日々是呼吸


歯科受診で知った、私の我慢の歴史~きっかけは母のことば

奥歯に違和感があり、久々に歯科を受診しました。

開口一番、先生に言われたこと。

「歯ぎしりや食いしばりを、指摘されたことはありませんか?」

大当たり、でした。

かれこれ数年前ですが、顎が痛くて職場近くの歯科を受診したところ、「かみしめ」がひどいと診断され、マウスピースを作って睡眠時に着けていたのです。

*****

かみしめを指摘され、全く驚きませんでした。

なぜなら、幼い頃から、ずっと母に言われてきたからです。

「奥歯を食いしばって、我慢しなさい」

いまだに言われることは
「あなたは、本当に辛抱が足りない」ですから。

参考記事


*****

今回、歯科医の先生に教わりました。

普通の人の歯は、食事中にものを噛んでいるとき以外に、上下の歯がふれあっていないものだと。

私は常に、上下の歯はしっかり力をいれて合わせていなくてはならないと思っていたので、それは驚きました。

*****

睡眠中はコントロールが効かないため、非常に大きい力を加えて噛んでしまうそうです。

私の場合、目が覚めていても、集中していると歯が触れてしまっている恐れがあるとのことでした。

朝目が覚めて、肩や背中が痛むのは、そのためだったのですね。
寝ても寝ても疲れがとれない一因が、見付かりました。

*****

私はあまりにもかみしめがひどすぎて、年齢のわりには骨が細ってしまっているのだそうです。

このままいくと、歯がぐらぐらしてしまうとか。

そういえば、実母の歯も、入れ歯やブリッジこそありませんが、前歯はガタガタの歯並びです。

「年とともに、歯並びもゆがんでくるのよ」と本人は話していました。
娘に食いしばるように押し付けるくらいですから、本人も歯は噛み締めているのが当たり前だったから、あんな歯になったんだな。
今となっては、そう感じます。

*****

我慢しなさい。
辛抱が足りない。
奥歯を食いしばって。

私はどこまで、親に我慢を強いられてきたのでしょう。

年齢以上に歯を弱らせるまで、自らをすり減らしていたなんて。

歯を食いしばらないでいることなどなかったので、他のやり方を知らないで、この年まできてしまいました。

今さら、と笑われるかもしれませんが、私は実母に対し、有害なしつけをしたことへの怒りを覚えずにはいられません。

*****

インターネットで調べた、かみしめや食いしばりを防ぐ方法を、実践しています。

驚いたことに、口の周りがむず痒いのです。

素人の仮説ですが、力を入れ続けていたのをやめた結果、リラックスした口元の血行が改善し、かゆみが出ているんだと思います。

どこまで無理していたんだろう。
不憫な自分が、憐れでなりません。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-07-05 01:15 | お手入れ | Comments(0)

<< こんなこと?ですが、傷ついたの...      同じことを、何度も考えない >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧