日々是呼吸


子どもを騙す親

幼稚園の頃からずっと、中学生になってしばらくまで、肩に着くかつかないかの髪の長さでした。
本当はずっと、伸ばしたかったのです。
でも、両親が揃って、こういう説得をしたのです。

「髪はそのままにしておくより、切った方が速く伸びるから、切ろう」

そういって、幼稚園くらいまでは庭で、その後は美容室に母と一緒に出掛けて、切られていました。

いつからか、親は私に髪を伸ばさせたくないことに気がつきました。
それで、伸ばしたいと思わなくなり、いや、思い込まされました。

どうしてそういう、見え透いた嘘を子どもにつけたのか。
自分の両親には誠意がなかったんだなあと、つくづく感じます。

もちろん、大きくなって自由に髪を伸ばしていても、母は文句を言いました。
「不必要だ」と。

娘を持っ母親の多くは、我が子の髪を結わえたり、リボンやピン止めで飾ったりしたいものだと思うのです。

もちろん、毎朝前髪を結ってくれはしました。
しかし、母が気に入った、思い通りの髪型以外は断固として認めてもらえませんでした。
私は、母の人形だったのだと思います。

今も母は、娘である私のことは思い通りにできると信じて疑っていないでしょう。
私はもう、自分の親はもういないものだと思って、生きているんですが。

親への違和感から、恨み、憎しみにまで発展してしまったので、もう後戻りはできないです。
許すこともありません。
なので、もう、関わらないで、自分の家族を大切にして生きていきたいです。
[PR]
by cocue-cocue | 2014-05-13 17:36 | 親への違和感 | Comments(0)

<< 自身の母親の葬儀に出なかった、...      過剰学習 >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
細々と、学習したり
at 2017-08-17 02:11
こつこつスクワット
at 2017-08-15 03:04
立秋の雨音
at 2017-08-11 01:46
あれから、3年。
at 2017-07-04 01:56
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧