日々是呼吸


続々・箱大尽からの卒業

 いわゆる白物家電以外の、調理や健康、美容のために使う小振りの家電は、外箱に入れておくのが通常で、使うときに出し入れする…というのは、親がやっていて疑問を持たず受け継いだ動作でした。
 なぜそんな風にしていたのか?
 心当たりがありました。
 
 高齢者の方々が携帯電話を持つのが当たり前になり始めたのは、10年ほど前でしょうか?
 最近はスマートフォンに変えたものの、タッチパネル操作がうまくいかないなど、なかなか一筋縄ではいかない、という話も耳にします。思えば携帯ショップは、シニア向けの使い方講座を開いていますね。

 安否確認に必要といって、両親が携帯を所有してしばらくの間、困ったことが起きていました。
 家族割引なども導入されたこともあり、自宅に電話するより便利だと思って携帯に連絡しても、いつもつながらないのです。
 「おかけになった電話は、電源が入っていないか、電波の届かないところに…」の音声が流れてきます。

 急いでいるときは自宅にかけて捕まえたり、場合によっては不在だったりもするのですが、その際にこんなやりとりをしました。
 「お父さんの携帯にかけたんだけれど、つながらなかったよ」
 「ああ、電源入れてなかったから」

え?
電源、入れてないの?なんで?昼間なのに?

 父の言い分はこうでした。
 電話をかけるとき、明らかに携帯に電話がかかってくるとき以外は、電源を入れておく必要はないじゃないかと。

 でも…それじゃあ「携帯」している意味がないんですけれど。固定電話はつないだままでしょ?
 と言おうとして、はっとしました。
 そういえば実家のプリンター、年賀状や住所録など文書を印刷するとき以外、電源オフです。パソコンにつながっていないどころか、箱に入れてあるかも。

 もしかしたらケチに「ど」や「超」がついてしまう私の父だけかもしれませんが、年輩の方の行動様式に、「道具は使うときだけ出す」というものが染み着いていませんか?

 七輪で魚を焼くわけではあるまいし、危険でも何でもないので、常に電源を入れておくとか、スタンバイさせておいて…という使い方、照明器具やテレビでやっているのに、ほかの物ではできていなかったのです。

 これだと、箱に入れていても何の支障もきたしませんよね。そもそも、使いこなしているともいえません。
 実際に私の父は、いざ使おうとしたら携帯の充電切れ、というのもしょっちゅうでした。日頃電源を入れていないので、バッテリーが消耗したことに気付かないのです。もっというと、電源を入れないことで電池を節約しているつもりなんだと思います。

 東日本大震災で原発の問題が表面化し、節電意識は高まりました。待機電力を減らそうという動きも、その通りだと思います。
 ただ、ここで言いたいのはそういう話ではなくて…
 いつも使う物は、いつも使えるようにしておこうよ。しまいこんでいたら、使えないでしょ。

 結局親たちは、物を所有すること自体が目的になっていて、利用するという肝心の役割をおろそかにしてるのかな、と、影響を受けて育った我が身を反省しつつ感じる昨今です。

★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-02-03 14:50 | 片付け・整理整頓 | Comments(6)
Commented by 葉桜 at 2012-02-03 21:21 x
それで思い出したのが義父と実母。
固定電話・ケータイの意味がない人物x2です。
実家はいれば固定電話には、父か母が出るからいいんですが.....
義父はケータイはいつも留守電(留守電サービスは金がかかるからいやだ、と、無料の伝言サービスを使ってます)、固定電話もいつも留守電.......
苗字が同じだから、という理由で、義父のケータイ、我が家のファミリー割引に入ってるんですが、利用頻度を考えて、小姑のファミリー割引に(うちも、小姑のところも、ついでに言うと実家も、同じケータイキャリアです)したらどうか、と提案したのですが、「いつかけても出ないから(意味がないから)いらない」と断られましたw
実母ネタは実母ネタでまた、あるのですが......
Commented by ココリン at 2012-02-03 22:59 x
お祝いコメントありがとございます♪

お父様の携帯・・・まさに実家の母が同じ感じでした・・。
何度も何度も言ってようやく電源だけは入れるようになりましたが、
カバンにいれっぱなし、置きっぱなしで、携帯の意味をなしません。
^^; 携帯かけても繋がらないから結局固定電話に・・
でも携帯なら電話代が家族割だからかけ直したり・・そんな二度手間を
しています(笑)

道具は使うときにだす・・・私もそんなクセがありました。
親をみてるとそれが当たり前になって刷り込まれるんですよね。
考えてみると怖いですよね。

☆っと。
Commented by cocue-cocue at 2012-02-05 12:49
葉桜様、
昔の方って、携帯電話ももちろんですが、固定電話に対する考え方もちょっと違ってませんか?
私の父など、市内通話が一律3分10円だった時代、母が20分ほどの電話をしただけで「長電話するな!1000円以上かけやがって」などと頻繁に罵倒していました。
そもそも計算あってないし、母に言わせれば「待ち合わせして、会って、お茶でもして…と考えると、お金も時間も余計にかかるから、電話のほうが節約できる」というのですが。
葉桜さんの義理のお父様と一緒にしては失礼かもしれませんが、空気同様、水と安全がタダだった時代の人々は、インフラ系の出費を拒むのかな?とふと思い出した次第です♪
Commented by cocue-cocue at 2012-02-05 12:51
ココリン様

入れっぱなし、おきっぱなし、よく分かります!
「今日は出かけていたから、携帯をかばんに入れていたので着信に気付かなかった」などと、冷静に考えると突っ込みどころ満載の矛盾発言を、私の母もしょっちゅうしています。

携帯なら通話料が安いからかけなおし、も我が家も同じですよ(笑)

あと、うちの親だけかもしれませんが、家の中で携帯電話をどこに置いたか分からなくなっていたりします。着信音は聞こえるのに。
首から提げるなり、エプロンか服のポケットに入れて持ち歩いたら?と言うのですが…

携帯ネタばかりになりましたが、こういうところから透けて見える行動パターンって、やっぱり子供に影響与えてしまっていますよね。
Commented by トオル at 2012-02-09 13:03 x
こんにちは。過去の日記を少しずつ読ませてもらっています。

箱大尽...私もでした(笑)私は家電の箱を取っておく癖があったようで、通販の箱はすぐつぶしてしまうのに家電の箱はしっかり取っていたんです。
「修理に出す時にほしいから」
修理するのっていつになるんでしょうねえ(笑)そう気がついたらほとんど捨てました。
Commented by cocue-cocue at 2012-02-20 09:42
トオルさま、はじめまして。

お立ち寄りありがとうございます。

通販の箱は「また次がある」と思えるのですが、家電の場合「この商品の型番の箱は二度と入手できない」なあんて思ってしまいませんか?
実は私はそうでした…

やましたひでこさんならきっと、おっしゃるような。
「修理に出すときという、その未来への不安を断捨離!」

不定期の更新ではありますが、ぜひまたお立ち寄りくださいませ♪

<< ひとつのグラスが救ってくれたものは      出産準備、秒読み >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
帽子を忘れて炎天下
at 2017-06-25 01:54
ピンクの夕焼け空
at 2017-06-22 23:06
好みのお酒
at 2017-06-21 22:58
ストレス解消買い
at 2017-06-14 23:17
生きる力。
at 2017-06-11 01:31
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧