日々是呼吸


不安を擦り付ける子育て、の罪

いちおうブログは休止中、なので、手短に(書けるかな?つい長くなるんで…)。

いつ宣言したか失念しましたが、親と没交渉になり、おかげさまで心の平和をかなり保っています。

自分が子育てをして初めて、私を育てた父や母に強烈な違和感を抱くようになった、とは、何度も書きました。

そのなかで、ひとつ、子どもなりに傷付いたんだという確信があります。

親たちは、自分が抱える不安を、幼かった私に、ひたすらなすりつけてきたんだなということです。

親にかけられた言葉の一部を挙げると~

「そんなことでは、学校でやっていけない」
「意地悪な子に、いやがらせられる」
「嫌な目にあわされても、どうせ文句も言い返されへん」などなど…

少しだけ寛大な気持ちになって当時の親を見るなら、まあわが子のことが激しく心配だったんでしょうね。

でも、そうやって繰り返し繰り返し聞かされた幼い子供の立場になると、「親にこんなに言われるということは、私は、そういう情けない子供なんや」と洗脳されているのと同じなんですよね。

しかも、ここからさらに強調したいんですが。

百歩譲って、子供の欠点を指摘すること自体には意味がないわけではない~としても、そこで止まっていたら無意味なんですよね。

「じゃあ、その情けない我が子は、どうしたら、父や母が呪文のように唱える、待ち受ける暗い未来から逃れて、ひどい目に遇わずに済むのか」

私の親には、その視点も、建設的な提案も全くなかったんです。

ダメ出しだけならアホでもできる。

親心があるなら、対策も併せて提示してはじめて、我が子をその恐るべし危機から救えるんじゃないのかね?
入試でもなんでも「傾向と対策」がセットですよね。

結局、私の親が揃って私に施していたことは
「お前はダメや、このままではアカン、ひどい目に遭わされる」と念仏のように繰り返し、言葉の呪いをかけていただけなんです。

自分等が不安なのに堪えきれなかった、という理由で。

ちっちゃいな~

長く生きてるはずなのに、子供の役に立ってません。
子供の自尊心を損なうことに力をいれていたのと同じです。

これならむしろ、わが子が心配でも騒がず黙っているとか、そもそもわが子が怖い目に遭わされるとすら気がつかない無頓着な親のほうが、子どもに不安をなすりつけないぶん、百倍ましかな、と今なら断言します。



★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2014-02-10 01:30 | 親への違和感 | Comments(0)

<< ゆとりと愛情~親がもっていたも...      ずっと変わらないでいることにと... >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
帽子を忘れて炎天下
at 2017-06-25 01:54
ピンクの夕焼け空
at 2017-06-22 23:06
好みのお酒
at 2017-06-21 22:58
ストレス解消買い
at 2017-06-14 23:17
生きる力。
at 2017-06-11 01:31
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧