日々是呼吸


潜在意識に耳を貸す~心のモヤモヤの原因

不快な感情を抱いたとき、これまでならなるべく早く消してしまおうとしていました。
まとわりつく何かを、文字通り振り払おうとしていました。
そうすればするほど、わずかな欠片がまだ残っているような気がして、後味の悪さを噛み締めるかのごとく、モヤモヤした思いを抱え込んでしまっていました。

メンタルクリアリングという考え方を知り、自覚した否定的な気持ちをゆっくり味わうようにしてみました。

とことん、味わい尽くす、スルメを噛んで噛んで、もう味がしなくなる…というところまで、です。

そうすると…心の奥から、次から次へと、思いが溢れだしてきました。

またあるときは、三日後の気持ちこそが本当の気持ち、と学びました。

出来事に反応したそのときの思いは、反射的なものに過ぎず、その瞬間の感情に振り回されることはない。新しい発想に、目から鱗でした。

*****

些細な出来事で、少しモヤモヤしかけました。

いつもと違い、今回は連絡がうまく入っていない、そんな気がしたのです。

電話一本で解決する種類の話です。
思えば不思議ではあるのですが、父も母も、不明な点を相手に問い合わせるということをしない人たちでした。
常に「どないしよう」と自分の頭で堂々巡りをさせたり、はたまた「こうに決まってる」と勝手に決めつけて、実際はそうはならずに怒って当たり散らす…
冷静になるまでもなく、的外れな行動なのですが、社会に出るまで、それが一般的だと思っていた私も私です。

話を戻して~
相手に電話をかけました。
案の定、連絡がはいっていませんでした。
しかしその場で直接、用件を伝えて受け入れられました。

いやあ、良かった。

そのはずなのに、まだモヤモヤが残ります。

なぜ…

しばしモヤモヤを味わってみました。
浮かび上がったのは、思わぬ一文でした。

「やっぱり、私のためにやってくれないんだ。私は後回しにされる。ないがしろにされる」

この言葉、私はだれに伝えたかったんだろう。

自問自答する必要など、ありませんでした。

私のなかに今もいる幼子が、自分の親のはずの大人二人に、こう伝えたがっているのが、すぐにわかりました。

*****

親が私をないがしろにしたのかどうか、分かりません。
もとい、真実を知りたくないという気持ちもあります。

間違いなく断言できること。
それは、
親の行動いかんに関わらず、幼かった私には、親からないがしろにされたという風にしか伝わっていなかった、という事実です。

*****

きっと私の親はこういうでしょう。

「お父さんに悪気はなかったの」
「親としてできる限りのことはしてあげたのよ」
「何が不服なの?」
「ありがたいと思いなさい」

ああ、違うんだよなあ。
言葉を重ねられれば重ねられるほど、幼かった私の思いは、今もなお親には全く伝わっていないと思い知らされるのです。

私の親達だけが、ずば抜けて鈍感なのでしょうか?
私が過敏なのでしょうか?
だとしたら、どうして鈍い親のもとに、人並みの感受性の子どもが育ったのでしょうか?


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-04-17 15:15 | 親への違和感 | Comments(4)
Commented by エリン at 2013-04-19 09:58 x
何か、分かる気がします・・・。最近気づいたことなんですが、私の場合は「自分が尊重されていない」と感じると、すごく傷ついてモヤモヤします(先輩ママからしつこく受験を勧められた件もそう。自分の意思を伝えてるのに無視されてるようでイヤでした)。先日、退職される園長先生にプレゼントを渡す話があったのですが、モモの学年のおかあさんからは早めに「どうする?エリンさんも参加する?どっちでもいいよ」と連絡があったのに対し、タロウの学年の人からは「買ったので、千円払って下さい」と連絡が来たんですよね。事前に相談なしでいきなり徴収!?と、すんごく気分が悪かったです。「自分がないがしろにされた」と感じました。大事なのは、自分でそれを自覚してる事なのかなぁ~。自分で自分を尊重してあげたい、と感じる今日この頃です・・・長文すみません。
Commented by cocue-cocue at 2013-04-19 14:41
エリン様、

コメントありがとうございます♪
エリンさんがおきづきになられたように、多分人の「地雷」って決まっていて、何かがかすったり踏みつけられると漏れなく胸の奥で爆発するような気がしませんか?

間違いなく過去の蓄積から、何等かのパターンを身に付けてしまっているような。
エリンさんの場合も、ご自身をいたわる方向で感じられているのですね…

完全にパターンから抜け出すのは難しくても、例えば持病の発作のごとく「あっ、またキタッ」と自覚できるだけでも、振り回されなくてすむように思って、今回のエントリ書いてみました。

反発を生み出すだけのエネルギー、人の心の奥にマグマのように眠っているのでしょうね。

コメント嬉しかったです(*^^*)
Commented by エリン at 2013-04-19 15:23 x
cocue-cocueさんの過去ログも読んで、色々と思い出したり考えたりしています。ご両親からもらった物をまとめて返したお話、自分の家に侵入されている感じが分かります。いつか書きたかった事なんですが、実はうちには、私の嫁入りの時に母が持たせた「総桐の箪笥」があり、着物がぎっしり入っています(全部母が私のために仕立てたもの)。ちなみに私に着物の知識はまったくなく、着付けも自分でできません。祖母と母がすごく張り切って購入していました・・・。子育ては母任せで一切口を出さなかった父がさすがに不満を漏らしたほどの金額で(確か400万だったかな・・・車が軽く買える値段でした。実家は名家でもなんでもないのに)「この箪笥は、母さんの見栄とエゴの結晶や」とぼやいていたのを覚えています。母を止めて欲しかった・・・(泣)。場所を取るし、中にぎっしり入ってる色んな種類の着物、コレ、どーすんべって感じです。母が完全に呆けるか亡くなるかしたら、一気に処分したいです・・・その時に、罪悪感を持たない自分になれていたらいいな・・・。ちなみに、お茶の道具も一式、押し入れで陣取ってます(泣)。結婚前に習わされてたけど、私、別に茶道好きじゃないし・・・(;_;)
Commented by cocue-cocue at 2013-04-20 16:39
エリン様、

私もお茶を習わされていたクチですから(苦笑)すごくよく分かります。

総桐のタンスは、母自身が持たされてきましたよ("⌒∇⌒")着物ぎっしりです。

私に全部譲ってくれる、という話でしたが…長くなるので、このトピは改めて、記事にするとして。

関西独特なんですかね、母親が娘の人生の節目を取りしきりたがるのは。
結婚式当日に、第二子の出産前にと、私の頭越しに勝手に人に会ったり、物を頼んだり、散々引っ掻き回して(としか私には思えない)、文句を言えば逆ギレされ…

自分の思い込みを子供含めた他人に押し付けるな!!と、何度叫んでも、伝わっていませんね…

エリンさんの親御さんと一緒にしては失礼だと思うのですが、私の親の場合は、贈ったモノが一番大事で、私の気持ちは二の次なんですね。
だから、私は絶対に感謝しなくてはならなかったんです。「ありがたいと思いなさい」って、母の口ぐせでしたから。いや、今もか…

エリンさんのところのお着物、大事に着てくれる人の手元でなら、輝けただろうに…エリンさんの重荷感が痛いほど分かるだけに、失礼なことを連ねてしまったかもしれません。でも、映像が浮かんでしまうくらい、リアルでした!!

<< 持ち物新陳代謝~バッグ編      持ち物新陳代謝~食卓編 >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧