日々是呼吸


思いが作る現実…母の場合


母は過去数年に、二回手術を受けました。
一度は腕にできた腫瘍の、もうひとつは白内障です。

どちらも、腕利きと評判の先生に執刀してもらえたのは、幸運でした。

ところが。

腕の腫瘍を除去したのに、相変わらず痛みが残るとのこと。
腫瘍が何なのか判明するのに時間がかかり、結局除去という判断になりましたが、母は「力が入らない。良くなっていない」と言います。

白内障は「日帰りでも大丈夫」と言われるレベルの手術でしたが、術後「変わらない」とのこと、お友だちから「手術を受けて、世界の見え方が変わった!!」と聞いていたのに…と期待外れの様子でした。

そんな母が、さすがに見えづらいから眼鏡を作ると言ったとき、あれこれ調べて評判の眼鏡店を紹介しました。

若い頃から、片目だけ近視で、反対側が遠視なので、目に合った眼鏡が作れない…いつもその話を聞かされていたので、今度こそ良く見えるようになるかも、私も期待していました。

完成した眼鏡を受け取った母に具合をきくと「だめ、やっぱり合わない」と言います。

それならもう一度お店に行って、どこが合わないか調べて、調整してもらおう、そう言うと「お母さんの目は特殊だから、何をやっても合わないのよ。だから行ってもムダ」と言い張るのです。

あ、そういうことか。

前から薄々感じてはいましたが、メガネの件で私はピーンと確信したのです。

腕の痛みも目の見えづらさも、母は改善するはずがないとはじめから決めてかかっているのです。
だから、手術を受けても眼鏡を新調しても、何一つ良くならない。もとい、良くなったとしても認めないし、少しでも良くしようと再診したり検査にいこうともしないのです。

子供の頃、美しいお部屋のグラビアを眺めていたら「こんな部屋は撮影用、暮らせるはずなんかないわよ。生活していたら、散らかるのは当たり前」と母に言われました。

大人になり、私の同級生一家がマイホーム建築ルポを綴るブログを見せてみました。
もちろん生活の場です。こだわりの壁紙や家具類、造作が満載です。

「この人、家にかまけていられるくらいに暇で、お金もあるの?」

家をたてるぐらいですから、生活に困ってはいませんが、しょせんは娘の同級生の年代で、お勤めの一家です。
でも、そうやって快適さを求めて暮らす人がいることが、普通に受け止められないのです。

病気に関しては、本当に母の症状は特異で不治のものかも知れません。
でも、当人が治らないと信じこんでいるなら、治癒可能なものですら治りようがないと思うのは、私だけでしょうか?

思いが現実を作る…どなたのセリフなのか忘れてしまいましたが、母に重ねると、重苦しくのし掛かる言葉です。




★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-04-11 22:45 | 親への違和感 | Comments(6)
Commented by ねぼすけカピバラ at 2012-04-12 07:43 x
 コメントありがとうございました。
お母様、難しいですね・・・。ご本人も生き辛いのでは?と思いますが
周囲も辛くなりますよね。
よい距離を保てるといいですね。

 2人目の御出産おめでとうございます。
体を大事になさってくださいね。
Commented by 葉桜 at 2012-04-12 21:05 x
現代医学では不治の病でも、前向きに生活していればイキイキできるのに、お母様、もったいないですね.......
「病は気から」の典型になってますね......
Commented by cocue-cocue at 2012-04-14 14:28
ねぼすけカピバラ様、
メッセージありがとうございます。
おっしゃるとおり、辛い生き方だと思いますが…
母はその考え方を採用することで、何らかのメリットがあるのかもしれません。
無意識に選んだのでしょうが。

またお立ち寄り下さいね。
Commented by cocue-cocue at 2012-04-14 14:32
葉桜様、

おっしゃるとおりで、気持ちの持ちようで体調も変わると思うのですが。
ねぼすけカピバラさんへのコメントにも書きましたが、母は何らかの利点があるから、治らないと決めているのではないかと…
私とは違う価値観にいるようです。
Commented by ecru at 2012-04-14 22:20 x
初めまして。
実の親でも、価値観って違うものですよね。
私も母とは、生き方についての価値観が大きく違っていて、
若いころはずいぶん悩みました。

母とは語り合うようなこともなく、料理を教わったりすることもなく、
一般的な母と娘という関係ではなかったと思います。
母娘でいろんな話をしたり、仲のいい親子を見ると、
どうすればそんな親子になれるのかと、不思議で仕方ありません。

生き方には、正解も間違いもないのだと思います。
母が望むような生き方は、ひとつもしていない娘ですが、
自分が納得できるなら、それが一番自分らしいのですよね。
それでも母が老いてからは、昔のことも許せるようになりました。

Commented by cocue-cocue at 2012-04-16 19:12
ecru様、はじめまして♪
コメントありがとうございます。

親子といえども別人格ですから、人生の価値観はまちまちですよね。

私の思い込みだったのか、はたまた私の親がそういう人だったのか判然としませんが、これまで親の生き方をそのまま認めなくてはならない、子供として親の期待にそわなくてはならない、そんな信条を持っていました。

今も母は、自分が一番よいと思ったことを押しつけてきます。もとい、本人はもしかしたら押し付けているなんて言われたくない、親切心と心配から助言しているだけで、感謝こそされても、批判される筋合いなどない、と思っているでしょう。

しかし、親のその姿勢が、子供に無力感を植え付けてきたこと、どれだけ罪深いか、わかって欲しいとつくづく感じます。
もちろん母は理解しないでしょうから、私にできることは、我が子に同じことをしない、それに尽きます。

素敵なblog、またお邪魔しますね♪

<< 1日何かひとつは、実行      ○○のタレ、■■の素、に思う >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
細々と、学習したり
at 2017-08-17 02:11
こつこつスクワット
at 2017-08-15 03:04
立秋の雨音
at 2017-08-11 01:46
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧