時サッと取り出せない。結局、手近なところに袋詰めして置くはめになる。そうやって量が増えるのだ。

たまりかねて紙袋入りの袋ごと捨ててみたら、たまたま訪ねてきていた母が「紙袋がない、ない」と大騒ぎ。
戦争を経たからか、山程在庫を持っていないと安心できないのだろうか。

すぐに手に入る、しかも安価なものが手放せない。紙袋に至っては、無料なのに。このあたりに我が家の病巣が潜んでいそうだ。
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-10 20:36 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)


ごあいさつ

はじめまして。

ブログを開設いたしました。

深呼吸するとき、まずは息を吐き切ることからはじめるように、

モノや思いを手放すことで、新しいものを取り入れたいと考えています。

過程で浮かんだこと、思いついたことを書きとめながら、

何か気付きがあればと期待しています。

お立ち寄りくださった方とのご縁を感じつつ

よろしくお願い申し上げます。
[PR]
by cocue-cocue | 2010-07-10 18:41 | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧