日々是呼吸


「身体で覚える」ができないということ(その1)

英会話でも、叱らない子育てでも、お片付けや整理整頓でも、こんな言葉を聞かれませんか?

「これらは技術、テクニックです」
「練習すれば、誰でも上達する種類のものです」
「才能を必要としません」

そして、こんな例えを使いませんか?

「自転車の乗り方のように、一度身につければできるようなものですよ」

****

こんな言い回しが、ずっと引っ掛かっていました。

きっかけは、しばらく前になりますが、母に「子育てに、テクニックは存在する」という話をしていたときです。

テクニックとは、何ぞや?

(子育てはテクニック、の具体的内容は脇におくとして)

そんな話になり、私ははたと困ってしまったのでした。

****

母は自転車に乗れませんから、前述の喩えは、彼女にはまったくピンときません。

それなら…

たとえば、水泳のようなもの。

いったん泳げるようになった人なら、長年プールから離れていても、決して泳げなくはならないよ。
からだが覚えているからね。

そう言おうとしましたが、母はカナヅチ。
泳げませんので、この例も無理です。

泳げないくらいですから、もちろん、スキーなんて、望むべくもなく。

それなら、これはどうだ?

「ドレミの音階のようなもの」

しまった、忘れていた…
母は音痴なのです。却下。

どういう例をあげれば、実感してもらえるのか?

ない知恵を絞っても、さっぱり思い浮かびません。

****

母の実家は決して「そういう家系」では、ありません。
母の姉は幼い頃から琴、三味線をたしなみますし、70代まで自転車にもすいすい乗っていました。

家族揃って運痴音痴、で
もなければ、女はあれもこれもしてはいけない、でもなかったのです。

(ちなみに母の兄たちは、スポーツマンで、一人は体育の教員でした)

****

どうも私の母は、身体で覚えるということが、さっぱりだめなのかもしれません。

次回に続きます。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-08-15 17:45 | 親への違和感 | Comments(0)

<< 「身体で覚える」ができないとい...      おすすめ幼児食)豆腐と味噌チー... >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
細々と、学習したり
at 2017-08-17 02:11
こつこつスクワット
at 2017-08-15 03:04
立秋の雨音
at 2017-08-11 01:46
あれから、3年。
at 2017-07-04 01:56
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧