日々是呼吸


カテゴリ:口福レシピ( 8 )



黒豆茶を飲みました

 ちょっとしたお片付けブームが来ており、がさごそと不用品の仕分けなどしていて見つけた健康雑誌で、黒豆茶の紹介を読みました。

 せっかくなので試してみることに。

 炒った黒大豆大さじ一に、熱湯200ccを加え5分おき、飲む。
 豆も食べられる、とのこと。

 少し癖はあるものの、おいしい!とスッキリ飲むことができました。

 コーヒー飲み過ぎな私には、代わりの飲み物も必要かなと。
 飲んでしばらくしたら、汗がじわりとでてきました。むくみがちなので、効き目があることを期待したいところです。

 しばらく、続けられますように!


にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村


[PR]
by cocue-cocue | 2015-08-04 00:39 | 口福レシピ


新年のご挨拶に代えて~私が作るお雑煮

2014年が皆様にとって、かけがえのない一年でありますように、お祈りいたします。


お正月なので、備忘録がわりに私が作るお雑煮を紹介します。

そのお雑煮は、母方の実家の流儀です。
この家は、15代続いたとある家元でもあり、関西なので京風のお雑煮の流れを汲んでいます。

(母は結婚したとき、父の家のお雑煮やお節の風習を訊ねたそうです。父の実家はお正月はお餅を焼いて食べているだけに過ぎず、何も採り入れるものがなかった、と聞きました)

白味噌仕立て、丸餅を焼かずに入れます。
お出汁は昆布と鰹でとります。
具材は…雑煮大根(細い品種)、ごぼう、里芋、焼き豆腐です。

手に入らない材料は、代わりのもので補います。
例えば大根。普通のものしか私は使っていません。
最近は手に入れやすくなりましたが、少し前までは焼き豆腐もあまり見かけなかったので、木綿のお豆腐を使っていました。

***

たまたま夫が買ってきた「きょうの料理」のテキストで、京風のお雑煮が掲載されていました。

削り鰹をトッピングしないのと、具材の種類が少な目(テキストの京風のお雑煮は、ごぼうと焼き豆腐が入らなかったと記憶しています)であることを除くと、かなり似ているといえそうでした。

そうです、私が作るのは、白いお雑煮なのです。


初めてこのお雑煮を作ったとき、夫の感想は「甘い」でした。
予想外の反応にすっかり驚いたものです。

確かに白味噌のねっとりした風味は、塩気のきいたお味噌の味とは異なりますが、甘いという言葉と結びつけたことはありませんでした。
意外感を覚えたものです。

そんな夫の家のお雑煮は、というと、義母の創作雑煮だそうで、おそらくすまし仕立て、三つ葉が入り、イクラをトッピングするそうです。

生のイクラを熱いお汁に載せたら、煮えてしまうのでは?と不思議に思えます。
はい、その実物を見たことがないからなんですが。

我が家のこどもたちも、お雑煮を美味しいといって味わってくれました。
自分が幼い頃、お雑煮を美味しいと思えたかどうか、あまり自信はありませんので、ありがたいことだと思います。

個人的には、お雑煮をお正月だけのものに留めておくのは惜しい気がしてなりません。

普通に、お味噌汁の代わりに食卓に並べても良いかな?と感じるのですが。邪道でしょうか?


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2014-01-05 00:35 | 口福レシピ


作っておいて良かった、冷蔵庫のおかず

料理の下準備や作りおきを始めて、予想外の収穫もありました。

我が家の乳児は現在、離乳食完了期です。
外出時には軽食を持参することが増えました。

本人がお米よりパンが好きなことと、第一子のときと異なり、大人の食事から取り分けることがほとんど(子供専用メニューを作らなくなった)、というわけで、いわゆるお弁当は作りません。
手づかみ食べが容易な、サンドイッチを用意することがほとんどです。

常備菜を用意するようになったある日。
サンドイッチを作ろうとしたときの話です。

冷蔵庫を開けると…
なんとまあ、すでに具になりそうなものが完成しているではありませんか!!

コールスロー、ニンジンのサラダ、青菜のおひたしなど、そのまま挟めるものから、刻んで和えればOKというものまで、選り取りみどりとは大げさですが、選べそうなのです。

たかがサンドイッチの具、とはいえ、相手になってほしいと追いかけてくる乳児をおいて、卵サラダを作るのすら、容易ではありません。
いえ、単純作業なんですが、なかなか集中できないのです。

具の半完成品があるだけで、こんなに手軽にサンドイッチを準備できるなんて。
しかも、単調な味付けにならないとは。

作りおき、という言葉のニュアンスがどうも好きになれず、ブログでもあえて使わないようにしていました。
しかし、こうやってメリットを味わうと~もう、やめられませんf(^_^;



★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-04-03 23:40 | 口福レシピ


料理の下準備、作りおきのお試しレポ

4月から生活リズムが変わることもあり、作りおき料理を試しています。
これまでは、余り物を保管することはあっても、結局は食べ残して処分する方が多かったのです。

果たしてどうなるか、と思いながら、始めてみて気がついたことがいくつかあります。
備忘録がわりに綴ります。

作りおきにはいくつかの段階があります。
食材を買ってきて、食べる間際までそのまま、という状態でなければ、何らかの下ごしらえや作りおき料理をしていることになります。

今の私はまだお試し期間なので、包括的な取り組み方は確立していません。
しかしながら、すでに利点を感じています。

一番のメリットは、調理しようと思ったときの気力と体力に応じて、下準備した食材を選んで完成させられること、でしょうか。

手持ちの下準備済み食材をあげると…

[カットして冷凍]
にんじん、玉ねぎ、ニラ、小松菜、青ネギ

[加熱前の段階で冷凍]
鶏肉のハニーレモン漬け

[加熱後に冷凍]
豚肉とキノコのポン酢炒め煮
塩ぶり大根

[加熱不要で冷蔵]
コールスロー
ニンジンサラダ

[加熱調理後に冷蔵]
ブロッコリー
ほうれんそう
きんぴらごぼう

こんな感じです。

下ごしらえや味付け、調理を、時間と体力、気力のあるときにやっておくと、なにより負担感が少ないです。

逆にいうと、食事開始時間にしばられず、自分に余裕のあるときを選んで調理や下ごしらえを出来るのは、モチベーションが低いときに追いたてられるように料理を作るより、楽に感じられることを知りました。

素材に向き合うときの負担感に限らず、いざ食べる間際のコンディションに応じて手のかけ方を変えられるのも大きいメリットです。

その日の調理にかけられるエネルギーに応じて、主菜はレンジ加熱のもの、フライパンで炒めるもの、買ってきたお肉やお魚に冷凍済み野菜を組み合わせるもの~という具合に、選択の幅が広がります。
毎日一から作るとなると、気力がなければ選べる手段が限られるうえ、市販の惣菜や出前、レトルト品という外部依存型になります。
何となく、手を抜いてしまったというかすかな挫折感?が芽生えがちな人には、自作の加工食材を使うのはかなりお勧めしたいです!!

小難しいことを書いてしまいましたが~
次回に続きます。

おすすめの作りおきノウハウがあれば、ぜひご助言下さいませ♪




★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-03-27 19:25 | 口福レシピ


トーストでハーフ&ハーフ

ソフトクリームのミックス味を発明した人は賢いな、と思います。
バニラの味だけだと飽きてしまった幼い頃も、チョコレート味の甘さが少しくどく感じる年頃になっても、二つがほどよく混ざっていたならば、味わいもより深く感じられて、満足度が高まります。

そんな私のハーフ&ハーフ好み、最近は朝のトーストで試しています。

その1
他の家族はほとんど使わないのに、つい買ってしまうジャムやピーナッツバター、ココアクリーム。
美味しいのですが、カロリーが気になるとつい控えてしまうため、なかなか消費できないのですが、あるときふと思い付いて、試してみました。
トーストの半分にだけ、ジャムやスプレッドを塗るのです。

この手の品は、濃厚な味が多いので、素のトースト(?)と交互に味わうと、ちょうど良い具合に味を楽しめます。
カロリー摂りすぎの罪悪感からも解放されます(^-^)v

その2
朝イチだからエネルギーを取りたい!!というときには、これまたトーストのハーフ&ハーフがおすすめです。

半分にピーナッツバターを、残り半分にジャムを塗ってみると、一枚で二度美味しい。
私のなかでヒットだったのは、半分にビターチョコクリームを、残り半分にオレンジマーマレードを塗ったトーストでした。

その3
東京に来て最初に驚いたのは、食パンは8枚切りが主流だということでした。
日本一パンの消費量が多い街から来た私にとって、8枚切りは「厚めのサンドイッチ用」で、普通は6枚切りがトースト用です。

やっぱり厚みがあって食べごたえがほしい。
思い付いたのは「4枚切りの食パンを半枚食べる」ことでした。
一枚だと満腹になりますが、半分だと8枚切りの一枚分に相当するので、悪くない分量ですし、トーストをしっかり味わえます。

なんてことはない、ワザというほどでもありませんが…お気に入りのご紹介でした。

もっと素敵なアイデアがあればぜひ、教えてくださいね(*^^*)


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-11-15 16:15 | 口福レシピ


思考停止レシピ~暑いときはこれ


 今年のように暑い夏は、キッチンに立つ時間を一秒でも短くしたくなるものです。
 お腹が空いた、スタミナつけたい、でもあれこれ考えたくない…
そんなときは、家にある食材でさっと作れるメニューが便利です。

 小さい子どもがいるので、最近はなかなか食卓に並ぶ機会はないのですが…
すぐに覚えられるし、二度目からは何も考えずに作れるこの一品、良かったらお試しくださいませ。

 『豚キムチ』

材料 (一人あたり)

豚肉…60~100グラム
キムチ…豚肉の目分量の半分~同量めどに
にら…一束  (我が家ではカットして冷凍保存しています)
卵…1個
油…サラダ油かゴマ油、適宜

お好みで…たまねぎ、もやし、にんじん(細切り)

手順

1) 豚肉は一口大に、ニラは4センチ長さに切る。(キムチが大きい場合は食べやすくカットする)
2) フライパンに油を熱し、豚肉を炒める
3) 豚肉の色が変わり始めたら、キムチを加える。(たまねぎやもやしを入れるなら、ここで)
4) キムチの香りがたってきたら、溶き卵を流し入れて軽く混ぜ、半熟の手前でニラを加える。お好みでしょうゆを鍋肌からたらしても。
5) 火を止めて、お皿に盛り付ける。

わざわざブログにUPするほどでもない、簡単レシピです。
キムチが入るので下味も味付けも不要ですし、細切れ肉と一口大キムチを使えば、包丁を使うのはニラをカットするだけ!というお手軽さです。

なんてことはないレシピですが、暑さで頭がぼんやりしていても、勝手に手が動いて完成させられる「持ち駒」がいくつかあれば便利だな、と思って、書きとめてみました。

皆様のお手軽&外れなしレシピがあれば、ぜひ教えてくださいませ!


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-08-25 17:25 | 口福レシピ


真冬のティータイムに

冷え込みが続く二月に入り、身体の芯から暖まる飲み物が手放せなくなりました。

生姜をすり下ろして入れる、温かい飲み物2種がこの冬のお気に入りです。

生姜ココア
材料:1人前
ココア(表示通りに)1杯分の必要量
ミルク150ml
お湯 大さじ1
生姜 チューブなら1cm目安 すり下ろしたもの

手順:
①ココアと生姜をお湯で溶く
②泡立てるなら、カップ三分の一目安のミルクを加えて混ぜ、電子レンジで加熱する
③残りのミルクを加えて混ぜ、再度電子レンジで加熱する

甘味の中に、時折生姜のピリッとした味わいが広がります。

ジンジャーミルクティー
材料:2杯分
ティーバッグ2袋
水100ml
牛乳300〜400ml
生姜すり下ろし 小さじ2〜大さじ1
はちみつ大さじ1

手順:
①小鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらティーバッグを入れる
②牛乳と生姜、はちみつを加えて混ぜ、沸騰しないように温める
③茶漉しで漉して、カップに注ぐ

甘味や生姜の量は、好みで加減できます。
煮出して漉すので、洗い物は増えますが、深い味わいがやみつきになります。

ちょっと一手間かけるだけで、豊かなティータイムが楽しめます。
[PR]
by cocue-cocue | 2011-02-13 21:31 | 口福レシピ


ポンテケージョ

夕食をとる時間がなかった日、帰り道のジューススタンドで見つけたポンテケージョを、歩きながらつまんでいました。

手軽に作れたら良いのに。
チーズとパンに目がない私、早速レシピを検索し、作ってみました。

材料:
小麦粉60g
片栗粉80g
牛乳
サラダ油 小さじ2
ピザ用チーズ 大さじ1

手順:
①材料を混ぜて、ボールにラップをかけて、電子レンジで1分加熱する。
②クッキングシートの上に、10等分した生地を丸めて並べる。
③予熱したオーブン180℃で15分焼く。

元のレシピはバターを使っていましたが、手元になく、別のレシピが取り入れていたサラダ油にしました。
マーガリンでも可、と元レシピにあるのを、後で気付きました。

レンジにかける、と読んだところで、ホウロウのボールに材料を入れたのと、レンジがオーブン機能で予熱中だと気付き…
エイヤッと予熱中のオーブンに、ボールを入れてしまいました。

元レシピで粉チーズを使っていましたが、あまっているピザ用チーズで代用しました。

勝手解釈のせいか、生地が緩く仕上がり、とても丸めて成形できそうになく、スプーンですくって落としました。

完成したのは、おやきのようにひらべったいポンテケージョ風でしたが、中心はきちんとモチモチしていました。

白玉粉や豆乳、豆腐を使うレシピもありました。次回は違う素材で作ってみたいです。

自分のレシピが確立できますように☆
[PR]
by cocue-cocue | 2011-02-12 02:03 | 口福レシピ

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
真央ちゃん
at 2017-04-13 00:45
片付けで凹んだ話
at 2017-04-10 02:14
すっきり気分で、捨てられますか?
at 2017-03-19 18:00
家で休めていないとは。
at 2017-03-19 15:05
試練の日々
at 2017-03-15 01:23
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧