日々是呼吸


美しい (香りの記憶)

 就職して東京に来たばかりの私の日曜日は、一言でいうなら「有り余る時間に、途方にくれる」ひとこまでした。

同期や同僚を除き、友達もわずか、土地勘はほぼ皆無です。
借り上げの住まいから電車に揺られて、ターミナル駅で下車、近くの百貨店を探検したものでした。

その香りに出会ったのは確か、新宿のとある百貨店だったと記憶しています。
甘い、でもほんの少しだけスパイシーなその香りは、しっかり重くもありますが、とても女らしい印象でした。

名前も直球ど真ん中。ヨーロッパで暮らした私は、アメリカのわかりやすいシンプルさより、複雑なニュアンスのある欧州系の品のほうが、肌に合うのです。
それなのに、この香りにたまらなく惹き付けられたのでした。

*****
振り返ってみれば、わかります。
あの頃の私が、自分に足りないであろうと無意識に気が付き、補ったものが何なのかを。
このクラシックな女らしさに吸い寄せられた私の目が、何に奪われていたのかも。

何も気がつかないまま、ただその香りを身につけ、朝早くから仕事に出掛けたものでした。

この香りはもう、私の手元にはありません。
早々と使いきり、そのままになりました。

何年か後に、東南アジアでこの香りのボディーローションを買い求めました。

懐かしくて、つい手にとったものの、結局ほとんど使うことなく、先日処分したところです。

今も香り自体は好みなのですが、あのときの思いと共に、私の身の回りからは縁遠い存在となってしまったのでした。

beautiful
[PR]
by cocue-cocue | 2014-08-06 21:17 | お気に入り | Comments(0)

<< 詩 (香りの記憶)      禁断の花園(香りの記憶) >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
あれから、3年。
at 2017-07-04 01:56
帽子を忘れて炎天下
at 2017-06-25 01:54
ピンクの夕焼け空
at 2017-06-22 23:06
好みのお酒
at 2017-06-21 22:58
ストレス解消買い
at 2017-06-14 23:17
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧