日々是呼吸


「尼宝線」の読み方 ~親への違和感を抱くとき

就職して初めて、働く父親の気持ちがわかった、ありがたみを感じた。
そんな声を、耳にします。
「社会に出て、自分の父親ができないヒトだと分かった」なんて思ったのは、私くらいでしょうか?

父に言い渡された通りのことをして、職場で叱られたことは何度もありました。
我が家の常識が社会には通用しない、というだけではありません。
父のあの頑固さひとつとっても、一緒に働いた方々にさぞ迷惑をかけただろうなあと思わずにはいられないのです。

そんな頑固さを物語る逸話をひとつ。

私の実家のある街に「尼宝線」と呼ばれる道路があります。
尼崎(あまがさき)と宝塚(たからづか)の両市を結ぶので、「あまほうせん」と読みます。

父はこの読み方が気に入らないのです。
「あま、だけ訓読み、ホウが音読みというのは、おかしい。間違いである」
さらに父はこういうのです。
「この道路は、あまほうせんではなく、ニホウセンと呼ぶべきだ」

そして会話の際、この道路の名前が出ると「ニホウセン」と言い張るのです。

固有名詞には適用しないのかもしれませんが、日本語には重箱読みや湯桶読みと呼ばれる、音読みと訓読みが組み合わさった単語があります。
そんなことは、父には通用しません。

関東地方の方に分かりやすい例をあげるなら、父の言い分は「東横線をとうよこせんと読むのは間違いである」というもので、他人との会話で「東急トウオウセン」といい続けるようなものです。

尼宝線の読み方がどうあるべきか、それはさておき、父の頑固さとは、社会で合意を得られた、地名に準じる道の名前であるのに、自分が正しいと思ったように読んで(その読み方は誰にも通用しないのに)、それを他人にも通じさせようとすることです。

父がそんな風なので、母までもニホウセンと言うようになりました。あまほうせんと言うと、父が「ニホウセン!」と訂正を求めるからです。

もちろん、他の人との意思疏通には支障をきたします。

でも父は意に介さないのです。
間違えているのは、あまほうせんと呼ぶ世間なのですから!!

父に敬意を持てないどころか、馬鹿馬鹿しくて付き合いきれない、そう思わずにはいられない、数多あるエピソードのひとつでした。



★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 二人目育児へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-04-06 17:45 | 親への違和感 | Comments(2)
Commented by やんぼー at 2012-05-09 18:10 x
こんにちは、初めまして。たまたま「尼宝線」について調べていてこのページにやってまいりました。

年を取ると人間頑固になってみたいですね。わたしの父も例外ではないとよく母がこぼしています。新しいことを取り入れたり、いままでのやりかたや考えかたを変えるのは結構エネルギーがいるので年を取ってくると今までのものに固執してしまうのかもしれませんね。

さて、尼宝線の読み方に関しては、お父様の読み方があながちまちがっているわけではないようです。今は「あまほうせん」と呼ばれているですが、「尼崎市立地域研究史料館」のページによるとかつては「にほうせん」と呼ばれていたそうです。

http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/index.php?key=%E5%B0%BC%E5%AE%9D%E7%B7%9A

いまは道路標識にも「あまほうせん」と書かれているのですが、尼宝線沿いの市場の名前(にほういちば)やスイミングスクールの名前(ニホースイミングスクール)にかつて「にほうせん」と呼ばれていた時代の名残を見いだすことができます。

もしかしたらお父様が道路名を知られた頃には「にほうせん」と呼ばれていたのかもしれません。
Commented by cocue-cocue at 2012-05-09 19:24
やんぼーさま、はじめまして。

もしかしてお名前は「僕の名前は…」で始まる、あのCMが由来ですか?(違ったらすみません)

さて、尼宝線についてご教示、ありがとうございます。昔はそんなふうに呼ばれていたのですね。勉強になりました。

ただ、父の場合、権力には弱いので(苦笑)、やんぼーさんの教えてくださった情報を知っていた場合は「昔はそんな風に呼ばれていたんだ」とか、「例えば尼崎市の史料館で」なあんて講釈を垂れるはずです。そうでなかったので、彼の思い込み説が優勢ではありますが…

そうなんですよね。年とともに頑固さに磨きがかかってきている気がします。父は若いころから頑固なので、もう大変です。もっとも、人間には現状維持を好むという本能的な側面があるようなので、仕方ないのかもしれませんが…

尼宝線についてお調べだったとのこと、私のブログではお役に立てなかったかと思いますが、うまく調べが付きますようにお祈りいたしますね♪

<< わいて出る物、もの、モノ      親への違和感を抱くとき >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
スマホ機種変で思わぬ発見
at 2017-10-30 15:56
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧