日々是呼吸


潜在意識に耳を貸す~心のモヤモヤの原因

不快な感情を抱いたとき、これまでならなるべく早く消してしまおうとしていました。
まとわりつく何かを、文字通り振り払おうとしていました。
そうすればするほど、わずかな欠片がまだ残っているような気がして、後味の悪さを噛み締めるかのごとく、モヤモヤした思いを抱え込んでしまっていました。

メンタルクリアリングという考え方を知り、自覚した否定的な気持ちをゆっくり味わうようにしてみました。

とことん、味わい尽くす、スルメを噛んで噛んで、もう味がしなくなる…というところまで、です。

そうすると…心の奥から、次から次へと、思いが溢れだしてきました。

またあるときは、三日後の気持ちこそが本当の気持ち、と学びました。

出来事に反応したそのときの思いは、反射的なものに過ぎず、その瞬間の感情に振り回されることはない。新しい発想に、目から鱗でした。

*****

些細な出来事で、少しモヤモヤしかけました。

いつもと違い、今回は連絡がうまく入っていない、そんな気がしたのです。

電話一本で解決する種類の話です。
思えば不思議ではあるのですが、父も母も、不明な点を相手に問い合わせるということをしない人たちでした。
常に「どないしよう」と自分の頭で堂々巡りをさせたり、はたまた「こうに決まってる」と勝手に決めつけて、実際はそうはならずに怒って当たり散らす…
冷静になるまでもなく、的外れな行動なのですが、社会に出るまで、それが一般的だと思っていた私も私です。

話を戻して~
相手に電話をかけました。
案の定、連絡がはいっていませんでした。
しかしその場で直接、用件を伝えて受け入れられました。

いやあ、良かった。

そのはずなのに、まだモヤモヤが残ります。

なぜ…

しばしモヤモヤを味わってみました。
浮かび上がったのは、思わぬ一文でした。

「やっぱり、私のためにやってくれないんだ。私は後回しにされる。ないがしろにされる」

この言葉、私はだれに伝えたかったんだろう。

自問自答する必要など、ありませんでした。

私のなかに今もいる幼子が、自分の親のはずの大人二人に、こう伝えたがっているのが、すぐにわかりました。

*****

親が私をないがしろにしたのかどうか、分かりません。
もとい、真実を知りたくないという気持ちもあります。

間違いなく断言できること。
それは、
親の行動いかんに関わらず、幼かった私には、親からないがしろにされたという風にしか伝わっていなかった、という事実です。

*****

きっと私の親はこういうでしょう。

「お父さんに悪気はなかったの」
「親としてできる限りのことはしてあげたのよ」
「何が不服なの?」
「ありがたいと思いなさい」

ああ、違うんだよなあ。
言葉を重ねられれば重ねられるほど、幼かった私の思いは、今もなお親には全く伝わっていないと思い知らされるのです。

私の親達だけが、ずば抜けて鈍感なのでしょうか?
私が過敏なのでしょうか?
だとしたら、どうして鈍い親のもとに、人並みの感受性の子どもが育ったのでしょうか?


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2013-04-17 15:15 | 親への違和感

<< 持ち物新陳代謝~バッグ編      持ち物新陳代謝~食卓編 >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
真央ちゃん
at 2017-04-13 00:45
片付けで凹んだ話
at 2017-04-10 02:14
すっきり気分で、捨てられますか?
at 2017-03-19 18:00
家で休めていないとは。
at 2017-03-19 15:05
試練の日々
at 2017-03-15 01:23
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧