日々是呼吸


「べき」抜きゲームに挑戦中

密かに始めた、ゲームがあります。
「べき」とか「当然」「常識」「決まっている」という言葉を使わないで話すことです。

子供に社会のルールやマナーを教えるにあたり(社会のルールについては、機会を改めてアップしたいです)、子供からなぜ?と問われたとき。

便利な言葉で済ませずに、丁寧に説いてみたい、そんな気持ちから、始めてみました。

*****

私の両親は、それぞれ異なる理由から、「べき」で一人娘の私をしつけてきました。

父は尊大型アスペルガーならではの誤学習の結果、つまり思い込みと独りよがりな決めつけを、絶対的な事実であると押し付けてきました。

母は、というと、十数代続いた由緒ある生家の決まりごとを、量としてはほんの一部だけではありますが、徹底的な姿勢だけは変えずに、我が家のルールとして厳然たるものにしました。

*****

そんな家庭に育つと、自分の行動のすべての理由や動機が「そのようにすべきものだから」であるかのように感じながら育ちます。

「そういうもの」というレベルにとどまれば、多少は楽だったでしょうが「こうあるべき」が標準になると、息苦しいです。

しかも、父経由で教え込まれたものが、ことごとく社会一般のルールからずれていたため、「こうあるべきなのに、なぜ受け入れられない?」という憤りに近い不満を抱えて過ごさなくてはなりませんでした。

*****

どこで読んだのか、うっかり失念しましたが…

「~べき」という文章で思い浮かんだり口にしたりする内容は、他人の受け売り、または他人から洗脳されたものなので、本心ではないはず、という見方に触れました。

本当に望むことであるから「~したい」「~してみよう」になるはずであるから、という説明だったように記憶しています。

私の信じこまされていた「べき」を、このまま次世代に無意識のまま刷り込んでしまっては大変だ!!

以来、「べき」問題は私のなかで大きな意味をもち始めました。

*****

冒頭のゲーム、なかなか興味深いです。

「~しておかなくちゃ」とか、「~しないとダメでしょ」のような、グレーゾーンの言葉も含めて、大人たちはなんと安易に、これらの「べき」ワードに頼って、子供をしつけようとしていることか。

思考停止ともいえそうな、この安直な言い回しを気にかけるだけで、そんなことが見えてきました。

これも私の思い込みのひとつに過ぎないかもしれませんが…

「べき」論者でいくと決めると、行動の指針や善悪の判断は容易になるでしょうが、べきから外れるあれこれを見聞きするたびにイライラして、疲れそうです。

「べき」から離れてみると、がんじがらめになっている人を客観視できて、相対的に判断できる余地が生まれるので、気楽かなあと。

もちろん、世の中には自分で選ぶよりは横並びでいきたい方も少なくないでしょうから、「べき」なし生活は一見、大変そうに見えるかもしれませんね。



★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-05-08 00:30 | こころと思い | Comments(0)

<< ビバ! 細切れ      子供の大事なもの、大人に大事に... >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧