日々是呼吸


早起きに生まれ変わった

白状すると、私は朝が大の苦手でした。
目覚まし時計がなったとき、地獄の底に引きずり込まれるかのごとく、ツラい思いをする、そんな寝起きの悪さ、親元にいた頃は母親とそっくりで、遺伝か体質かとあきらめていました。

世の中の人は本当に、ここまで苦悶しながら毎朝起き出しているのだろうか?
疑問はつきませんでした。

朝が早い職場にいた頃は、毎朝目を覚ますが拷問のようでした。
ベルがなる、古典的な目覚まし時計を設置しても、音が聞こえないこともしばしば。
帰宅後マンションのエレベーターを降りた途端、けたたましいベル音が聞こえてきました。
非常ベルが鳴っているのかと思ったら、なんとわが家の目覚まし時計だった、なんてこともありました。そんな騒音ですら、効果ゼロなのです。

*****

子供が生まれてからも、寝起きの苦しみは変わることなどありませんでした。

そんな私が、気がつけば早起きになったのは、この1ヶ月の話です。

何があったのでしょう?

ひとつは、常夜灯を消して、部屋を真っ暗にして休むことを勧められたからです。
メラトニンの働きのために、少しでも光はないほうがよいと。
確かに、寝起きの悪さは、完全に消し始めてから、改善しました。

もうひとつは。

仕事上の仲間というか、上司でも先輩でもある人物とのやりとりがきっかけです。

熱い人で、溢れんばかりの愛の人、そう描写しておきます。
本人も認めているように、男女問わず、困っていると言われたら助けずには居られない性分で。

無意識に、なんの疑問も抱くことなく、本人はそうやって仲間と接しているのだと思うのですが、気がつけばペースに巻き込まれ、思い切り心を乗っ取られていたのです。

*****

人たらし。

あまり美しくない言葉かもしれません。
私は完全に、圧倒されたのでした。

憎めなくて、強引なのに断れなくて、失礼なことを言われてもつい、許してしまって。

そんな人の言動に完全にノックアウトした私は、どういうわけか早起きに生まれ変わっていたのでした。
[PR]
by cocue-cocue | 2014-08-15 06:00 | こころと思い | Comments(1)
Commented by 葉桜 at 2014-08-18 10:08 x
「人たらし」たしかにそういう方、いますよね。

<< 別れ際      優しい毒(香りの記憶) >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
細々と、学習したり
at 2017-08-17 02:11
こつこつスクワット
at 2017-08-15 03:04
立秋の雨音
at 2017-08-11 01:46
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧