日々是呼吸


子供に感謝を求めない

もうすぐ母の日。お母さん、いつもありがとう、そんなメッセージが飛び交います。

その前に、こんなことを書くのはどうかと思いつつ…
子育てにあたり、いくつか自分に言い聞かせていることのひとつ、というほど大げさではありませんが、私が親に言われて、でも子供には言わない言葉を挙げます。

「感謝を求める」ことばです。

もちろん、ありがとうと言う子供に育って欲しいです。(ごめんなさい、もしかりです)
が、親が子供に対して、親に感謝するように促すのは、ちょっと違うんじゃないかと感じるからです。

一人目の子供を出産して、親に「子育ての大変さがわかったでしょ。親のありがたみが分かるでしょ」と言われました。

ごめんなさい、ピンとこないんです。

真夜中に起こされての授乳や、なだめても泣き止まない子供の相手は楽ではありませんでした。
こぼした食べ物の始末、保育園への送迎など…出産前にはしなくてすんだことが、たくさんあります。
私のなかでは、それは親としてやって当たり前のことなのです。子供の方から謝意を示してもらいたいとは全く思わないのです。

子供の頃から、よく言われたものでした。

「ありがたいと思いなさい!!」

親のお陰で暮らしていけること。子供のためにいろいろやってくれること。

以前のエントリに頂いたコメントで、本当に親御さんに感謝されている内容がありました。素敵だと思います。

そこで、あえて言いたいこと。
子供が自発的に感謝するのは良いとして、親が子供に求めてはいかんでしょ。

子供がこの世に生を受けたのは、親が責任の主体だと私は考えます。子供が頼んで、親に育ててもらっているわけではないのです。

それとも、親は見返りがあるから、子供を産んで、育てているのでしょうか?


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-05-11 18:25 | 子育て | Comments(6)
Commented by 葉桜 at 2012-05-12 09:23 x
一理ありますね.....
私は、高校から私学に行かせてもらったんですけど、実家は経済的に余裕があったわけではないのに行かせてくれたんです。
そのことをある時、母に「申し訳なかったね」的に感謝の意を伝えたら「そうだよ(金食い虫だったんだよ、という嫌味)」と言われたんで......
あと、冗談で(きょうだい間で、ありが何匹のありがとう、って言ってたんで)、あり5万匹って言ったら、あり10万匹でしょう、と言われたことも.....
いや、ありの数(感謝の度合いを冗談で、ありの数でたとえてるんですが)決めるのはこっちだって..... と思いましたね。
Commented by ecru at 2012-05-12 12:12 x
おっしゃること、共感します。
親からそういうことを言葉にして聞かされると、怖いですね。
私はそういうことは言われなかったけれど、
子どもは親に従うものだ、自分の意志など持たなくていい、
みたいな雰囲気はありました。
それでは子供の自立心など育たないと思うし、感謝の心も生まれないのではと思います。
子育て以外にも、当てはまる気がします。
仕事にしても、人付き合いにしても、相手に感謝を求めない。
だけど、自分のできる限りのことはする。
結果は後から付いてくるもの、そんな気がします。
Commented by cocue-cocue at 2012-05-12 13:16
葉桜様、

そうです、「決めるのはこっち」なんですよね…
ずっと書いているような気がするのですが、親という立場は、子どもが親の思うように行動したり、反応したりするように促せるものではないと思うんです。私の親がたまたまそういう考えが強いだけだとよいのですが…いくら「我が子」だからといって、意のままにしようとする、その心のありようにどうしても私は反発してしまうのです。

「そうだよ」って…ギャグじゃないあったのですか……ちょっとそれはキツイですね。たぶんお母様は、家族以外の方にはそんな物言いはなさらないんじゃないかと思うのですが…どうして葉桜さんにはそういう風におっしゃったのでしょうね?
このあたりに、一般化してはいけないと思いつつ、何となく日本の家族のありようがうかがえるように感じます。
…長くなったので、また今度、エントリにUPしますね。
Commented by cocue-cocue at 2012-05-12 13:20
ecru様、

コメントありがとうございます。
恐らく親の世代が子どもだったころは、親は絶対的な存在で、子どもは従属すべきもの、だったのでしょう。でも時代は変わりました。子どもであれ、幼子であったとしても、その人格は尊重されるべきものですし、いかなる感情を抱こうと、当人の自由のはずです。

「相手に感謝を求めない。だけど自分のできる限りのことをする」本当に潔くて、素敵なメッセージだと感じました。

結局人は、自分がやりたいことをするものだと私は思っているので、それが叶えば、その時点でもう十分ありがたいような気がします。プラスアルファで他者から感謝を求めようという時点ですでに、おっしゃるとおりの自立心が足りないのかな、と感じてみたり…

コメントに感謝します。考えるヒントがたくさんありました。
Commented by misa at 2012-05-17 03:17 x
いつもコメントありがとうございます。更新待ってくれたなんて、うれしいです///・・・なのになかなかお返事に伺えず、申し訳ありません(しかもこんな時間に・・・本当にすみません;)

今、ブログを拝見させて頂いたばかりで、一通り目を通してからコメントしようと思ったのですが、「この記事は私が書いたのか?」と、勘違いしてしまう程、共感できる内容だったので即コメントさせて頂きますw

私も息子を出産して、はじめての育児。本当に大変だし、しんどい事だらけでしたが、それを機に「親に感謝」ってピンと来ません・・

それって「当たり前」だと思ったから。私が息子に対してしてあげる事って、「無償の愛」なのに。私のしてる事は感謝される筋合いないというか・・(うーん、いい言葉が浮かびません;)

だからって、母親に感謝してない訳ではないんですよね。でも「感謝しなさい!」って言われるから、「はい?」ってなるんだと思うのですが・・

ちなみに母の日は何かプレゼント等しましたか?^^
(私は何にもしてませんwプレゼントの文句が返ってくるから)

また、お話できたら嬉しいです。
夜分に失礼致しました。

Commented by cocue-cocue at 2012-05-22 15:58
misa様、

お立ち寄りありがとうございます!コメント、ありがたく拝読しました。

「無償の愛」いいですよね♪
もちろんできる範囲で、ではありますが、できることは子どもに何でもしてやりたいって、思いますよね。
私の親たちは、思わなかったようですが。

プレセントに文句!言いますよ、私の母も。
好みそうなものだたと「もう持ってる」、もってなさそうなものだと「好みじゃない」、だからといって、義母が母に提案したように「中元歳暮廃止」というと「薄情だ、常識知らず」…どないせいっちゅうねん、と叫びたくなります。

misaさんの思い、とてもよく分かりますよ。
この違和感、自分の親だと思うと、なんだか言葉が出なくなりますよね。
他人だったらかかわらなくて済むのに。どうしたものでしょう?

またブログにおじゃましますね♪

<< お礼 & 臨時休業      のりしろが必要だった…湯沸しで気付く >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
あれから、3年。
at 2017-07-04 01:56
帽子を忘れて炎天下
at 2017-06-25 01:54
ピンクの夕焼け空
at 2017-06-22 23:06
好みのお酒
at 2017-06-21 22:58
ストレス解消買い
at 2017-06-14 23:17
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧