日々是呼吸


つちだよしはる 「おとうさん」 と出会った旅


 家族で湖のほとりに出かけてきました。
 終日雨の予報で、梅雨に旅を企画したことを後悔したくらいです。
 現地では朝の雨とは打って変わって、昼からは帽子を持参しなかった自分を責めたくなるほどの夏の日差しに恵まれて、花や緑を楽しむことができました。

 鉄路で向かったので、最終日は乗り継ぎ駅近くにある、子供向けの遊び・交流施設で過ごしてから帰りました。
 
 内装も美しく、また工夫されていて、てっきり新しくできたものかと思ったら、授乳室でご一緒した一歳の息子さんといらしていた地元のお母様によると、設立10年を超えている施設とのこと。
 公的な施設ですが、スペースは広々としており、屋内でも全身を使って思いっきり遊べる空間が用意されています。奇をてらった設備や玩具があるわけではありませんが、手作りのフェルトおもちゃにおままごと、着せ替え人形など、心温まる玩具もあれば、小学生が誰にも怒られずにどたばたと勢いよくダッシュできる、金属製の回廊もあります。
 近くにお住まいの子育て中の方々がうらやましい、毎日でも通いたい、そんな場所でした。

 私の暮らす街は、自治体の首長が子育てに取り組む姿勢を見せていることもあり、地域の児童館もいろんな催しを企画しています。残念ながら、一方で大半の設備は古びているうえ、都市部だけに広さやゆとりは期待できない、といった現実があります。

 家の近所にある、民間が運営する遊び場は、市販のキャラクター系玩具が中心で、それはそれで楽しいのですが、休日は混み合って入場制限がかかることもありますし、料金も決してお安くはありません。
 素朴な子どもの遊びをのびのび楽しむことは、都会では贅沢なのかもしれないですね。

*****

 さて、そんな素敵な施設の一角に、「おはなしのこべや」という名前の、木のベンチで絵本を楽しめるコーナーがありました。
 そこでであったのが、「おとうさん」(つちだよしはる さく 小峰書店)という絵本です。


d0181948_025868.jpg


 子どもが夫に「読んで」とせがんだ絵本のうちの一冊でしたが、傍らで赤ん坊をあやしながら夫が読むのを聞いていると、涙がたちまちあふれてきました。

 あらすじの紹介は割愛いたしますが、お父さんと幼い娘の日常を、美しい風景の絵とともに描いている絵本です。

 普通に書店や図書館で出会っていたとしても、この絵本は十分に涙を誘う作品だと思います。

 家族が4人になってから初めての旅という、いつか人生を振り返ったときに真っ先に思い出すに違いないひとこま。
 そこで親心、子心を見事に描写した絵本が目の前に現れて、不意打ちを食らったかのようでした。

*****

 二人目の子どもを育てていて、一人目が赤ちゃんだった頃のいろんな情景が頻繁に蘇ります。
日記をつけたり、写真に残したりしているにもかかわらず、忘れてしまっていることの多いこと。本当にささやかな、記録するまでもないようなことが、実は本当に思い出深いことだったりします。

 言わずもがな、ではありますが、今回の子育てで痛切に感じているのは、この日々は二度とかえらない、ということ。
 じっくり、ゆっくり、味わいつくしたい。
 
 断捨離が思うようにはかどらなくても、子どもとの外出を優先してしまい、食材の消費が追いつかなくても、それこそ「自己研鑽」ができなくても。そんなこと、たいした問題じゃない、もっと大切なものが目の前にある。

 旅先で忘れがたい絵本と出会ったことも、子育て中のお母さんとの一期一会も、子どもたちが見せた表情も。きらきら輝くものは、今、自分の前にある。そんなことを感じた、旅でした。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-06-18 23:00 | お気に入り | Comments(2)
Commented by haykichi at 2012-06-19 02:46 x
「もっと大切なものが目の前にある」なんて素晴らしい発見が
できた旅だったんでしょう!日々の暮らしの中で、「当たり前」と思って
見過ごしてしまっていること。実はそれがいかに大切なこと
なのか、後になって気付くことの方が多いような気がします。

今しかできない「子育て」。子どもの笑い声。日に日に知恵を
付けていく様子。すべて「きらめき」ですよね。

そういうことがわかって初めて、他のことも意味を持って
成すことができるような気がします。

何だか、私までうれしくなる記事でした。「気付き」をシェアして
くださってありがとうございます!
Commented by cocue-cocue at 2012-06-20 01:20
haykichi様、
暖かいメッセージをありがとうございます(*^^*)
haykichiさんをはじめ、皆さんのブログで素敵な暮らしぶりやインテリアを拝見していると、せっかく休業して家にいるのに、家事を手掛けるのは細切れ時間しかなく、なかなかはかどらないのが歯がゆくてたまらなかったのです。
仕事を再開したら、物理的に家にいることが激減するので、今以上に住まいのあれこれに手をかけられなくなるのは 目に見えています。
こんなことしている場合ではないかも…そんな焦りもありました。

でも、子どもと過ごす、今だけのこのひとときをさておいてまで、片付けやら断捨離に取り組むこともないし、思うようにできないからと自責の念にかられなくても良いのかも。そんな風に改めて開き直れた気がします。

こどもに限らず、親も共に育つこの機会、まさにきらめきの時間ですよね。

コメントで勇気づけて下さって、ありがとうございます♪

<< 改めて、旅が好きです      好みは強い。 >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧