日々是呼吸


ワークライフバランスと、断捨離

流行語、とはまたちょっと違う、よく見かける言葉としての「ワークライフバランス」と「断捨離」。
どちらも今の世相にあった、生き方指南のキーワードかな、と思いますが、ちょっと気になることがあります。

「最近はワークライフバランス(WLB)がことさらに強調されていて、ハードワークを忘れている人が増えているのが気になる。WLBも結構だが、まずはハードワークを心がけて欲しい」

~ある企業のトップが、社員向けの訓示でこう語ったそうです。

「断捨離が流行して、何でもかんでも捨てればいいという風潮が目に付く。もっと、モノを大切にする心が必要だ。修理したら使える物だってあるはずだ」

~これは新聞の投書欄で見かけたコメントの要約です。一般の方に限らず、有識者、コメンテーターの方にも、似たような発言をされる方、ときどきお見かけしますね。

どちらの発言にも共通する点がありそうです。

例えば。

ワークライフバランス=今までの仕事一辺倒の生活・人生から、仕事(公の暮らし)と私生活のバランスを見直して、暮らしていこうとする考え方

→仕事一辺倒の否定
→仕事はほどほど、もしくは手抜きでのぞみ、個人の趣味や自由時間を満喫する生活に移行しようとしているのではないか
→身勝手である。

断捨離=自分にとって快適ではないもの、無意識のうちになんとなく持っているもの、しがらみや見栄を理由に手放せないものなどからの執着をおしまいにして、本当に必要なもの、欲しいものに囲まれた、自分軸主体の快適な生活を手に入れる考え方

→何でもかんでも捨てる
→使えるもの、頂き物、それらを手放すという行為・発想は、モノを粗末にしている
→そんな行為・発想を促す考え方は危険である
→けしからん。

ものすごく乱暴に、思考回路をたどってみました。

いくつか理由はあるのでしょう。
考え方の本質を捉えようとせず、表層的な印象で「こういうことを言っているに違いない」と決め付けたり(→1個目の受け止め方)。
これまでの暮らし方を見直してみませんか、という発想が根底にあるがために、現状を否定されたという反発から、聞く耳を持たないとか。

奥様の病気&度重なる入院と息子さんの自閉症という「家族の問題」を抱えながら、上場企業の取締役も勤めた佐々木常夫さんも講演や著書で述べておられますが、ワークライフバランスというのは実は、長時間労働を前提とした方よりもずっと、創意工夫と知恵、そして効率性が求められる働き方です。

やましたひでこさんの言葉を借りる間でもなく、断捨離がモノを粗末にすることを提唱しているわけではなく、むしろ大切にできる、大切にしたいものを積極的に手に入れていこうという暮らし方です。
ただ単に所有していて、実は使っていない大量のものについて、所有者が「捨ててさえいないんだから粗末にしていない」と思い込んでいたりする、『もったいない』の履き違えを指摘されているのではないでしょうか。

でも、そんな前提をすっ飛ばした上での批判、結構目に付く気がします。

もっとも日本は、言論の自由が保障されている社会ですから、好きなように考え、それを発言すること自体に問題はないでしょう。
ただ、あまりにも的外れなコメントがこれだけ取り上げられるということは、世の中がそういう考え方を求めているであろうから、という側面があるからだと思います。(本当に危険、誤解と偏見に満ちた極論であれば、多くの理性的な人は対外的に口にしないでしょうし、メディアも取り上げないはずです)

日本人の読解力・理解力が落ちているのか、はたまた論理構成力が稚拙なのか。

いっそのこと、こういってくれれば、微笑ましいんですけれどね。

「WLB(または断捨離)って、最近話題になっているけれど、面白くないんだよね。
だって、これまでの自分のやってきたこと、全うから否定されている気がするから。
僕(私)は、認めたくないんだよ。間違えているって言われている気分になるから」

どちらの考え方も、これまでの常識の根底を覆しつつ、実は完全否定ではなくて、部分否定なのですが。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2012-01-17 10:00 | 片付け・整理整頓 | Comments(4)
Commented by cyacya at 2012-01-17 14:07 x
はじめまして、いつも楽しく拝見しております。
「部分否定」の言葉に飛びついてしまいました。
自分なりの断捨離を進めるうちに
「反対意見を言われたからって 全否定されたわけじゃない」
と思えるように なったからです。
今日の記事は 本当にそうだと私は思います。
Commented by ココリン at 2012-01-17 21:39 x
その思考回路わかりやすいです。モノを捨てることにモノ申す人は、
必ずといっていいほどもったいないからはじまって、それはよくない、
けしからんって言っている方をおみかけします。
うちの親だってけしからん、こそ言わないけれど、
もったいない、もったいないで何十年生きてきましたから・・。

いやほんとcocue-cocueさんおっしゃるとおり。
いっそのこと・・・そう言ってくれれば・・って思います。

ものすごく納得^^


Commented by cocue-cocue at 2012-01-19 22:57
cyacyaさま、はじめまして!
コメントありがとうございます。

「部分否定」、いろんなことに当てはまるな、ってご指摘いただいてから改めて感じました。

日本人って、意見を否定されただけで人格まで否定された気分になって反発したり、一部の不一致だけで不愉快になったり…そういう傾向を持っていませんか?
同調圧力が強い社会なんだな、と改めて感じます。

人はそれぞれ、考え方もいろいろ。違うから面白い、そんな風に受け止められるといいですよね♪

また遊びにいらしてくださいね。私もお邪魔します!
Commented by cocue-cocue at 2012-01-19 23:00
ココリン様、

つい親に厳しいことを書いてしまう私ですが(苦笑)
「もったいない」「けしからん」とおっしゃる方【わが親も含めて】の心のうちにある、「自分はもったいないことなんてしていない!」というゆるぎない?自信を、ついこちょこちょって刺激したくなるのですね。

ふーん、捨ててないかもしれないけれどさぁ、使ってもいないのに、もったいないなんて言い切れるの?みたいな。

いいっぱなしでかけてないトピックがたまりつつあるのですが、この手の「正論」についても、ちょっと思うところがあるので、いずれ取り上げたいと考えています。

引き続きよろしくお願いいたします♪

<< 物忘れ?忘れ物?      失望サービス) スターバックS... >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
スマホ機種変で思わぬ発見
at 2017-10-30 15:56
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧