日々是呼吸


カテゴリ:こころと思い( 137 )



名残りも未練もない(コーヒー断ち15日目)

振り返ると早いもので、コーヒーを飲まなくなって2週間が経過しました。
物事を習慣にするには3週間必要、とよくいわれますが、私の場合はこのままぶり返すこともなく、コーヒーを飲まずに過ごせる確信があります。

欲しくてたまらないけれど我慢している、といった感じが全くないのです。
コーヒー飲んでひと休み、そんな習慣すらもはや私には不要かもしれません。

日本茶を飲むことは時々あるので、カフェイン断ちではありません。コーヒーにいかに依存していたのかを改めて知ると同時に、もう私はコーヒーブレイクを味わうことはないのかなぁ、なんてふと思ったりして。
今は頭痛の記憶が新しく、飲んでまたあの痛みに苦しむくらいなら、やめておこうという気持ちにもなるのです。

コーヒーは私の日常で、いつもそばにあるものでした。止めると決めて、予想外の頭痛と眠気で苦しんだものの、それ以外の未練も後悔も名残惜しさすらないのは、ある意味驚きです。同時に「人は変われる」ことを体感する、よい機会になったと実感しています。


[PR]
by cocue-cocue | 2018-01-16 13:17 | こころと思い | Comments(0)


距離を置いたら穏やかな気分に(コーヒー断ち12日目)

地下鉄を降りて改札を通るとき、ふと気付きました。私の心が、静まり返っているかもしれないということに。

コーヒーを飲まなくなって12日目。コーヒーだけが理由なのかどうかはわかりません。ただ、心を覆っていたような重苦しさみたいな、モヤのようなものが、見当たらなくなっていることに気付いたのです。
ただ、静かな湖面が広がっているかのように。

私はどちらかというと、頭の中がおしゃべりなタイプです。ぼんやりしているというのは、熱が出ていたり、眠気が強すぎたりするときだけで、いろんな考えや思いが頭をかけめぐるのが日常でした。
ところが、そういったザワザワしたものが見当たらないのです。

もちろん、カチンとくる発言にイラッとすることくらいはあります。でも、恒常的に何かもやもやしているのは、消えてしまったのかも。

コーヒーを抜いた結果だと決めつけるのは短絡的ですが、他に変化したことはあまりなく、何割かはコーヒー起因だと言える気がします。

スターバックスで紅茶を注文するようになり、そのうちコーヒーを飲みたいという思いすら消えてしまっていて。人の身体はこんな形でも変わりうるものだな、としみじみ感じています。


[PR]
by cocue-cocue | 2018-01-13 13:52 | こころと思い | Comments(0)


みんな、変わりたくなんかない、のかも

技術の進歩などでいろんなことができるようになりました。同時に、昔必要だと思われていたものがもはやいらなくなったり、廃れていったりして、世の中は少しずつ、時には目まぐるしく変化しています。

そのことをどう受け止めるのか、急に気づいた私なりの解釈が「大部分の人は実は、変わりたいとは思ってなんかいない」という傾向です。

例えば都市部で盛り上がる中学受験。最近は大学付属校の希望者が増えているといいます。少子化にもかかわらず大学の数が増え、進学率も上がるなか、大学合格自体は数の上では易しくなっているはず。それでも付属校に人気が集まる理由は、2020年の大学入試改革を控え、「どう転ぶかわからない新入試方式に子どもを巻き込みたくない」からだとか。

確かに目の前の試験なら、今ここの制度や仕組みを使っているので、迷いは少なくてすみそうです。どうなるかわからないものに不安を抱くのは自然ですが。
そこまで忌み嫌って回避する必要がどこにあるのだろう、と不思議でなりません。

子供の将来を左右するものだから特別、とも言い切れないはず。
潜在的に、改革後のものが自分にとってプラスに働くとは思えないという集団心理なくしては、このような動きは出ないのではないでしょうか。

よくなるとは限らないけれど、絶対に悪くなると決めつける必要もなく、本来「改革」であればむしろ、既存の制度の欠陥を補うものであろうと考えれば前向きに受け止めて良いというのに。あえて今、回避するための勝負に出るのであればそれは、やはり変化そのもの(方向性に関係なく)に対して消極的、否定的であるのは事実でしょう。

何でもかんでも変えることが大切だとは思いません。
しかしながら、昨日と同じ1日などないのです。変わるのは前提で、それが大きくても小さくても柔軟に受け入れていくというのが本来は必要なのではないでしょうか。

今回の例は限られた人たちの判断の話ですが、世論を動かす何かを見たとき、人々が変化をどう受け止めているのかを念頭におくと、意外な現実が浮かび上がりそうです。



[PR]
by cocue-cocue | 2018-01-05 09:03 | こころと思い | Comments(0)


日課、得意ですか?

家のお掃除で、曜日ごとに取り組む場所を決めておられる方も多いでしょう。三日坊主の私は、この日課というのがどうも苦手で、堅苦しくて窮屈だと感じてしまうのです。

例えば学校の宿題なんかでありがちな、1日1ページのドリル。4日めあたりから飽きてしまって、結局思い出した頃にまとめて何ページも解いて、疲れてしばらく間があいて、の繰り返し。だったら1日1ページずつコツコツ取り組んだ方が結果的に量をこなせるはずなのに、なぜかうまくいかないのです。

そんな私の今の仕事は、およそ1週間が一つの単位です。
曜日ごとに進める事が決まっていて、バイオリズムは作りやすいはず。ところが実際はそうでもなく、どうもダメなんですよね。

ところが一つだけ、ストレスから解放されている仕事があるのです。
なぜだろう?と振り返って、今ふと謎が解けました。
その仕事は数回分まとめて届くものなので、あらかじめ自分のペースで完成させておくことができるのです。
ちょっとやっておこうと思ったとき、まさにその気分のときに取り組むことができるので、間際に慌てることもなければ、いやいや自分を追い込む必要もない。そっか、私はやはり、マイペースなんだなと今ごろ気づいた次第です。

やりたいと思った時の方がパフォーマンスを発揮できるので、短い時間内にノってこなしているはず。今しなきゃ、でも気持ちがついてこないなんてことはなくて、安定的に追いついて仕事を終えることができるのです。

やはり私は、ある曜日にはこの場所を掃除するといった、ルーティンを追いかけることがあまり向いていないのでしょう。
コツコツと計画的に取り組める人たちがうらやましいですが、真似してみるのはなかなか難しいものです。


[PR]
by cocue-cocue | 2018-01-02 16:55 | こころと思い | Comments(0)


全く違う暮らしを目指す

前回書いた通り、2017年はあまり良くない1年でした。
このままこの暮らし方をしていると、私の冴えない生活に何も変化は起きないはず。何かを変えないとやはりダメで、これまでの自分の判断を根本的にひっくり返さなくてはいけないなと。

というわけで、今年の総括を兼ねて、来年への目標を強引に立てるとするならば
今までやっていたことをやめる
これまでやってこなかったことをする
いつものやり方をやめて、別の方法を選ぶ
この3つでしょうか。

無意識な言動が今の体たらくを招いていると考えると、意識的になり、違う結果につながるようにふるまうことが今の私には必要な気がしています。

人間関係もここらで入れ替えていきたいです。がまんして付き合うのはやめて、本当に必要な人とだけ、必要な形で関わるようにしていくという、当たり前のことを心がけたいものです。

あまり年末らしいこともせずにいますが(一応喪中なので)、2018年はいろんなことを入れ替える一年にしたいです。


[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-31 17:30 | こころと思い | Comments(0)


2017年とは。

年末に1年を振り返ると。

実は今年はあまり、良い出来事には恵まれませんでした。
身内の不幸、家族の不本意な異動、子供たちの学習面に進路面と、あまりよろこばしいとは言い難い出来事が相次ぎました。
私自身は、職務にいくばくかの変更があり、楽になった反面、煮詰まることも少なくなく、何かと思い悩んで過ごす時間が長かったです。
体調も崩しやすく、手術を伴う検査を受けたり、夏休み直前に病気になって寝込んだり、痛々しい感じでした。年後半は土日に寝込むことも多かったです。

楽しかったことを思い出そうとしても、本当にわずかしかありません。総じて楽しくなかったのかも。
人生波がありますから、きっと今年は沈む時期だったのでしょう。
これ以上落ちることはまあないであろうと信じて、新しい年を粛粛と迎えるしかなさそうです。

ブログの更新もかなり希でした。非公開記事もそんなになく、書けない年でした。
同じ調子がいつまでも続くわけではない、それだけを願っているところです。

良い年越しをお迎えください!





[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-31 01:02 | こころと思い | Comments(0)


浮き足立たない年の瀬

1年前をあまり思い出せないからなのか、今年はクリスマス前と同じく、今ひとつ年の瀬モードが盛り上がっていない気がしています。

人手不足で歳末商戦とやらを熱心に展開できないからなのか、株高だの賞与アップだと言われても、過半数の人には恩恵がないからなのか。
なんだか穏やかで、それはそれで決して嫌な感じにもならなくて不思議です。

私の年末は、秋の終わり頃からさえない感じで過ごしていただけに、底から浮き上がり始める兆しが少しだけあるかも(ややこしい)、そんな日々でした。
なかなか気分良く過ごせないことが多くて、気候に振り回されている自分が情けなく思えたり。
毎日が高揚した気分というのもおかしな話で、穏やかに過ごせるのが結局はありがたいのかな、と感じたのも事実です。

残りあと3日と少し。短い年末年始、のんびりと身の回りを片付けたりして過ごしたいです。


[PR]
by cocue-cocue | 2017-12-28 18:41 | こころと思い | Comments(0)


送ることば

 これまでのように、突然職場に顔を出されて、ブランクを感じさせない会話を交わせる日がまた来るのだと信じていました。

 平日の昼間は無理でも、土日にお忍びよろしく机の上を片付けに立ち寄られたりするのかとも。

 そんな日が、永遠に来なくなるなんて。


 職場の新参ものにすぎない私に、惜しみなくノウハウや助言を提供して下さったり、実際に手助けして下さったり。御礼にお誘いしたランチのときにゆっくりお話ししたのが、昨日のことのように思い出せます。

 また、今までのように、いろんな会話を交わせると思っていたのに。

………

 ねえさん。

 私は間接的にもねえさんとは呼べないままでした。
 でも今、あえて、ねえさんって、呼びかけたい。

 ねえさん、頑張りやさんで、幅広い人脈と深い見識をお持ちで、決して弱音なんか吐かなくて。

 あの時代に仕事をはじめて、悔し涙も人知れず山のように流されたんじゃないかと思います。

 我慢して、歯を食いしばって、でも決して泣き言なんかいわなくて。体調ギリギリまで頑張るから、破綻すれすれの事態もあったと思います。そこまで命がけで仕事をしていた姿。頭が下がるばかりです。

 その頑張りが、お体に負担をかけてしまったに違いない、そう確信しています。
 
 ねえさん、私、悔しいんです。
気を使われたくなかったからひた隠しにされていたんだと分かるけれど。私も寿命を縮める片棒を担いでしまったから。
 そんな状態だとわかっていたら、あんなに世話になりっぱなしになんて、なれなかったのに。本当にごめんなさい。

 ねえさんのお陰で完成させられた仕事、どれも本当に心に残っていて、忘れられません。

 十分にありがとうって、言えなかった。まだまだ、いっぱい話せるんだって、なにひとつ疑っていなかった。

 実はご病気らしい、そんな話も聞いていました。でもまさか、こんな日を迎えるなんて、全く予測なんてしていなかった。

 ねえさんになにかあったんだと知ってしまったとき、そんなはずはない、そう打ち消したつもりなのに。

 ねえさん、

 永遠の別れって、こんなに苦しいことだって、今ごろ実感してる私、本当にまだまだでした。
 生意気なことばかり言ってたけど、私、本当に幼かった。
 自分のツラさをおさえて、後輩たちの世話をして、惜しみなくささえてくれて。そんなねえさんのこと、私は何を分かっていたのか。

 今さらながら、本当に感謝しています。
 ねえさんでなくてはできない仕事、まだまだたくさん残っています。
 やり残しも間違いなくあったはず。
 私は決して、ねえさんのことは忘れない。

 いつかは私も、そちらへ行きます。
 ペンディングになったあの企画、どこかで絶対に、形にしましょうね。約束できなかったけれど、いったん登録して、時期を変えるって話しておきましたから。

 思いってどこまで伝わるんだろう。
 ねえさん、早すぎですよ。
 でも、全力疾走で駆け抜けて行ってしまったんだよね…

 天国から、見守っていてくださいって、まだまだ甘えたこといってしまいますが。

 まずは、安らかにお過ごしください。

 ねえさん、ありがとう。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-09-16 23:54 | こころと思い | Comments(0)


病み上がりの旅はほぼ寝たきり

 旅に出る少し前に高熱を出しました。
 何とか下がって、現地入りしたものの、やはり体調はすぐれず。熱はないものの、とにかくだるく、丸一日をベッドのなかで過ごすはめになりました。朝ごはんもスキップし、買い物も見送るほど。なかなか辛いものが…

 かつて高熱で旅に出たことがあり、空港の入国審査でひっかかりやしないかとドキドキするほどだった思い出が残ります。意外にも体温チェックで見つかることはなく、無事入国したものの、正直つらかった。
 その後、その旅先には一度も出掛けておらず、やはり体調が旅情を左右すると痛感したところです。

 で、今回は。
 初めての旅先で、仮に体調が良かったら楽しめたのか?と問われると…自信はないです。ウ~ン、再訪はなさそう。ごめんなさい。
 そんなわけで、旅先の思い出は寝たきり、という、2017年の夏休みです。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-08-22 20:50 | こころと思い | Comments(0)


自由に、生きよう

 仕事をしていると、責任が伴う一方で、自分が決められる部分が必ず見つかるのではないかと思います。

 すると決める、しないと決める、そんな判断の過程で、実は創意工夫を発揮できているのではないかと。

 ホンの少しでもゆとりを持つようにすると、人はいろんな着想を得たり、ヒントを見つけたりできる気がします。

 自分が決めること、選ぶこと、意識的になれたら、人は自由に生きていることに気がつくような。

 体調や気分にも気を配りながら、少しでも良い形で取り組めていけば、毎日は幸せにあふれる、そんな自由さを、感じていきたいです。
[PR]
by cocue-cocue | 2017-06-05 12:41 | こころと思い | Comments(0)

    

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧