日々是呼吸


逃した使いどき


あれは結婚式の前日、夕方の出来事でした。

新郎、新婦とその父母の四人が教会でリハーサルをするため、牧師先生と面会し、打ち合わせをしました。

丘の上にある教会の礼拝堂で、翌日の挙式の段取りを確認、実際に通路を歩いたり、席で立ったり腰かけたりしました。

日もくれて終わりになり、坂の下の最寄り駅に歩く途中。
父がびっこをひいています。

気付いた母が「お父さん、足か腰を怪我したのかしら?」と言い出したのがきっかけで、父を見ると~縁石に足をかけて、何かゴソゴソしているところでした。
なんと、履いていた革靴の底が取れた、というのです。

明日の本番に備えて履いていた革靴でした。

梱包紐を父が持っていたので、底と上部?を結わい付けて、何とか歩けていました。

夕食を四人でとる予定を急きょ変更、父は母と、駅前の商店街で靴の修理を探すことに。

あとで聞いたところ、靴を新調した、とのこと。
修理は出来なかったそうです。

靴屋さんで言われたのは
「この靴、履かないで長年取っておいたものでしょう?」

「劣化していますから、底が剥がれて当然です」
もちろん修理できる代物ではなかったのでした。

時間の制約もあり、坂の下の庶民的な商店街で買った間に合わせの靴で、次の日父は、娘の挙式に臨んだのでした。

*****
前日に壊れてくれて、いまから思えば命拾いしたものです。
厳粛な礼拝堂で、新婦の父の靴底が剥がれたりしたら、赤面ものでした。
いつも私の足を引っ張る、はずかしい思いばかりさせる父が、これ以上お荷物にならなかったのは、神の思し召しでしょうか。

どんな靴だったのかしりませんが、役目を果たせないばかりか、ぶざまな場面にしか役に立たなかった…本人は後生大事にしていたつもりでしょうが、靴にも失礼な話だったのは間違いありません。


※後日談

挙式から三年後、息子のお宮参りの日。
写真館で撮影し、お詣りに向かうためにタクシー乗り場に歩いていたら、また父はびっこをひいていたのです。

なんと、あのときの破損靴を履いていて、また底がはがれたというのです。

プロが修理できないといったのに諦めきれず、自分でボンドをつけたとのこと。

挙式は都内で、靴も新調したので、実家に帰る前に当然破棄したものと思っていたら…まだ履いてみたという。

バカか、このクソジジイ!!
いい加減懲りろ!!

人の親となっていた私にはもはや、罵倒の言葉しか頭をよぎりませんでした。
孫の晴れ舞台まで泥を塗るつもりだったのか…

どこまでケチなのか、しつこいのか、はたまた狂っているのか、わたしには全く理解できません。


★ ランキングに参加しています。よろしければクリックしてくださいね。 ★

にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ
にほんブログ村
[PR]
by cocue-cocue | 2011-12-30 14:00 | 親への違和感 | Comments(0)

<< 「えいやっ」でなく、ゆるりと。      あるときに、使う >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
送ることば
at 2017-09-16 23:54
ホットプレートを買いました
at 2017-08-26 16:43
病み上がりの旅はほぼ寝たきり
at 2017-08-22 20:50
旅支度が早くなる
at 2017-08-20 02:08
反りの合わない親には
at 2017-08-18 14:59
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧