日々是呼吸


物忘れ?忘れ物?

デパートも駅ビルも、いたるところでセールやバーゲンの赤札がはためいています。
そんな冬の街を歩きながら、ふと思ったこと。

「これまでの私って、お店で商品を見ているとき、家にある持ち物の存在を、すっかり忘れていたんじゃないかしら?」

いわゆる「物忘れ」ともちょっと違うし(えっとほら、あのご近所の方、A田さんでもA山さんでもなくて、なんだっけ、お名前……)、荷物を置き忘れてくる「忘れ物」でもない(電車の網棚に、トイレのフックに…)。
この現象、何と呼べばよいのでしょうか?

今年の冬は、セールに燃える!という気分とはちょっと縁遠いです。
妊婦なので、目先使える服は限りがあるし、産後の生活に使うもの、職場に戻ったら…と考えると、今から買うより、その時々に買ったほうが、絶対に必要なものを間違いなく手に入れられる、と思っているから、というのもあります。

その根底には、断捨離や「ときめき」といったいろんな考え方、見方に出会って、ものを見る目が少し変わった、というのもあるかな、とひそかに自負しております。

何度か書いてきた気がしますが、親の強い影響を受けて、割引率の高いものは手に入れないと損!安くなっているなら、お試しでもいいから買ってみよう!みたいな、そんな消費行動が当たり前だと思っていました。

でも…

本当に心から欲しくて欲しくてたまらないものを手に入れているわけではない限り、物は増える、買ったそのときは得した気分で自己満足できる、ただそれだけ、って気付いたのですね。

今回のセールでも、景気を反映してか、相当お値打ち(名古屋の方が大好きな言葉ですね!)の品々を見かけました。今の私は、ストライクゾーンど真ん中でなければ、どんなに安い品物でも、買いたいと思わなくなりました。

かつて「おトク」とか「買わなきゃ損」といった動機で買い物をしていたころの私は間違いなく、お店で品物を手に取った瞬間、自分が何を所有しているか把握していないばかりか、すっかり忘れ去っていたんじゃないかな、振り返ってそう感じるのです。

だから…似たようなものをいくつも買ってみたり、逆に手持ちの品とは似ても似つかぬ品物に手を出したり。
折からのデフレで、品物が簡単に手に入るようになったこともあり、つい財布の紐が緩んでしまう。
よく言われる「空腹でスーパーに買出しに行かないこと。余計なものも買いすぎるから」というアドバイスを、私の場合、食べ物以外でも忠実に守るべきだったのでしょう。

それにしても、その枯渇感、いったいどこから来ていたのやら。

家に荷物があふれている人の典型例として、休日は自室でくつろげないから、外に繰り出す。
外にいると、目新しいものに出会って、つい手に入れてしまう。
わくわく、うきうき。
持ち帰る。
置く場所は…どこ?
適当に押し込む。

もしかしたら、足元とか身の回りとか、そういった日常から目を背けるあまりに、あたかも自分は何にも持っていない人であるかのように思っていたのかも…そう考えると、昔の自分がちょっとコワいです。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-01-18 09:30 | 片付け・整理整頓 | Comments(2)
Commented by ちかこ at 2012-01-21 10:49 x
わかります!私もかつてはそうでした!
今は自分にとって本当に必要なもの、心地よいものを選ぶ技術が身についてきて、無駄なお金を使うことがなくなりました。

ひとつ前の記事の「否定する人」についても同感。
ちょっと抜き出して取り上げただけの情報番組や、人の口コミだけで知ったような気になっていないか?
あなた、本当にちゃんと本をお読みになったの??
と言ってやりたいことは多いですね。

ただこれは、「自分を否定されるようでイヤ」という側面と、
「日本経済の仕組みが変わるのを嫌がっている」側面があるのかなと私は思っています。

「持ち物を厳選する」ことが習慣化されると、なかなかお買い物をしなくなりますから、
「どんどん作ってどんどん売って」で成り立ってきた経済が破たんします。

飽和状態の物質社会にうんざりした人たちが今、本当に心地よいシンプルな暮らし方を求めていてかなり反響があるから、マスメディアは取り上げなきゃならないけど、

その反面で「どんどん買ってもらわなきゃ困る」という点から、断捨離万歳!ばかりはやっていられない・・・みたいな(笑)

社会全体がガラッと変わるのはなかなか難しいのでしょうね・・・
Commented by cocue-cocue at 2012-01-21 12:13
ちかこさま、

コメントありがとうございます。

「否定する人」の件、おっしゃるとおりだと思います。
変わりたくない、という、漠然とした現状維持傾向に加えて、日本社会は戦後ずっと、みんなでがんがん物を作って買って、それで増えていく人口を養ってきた…という部分があるから、これを止められては困る、という部分がありますよね。

本来は、本当に厳選する姿勢を一人でも多くの人が持てば、良いものにはお金を惜しまない、そんな消費スタイルができてきて、例えば伝統的な技術だったり、希少価値のあるものがちゃんと評価されて、生き残れて、結果的には継承されていく…そんな成熟社会になるはずなのですが。

まだまだ過渡期、ということなんでしょうね。

でもそのなかで、断捨離をはじめ、どんどん価値観が多様化してきて、思いを行動に移す人が増えてきているのは、希望の光かな?とも感じています。

ぜひまた、お立ち寄りくださいませ♪

<< モニターのお知らせ      ワークライフバランスと、断捨離 >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
細々と、学習したり
at 2017-08-17 02:11
こつこつスクワット
at 2017-08-15 03:04
立秋の雨音
at 2017-08-11 01:46
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧