日々是呼吸


もののいのち

最近気に入って手に取る片付け本の著者、こんまりさんはかつて、神社の巫女をなさっていたそうです。

いわく、お部屋に神棚のような、澄んだ場所を作りたい、そんな思いを書いておられました。

こんまりさんが「ときめき」という言葉で表現されるもの、それは人ともののつながり、ひいてはものにも命のようなものがあり、持ち主や使い手と共鳴しあっているかどうか、そんな印象を受けました。

そういえば以前持っていたある靴を穿くと、決まって階段から落ちました。
デザインも気に入っているのに、どうしても相性が良くなかったようです。

しかも落ちる時は決まって、踵が浮いたような外れたような、明らかに故障を思わせる気配を感じました。
ところが、脱いで確認しても、ぐらつく箇所など全く見当たりません。

お互いが不幸になるような関係は、人間関係にとどまらず、人と持ち物でも同じなのでしょう。
人格ならぬ「物格」を尊重することが、持ち主を救うんだなとしみじみ感じます。
[PR]
by cocue-cocue | 2011-02-04 15:38 | 片付け・整理整頓 | Comments(0)

<< やっぱりラベンハム      旧正月は節分 >>

出して、取り入れて。ものや知恵と出会い、手放す毎日。
by cocue-cocue
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
外部リンク
検索
タグ
最新の記事
帽子を忘れて炎天下
at 2017-06-25 01:54
ピンクの夕焼け空
at 2017-06-22 23:06
好みのお酒
at 2017-06-21 22:58
ストレス解消買い
at 2017-06-14 23:17
生きる力。
at 2017-06-11 01:31
最新のトラックバック
ブログパーツ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧